『改変歴史SFアンソロジー』 坂永雄一・曽根卓・伴名練・皆月蒼葉

 Boothにて電子版を入手。先日『なめらかな世界と、その敵』を読んで感想を書いたとき、このアンソロジーのパイロット版のことを思い出してページを見たら、「完成版はマストバイ」とか自分で書いてたのに完成版をバイしてねえということに気づいたので、バイしました。皆さんもバイした方が良いですよ。

緑茶が阿片である世界(曽根卓)

 パイロット版でも読んでいるので、大筋の流れは知っている状態で小ネタを再発見しながら読むのが楽しかった。

江戸の花(皆月蒼葉)

 人情噺だ! SF的には蜂が情報通信に使われてて暗号通貨やCrypkoやなんかそのあたりの要素が出てくるんだけどそういうSF設定にハマりこまずにお話をやっているバランス感。語り口のリズムも良かった。あと最後これがホントの江戸の華とか下げが書いてなくて本当によかった(書いてあったらそれはそれで笑った)

大熊座(坂永雄一)

 謎の設定に引き込まれて途中までこれが改変歴史SFアンソロジーだということを忘れて読んでいたので、改変ポイントが明示されたときのああそういうことか感が強かった。改変ポイントが大きく出すぎで良い。

シンギュラリティ・ソヴィエト(伴名練)

 やっぱり面白いな……。