『冬の夜ひとりの旅人が』 イタロ・カルヴィーノ 脇功 訳

 小説は冒頭が9割。だから冒頭だけの小説を書けば勝てる。そういう理論によって書かれた小説。実際勝っている。実験としてすごく面白いし引き込まれる。でも男性読者と女性読者の対置されていなさ(アンバランス)がちょっと気になるところ。