『知らない映画のサントラを聴く』 竹宮ゆゆこ

 ラブコメのオススメ情報くださいと言ったらオススメしていただいた小説。タイトルが印象的なので知ってたけど内容は一切知らなかった。ラブコメだったのか……? いつになったら知らない映画のサントラを聴くんだろうと思いながら読んでた。良い小説だった。多分自分で情報を得た上で手に取って読むことは無かったであろう作品だしこういうのが読めるのは良いことだと思った。ラブコメだとは思わないんだけど(いや世間的にこういうのをラブコメって言うんですか……?)。話の展開としてはエンタメ性が意図的に低い(適切な表現が思いつかない)と思うんだけどスピード感あるしギャグのテンポも良かったしある種のライトさを上手く使った青春小説だと思った。