『その日、朱音は空を飛んだ』 武田綾乃

 いやすごいっすよこれは。すごい作品だった。とりあえず黙って読んだ方が良いですよ。

 途中まで、いやほとんど最後までこれはどういう話なのかよくわからなかった。一応ミステリ要素なんだろうなと思って、一章ごとに語り手が変わる、それにより新情報が出てきて見方が変わってきて印象が二転三転、という、藪の中方式なんだけど、最後どこに着地するんだろうっていうのが全然見えなくて、まあでもともかく、感情がすごい、この作者は感情を書くのがすごいなぁと思って読んで、まあでも感情はすごいけどなんかふんわり終わるのかな、そしたらまあ文学的だけど、最終的には好みじゃないかななんて思っていたのだけれど、しかしなんか結構長いというか、思ったより分量あるよなと思って、で、最終章の最初で、おおってなって、最終章の最後、いやこれですよすごいですね。そういうのを用意してくれるとさ楽しくなっちゃうんだよな。いやー。これだよ。こういうのだよ。暗い爽快感というか。生きているうちにこれをやる、そして死んだ後には、っていうことだよね。すげー。すげーよ。なんとなく途中からこいつだよねっていう察しはあったし、すごく好きだったので、本当にこのラストは好きですね。ものすごいものを読まされたという感覚がある。イチオシです。