シン・エヴァンゲリオン劇場版:||

 この記事がエヴァのネタバレ感想だったらどうするんですか? もっと危機感を持ってください。以下ネタバレ注意。

 公開初日とかに見に行ってない時点で本気度に欠けているというか、さすがにもうエヴァの呪縛薄れてるわというか、そういう感じがあったのですがかといって見ないわけにもいかないし、なんとか見に行きました。まずは完結して良かったし、ありがとう全てのエヴァンゲリオンという感覚が強いですね。感謝の念が湧いてくるアニメ、すごくない? もう地球ハチャメチャになってるからどういう舞台になるんだろうと思ったけど三次元での戦闘シーンがさらにパワーアップしていたし、一方でなんか陸戦の面白いエヴァが面白かったし、出たよ後出しでしぶとく人類生きてます系かと思ったら第3村とかいう面白ワードが強すぎたし、で終盤はやっぱりエヴァというか、「なんかエヴァっぽいの来ます!」(ピンク髪)という感じでニヤニヤしてしまった。まあ新規性はなかったかもしれないけど全てのエヴァンゲリオンとさようならするにはこうするしかないよなという、直球で妥当な締めくくりだと思う。マリエンドみたいになるのも、超妥当だよ。あと神木くんクソ笑った。ズルいでしょそれは。

 しかし……。

 しかし、いや、その、分かるんですよ、良かったと思うし、じゃあどうなるのが良かったんだよと問われると難しいというか別にないんですけど、別にないんですけど……。

 アスカですよ。

 これでいいんですか? いや……いいんだけど……。いいが……。良いんだよな、綾波と違う形で、かなり違う形でこう……それこそエヴァだけがっていう呪縛から逃れて最終的にエヴァがなくても良いようになった、なったんだよね? なったと信じているし、まあケンスケ……まあ……いや……ただきちんとシンジとアスカが向き合えたのすごくて、すごいんですよ、あのスッキリしたっていうシーンで完全に呪いが解けてるというか、気持ち悪いからの呪いが解けてるんです、救済されてるんですよ、彼らも、俺たちも。それは本当に良くて、良かったんだけど、でも最後の幼少期シーンとかちょっと扱いどうなんだよという……いや母親の件の設定変更とかは一応ちゃんとこれまでも明示されてたんだから……というかだから式波で……そこは本当に良かったというか、式波としての物語だから、みたいなとこあるし……つまり……つまり、そうだ、これで式波は救われていて、だから、だから俺たちが、まだ救済されていない惣流・アスカ・ラングレーを救いにいく必要があるんだ。いくぞ! 総員AEOE LAS戦闘配置!!!