『天になき星々の群れ―フリーダの世界』 長谷敏司

 そこまで自分には迫ってこなかった。題材は結構好きなんだけど、技術の追いついてなさを感じた(主人公の目的がよくわからなくて話の牽引が弱い、メイン2人以外の区別があんまりつかない特に男性キャラ、とか)。同じ作者の『BEATLESS』はすごく良かったので(というか、やりたいことは結構共通点が感じられたので、なおさら)、書いた時期の問題と、読んだ時期の問題だと思う。