先輩はなぜ私のジャージで跳べるのか?

 日常の謎三角関係百合小説(を目指している)、『吸血鬼はなぜ日常の謎を探し求めてしまうのか』の第3話を更新しました。過去回、霧島回です。偶然遭遇した男子の忘れ物を届けてあげようと思ったらその男子生徒がどこにも存在しなかったみたいな話です。

 長編書くぜって言ってプロットを練ってたけどどうも行き詰まったので息抜きがてらこっちを更新しました。かなりシェイプアップした感じの(??)短編になりましたが、まあその分このシリーズは全体的にさらっと読めると思うので、読んでいただければ幸いです。