『雨の日も神様と相撲を』 城平京

 なぜこの題材で書こうと思ったのか。かなり異色作なきがする。

 異色な設定の活かし方や終盤の着地点は良かった。さすがに主人公が無根拠に強キャラすぎるのではというのと、殺人事件のほうが挿話として刺さり方があまりにも浅すぎないかというところが気になった。