『首無の如き祟るもの』 三津田信三

  刀城言耶シリーズ3作目。といっても刀城言耶あんまり出ないんだけど、そのあんまり出なさが良い形で活用されててすごすぎた。

 今回は初めから本文が連載小説であることが明示された上で、作者が犯人ではないですとかわざわざ断り書きがしてある。これをどういう形で使うのかなと思っていたがきちんと満足できる内容。また、タイトルの通り首無し死体ものなので、セオリーとして入れ替えトリックの疑いが常にかかってくるというところも、これまた最大限活用したすごい作品だった。このクオリティでシリーズ作品が出せてるのすごすぎるな。