『雪蟷螂』 紅玉いづき

 多分オススメされて買って積んであったものを以下略。こういう普通というか王道の……いや久しく読まないから普通と断定して良いのかも自信ないけど、そういうファンタジー小説をたまに読むと脳に良いことが分かった。興奮するような盛り上がりとか、先が気になって読む手が止まらないとか、そういうタイプではなく、じんわりと染み入るように良い話だった。

 読んでから後書きで、話は独立しているものの『ミミズクと夜の王』から連なる三部作の三つ目だったことが発覚した。『ミミズクと夜の王』がどんな話だったか完全に忘れた上に二つ目のやつは読んでない。でも楽しめたので良かった。