輪るピングドラム 劇場版 RE:cycle of the PENGUINDRUM [前編]君の列車は生存戦略

 ネタバレのないように書きますが、情報を入れたくない人は読まないでください。


 ネタバレなしというのなら読もうと思ってくれた方が気になっているかもしれない情報だけ先に書いておきます。

Q:TVシリーズを復習してから見た方が良いですか?
A:必須ではないかなと思います。自分は今回復習する時間が取れなかったのですが、問題なかったし、復習しとけばよかったとは特に思いませんでした。ただ、自分はTV放送時~数年の間には何度も見ていた思い入れの強い作品だからという前提もあるので、TV放送時に一度見たきり、どんな話だっけ?という人は復習した方が良いかもしれません。

Q:TVシリーズ見たことないんですけど、映画から見ても大丈夫ですか?
A:ぜひTVシリーズを見てください。


 クラウドファンディング支援者の完成披露試写会に参加してきました。

 いやこのタイトルってクラウドファンディングしなくても資金集まるのでは……と思いつつ(業界の事情はなんも知らないのでそんな甘くないのかもしれないが)、でも本当に好きなコンテンツにお金が払えるなんて嬉しいので支援させていただきました。それがこんな形で映画になってとても嬉しかったです。しかも前後編ある。

 本日の試写会は二回に分けて行われたとのことで、一回目は先に上映してその後に舞台挨拶、二回目は先に舞台挨拶でそのあとに上映だったそうです。自分は二回目だったので、そうすると舞台挨拶ではネタバレ禁止ということになります。そしたら作品の中身の話はネタバレだからなしというのがちょっと損かもな、と最初は思いました。が。終わってみると案外この順番が良かったかもしれない。単純にその順番の中でも舞台挨拶楽しかったというのもあるのですが、たしか荒川美穂さんから「(一回目のお客さんと)拍手が違う」「元気がある」みたいなコメントがあり、どういうことかと思っていましたが確かにこれ、見終わったあとは「よしこっから舞台挨拶だやったぜ」っていうテンションにはならない……。十年越しのすごい作品を見せられてしまってしかもこれ前編で今度後編もありますっていうんだから……。

 本編は始まって2カットくらいでもう泣きました。中身は無限にネタバレするので書くことがあんまりないです。直前に復習しなかったけど問題なかったと書きましたが、自分の場合はむしろ逆に、思い出しながら見ることで当時の感情も含めて色々蘇ったり、時間が経って見ると同じエピソードが少し違う見え方をしたりして、作品の変わらぬ魅力と十年という時間の重みを感じました。新作パートについては、後編はやく見せてくれという気持ちです。

 4/29に劇場公開したらまた見にいくし、後編も楽しみにしています。みなさんもぜひ!!