『冬眠世代』蜂本みさ

掲載ページ: 蜂本みさ「冬眠世代」 | VG+ (バゴプラ) (virtualgorillaplus.com)

 すごく好きな短編小説。後述するKaguya Planetの今までの掲載作品の中でも自分としては一番好きでイチオシ。けど何が良いのか表現しづらい! クマの冬眠、擬人化モノで冬眠するやつとしないやつでこうちょっとディストピアなのかな、とか思ったら夢の話で重層感・幻想感が出てきて、最後はきれいにまとまる。動物的なかわいさとか、民俗っぽい要素とか、挟まるテキストの違和感、世代を超える感じなど、読み進めて新しい見え方が広がっていくのが気持ち良い作品でした。


 Kaguya Planetとは、SFメディアVG+(バゴプラ)が運営する、SF短編小説のプロジェクトです。最近、こういう活動がオルタナティブとして盛り上がってほしいなぁと思うようになったので応援をしてみて、これまでの掲載小説を全部読んだところ、特に面白かったのが本作なので感想を書きました。Kaguya Planetの活動が長く続くものになると良いなと思うので引き続き読んでいこうと思いますし、良かった作品については感想を書いていきたいです。