『月鯨の夜』 葵あお

 第三十一回文学フリマ東京にて入手。BOOTHで通販しているそうです。

 面白かった。Twitterに流れてきた宣伝から購入。今回の文フリは見本誌コーナーなかったりとかしたので、情報が少ない中であえてランダムエンカウント的な要素を強めようと思って、意図的に今まで読んだことない人の本をぽんぽんと買ってみたのですが、そういう買い方で買って面白い小説に出会えるとめちゃめちゃ嬉しいぞ。

 スチームパンク風味の大正伝奇。広義のミステリという読みで良いと思う。という要素の時点で自分の好みに合致しているんだけど、話の構造がしっかりしていてめちゃめちゃ安心して読み進められたし、しっかり期待しているところにハマってきて良かった。第一話のオチみたいなのが好きで、第二話でいきなり加速させて最後まで持って行くの良かったです。良かったしか言ってないが、良かった作品はおすすめしたくなるからネタバレ書きたくなくなって良かったしか言わなくなる傾向にあるな。寧々子さん可愛い。