神待ちSF幻想合同誌『心射方位図の赤道で待ってる』 11/24文フリ東京にて頒布

 神待ちSF幻想小説合同誌『心射方位図の赤道で待ってる』を、2019年11月24日(日)第二十九回文学フリマ東京にて頒布します。スペースはク-39です。特設サイトはこちら

 文芸同人ねじれ双角錐群の四冊目の短編集です。今回のレギュレーションは「神待ち」。死語感がありますが、この令和の時代に改めて神待ちについて考えるという真面目な意味合いは特に無く、「神待ち」という単語から着想していれば何でもありというレギュレーションなので、実際集まった作品を見ていくと思わぬ飛躍があって楽しいものです。様々な神待ちがある。以下、収録作品をざっくりと紹介していこうと思います。

✊「神の裁きと訣別するため」 murashit

箇条書きで語り尽くせる着想を散文によって展開するのは、労のみ多くて功少ない狂気の沙汰である。よりましな方法は、あらゆる事象を項目として書き出して、並列に差し出すことだ。より論理的で、より無能で、より怠惰な筆者は、じゃんけんにかんする完全でしかし短いリストを書く道をえらんだ。

 タイトルはアルトー、あらすじはボルヘス、本文はmurashit。あらすじが示唆している通り、この小説は通常の散文ではなく、箇条書きです。遠近を自在に跳躍する独特の文体が短く箇条書きされ、じゃんけんを題材にしながら、ある存在を待っている主人公が描かれます。ズームインとズームアウトの律動感が素晴らしい作品。とりあえずこれだけでも立ち読みしに来ませんか?

🗻「山の神さん」 笹帽子

家出少女の神籬菜々は、神待ちアプリの暴走によりタイムリープし、大正時代の高校生・広瀬とマッチングしてしまう。下宿の部屋に泊めてもらうことなどできるはずもなく、代わりに広瀬と共に高みを目指す神籬だったが、背後には家出少女の時空補導を狙う魔の手が迫っていた!

 拙作。蓋を開けてみたら7作の中で最も「神待ち」をそのままの意味で使っています。家出少女を泊める側の男として絶対ありえなさそうなやつをもってこよう、と考えたら、女慣れしてない大正時代の旧制高校生という発想になりました。キャラ的にも文章的にも、絶対に出会わないはずの組み合わせで楽しくなりたいよなと思って書いています。

🔮「囚獄啓き」 小林 貫

地獄とは、とあなたは思索する。死、罪と罰、終わりのない苦しみ……あるいは閻魔。取り留めのないイメージが交錯する。あなたが創り出す「地獄」へと続く道は無関心で舗装されている。念入りに、決して剥がれ落ちることのないよう幾重にもそれを塗り固めるあなたの姿は否応無しに物狂おしく、また少しだけ滑稽でもある。

 しゅうごくひらき、と読むらしい。地獄を作るSF作品。神待ちの神を本来の意味に寄せて、地獄であったり救済であったりについて考えていく(読者に考えさせる)小説。ガジェットや技術によって現実的な条件がずらされたときに何が起こるのかというのを試していくのは正しくSFでありながら、結局は愛の話であるというのが、基本的には暗い話なんだけど光や救済を感じさせてくれます。この小説を読んで、地獄とは、と思索してくれ。

🦌「杞憂」 鴻上 怜

北米先住民族の少年杞憂は老呪術師焼き脛の命を受け、機能を喪いつつある〈ポアソンの分霊獣〉の夢へ潜る危険な〈ビジョンクエスト〉を決行する。純情報空間キウィタスで働く女子工学情報生命体の棗と茘枝は、客として訪れた杞憂と出会い彼の秘密へと迫るが……

 あらすじ文の情報量が多すぎて憧れてしまう。このあらすじを見て分かる通り、北米先住民族とかそういうジャンルと情報工学的世界観が交錯するタイプのハードSF、と見せかけて中盤から話が思わぬ方向に展開し、最終的に大団円で止揚される、圧倒的な物量とスピード感を持った鮮烈な作品。その飛躍を、ぜひ読んで確かめてほしい。

🍄「キノコジュース」 国戸 素子

俺は美少女魔法使いルシエが大好きな冒険者。大剣を振るって金を稼ぎ、いつかルシエに告白するんだ。でも最近、村のみんなの様子がおかしい。さらにルシエにも不穏な行動を見つけてしまう。村はどうなる?そして恋の行方は?俺は美少女魔法使いルシエが大好きな冒険者。いつかルシエに告白するんだ。

 あらすじを読むと「ん?」となると思うんですが、本文を読むと「んww?w」となります。ナンセンスというかシュールと言うか、ふざけてるのか本気なのかわからない、どこまでが狙っているのかわからない、ちょっとこの劇薬、濃すぎるからストロングゼロで割っとくかみたいな、そういう感じです、キノコジュース。読んで困惑しながら笑ってほしい。

🦀「蟹と待ち合わせ」 cydonianbanana

あたかも青く、青という言葉が失われてなお青みがかったような月下の海で、僕たちは今日も漂着物を探して歩く。人類が肉体を失う過渡期を生きる俺たちの日常と、私たちの《普通》。一人称複数の語りが重奏する、百年後のあたしたちによる克明な記録。

 まさかの、神待ちじゃなくて蟹待ち。SF界でも近年ニッチな盛り上がりを見せていると言われる蟹SFに彗星の如く現れた一作。人類が肉体を失う過渡期、個が失われた一人称複数の未来というハイパースケールなハードSFでありながら、それでいながらにして、綴られる音声感覚や南の島の旅情が心地よいんですね。かなり楽しく読めるからぜひ読んでくれ。

🐢「ブロックバスター」 津浦 津浦

ひたすらに大きくなっていく放浪大亀/大亀の帰還を待つものども/ものどもの王/その世界にあったもの/その世界にないもの/その世界の外にあるもの/どこにもないもの/どこかにあるもの/生きている私たち。

 僕がこの感想というか宣伝を書いている前提としては、各作品をPDFで事前に読んでいるということがあるわけですが、でもまだ刷り上がった本は手にしていないわけで、それでいうと本になったときの仕上がりが一番気になる作品がこれです。紙の本でないとやりにくい演出が仕込まれています。Kindle化したら演出方法が変わってしまうから書籍版を手に入れたほうが良いぞ。神、あるいは圧倒的な力を持ちすべてを変えてしまう存在としての大亀を待つ気持ちについての小説。並走する複数の語りが交差しながら盛り上がっていくのが素敵です。

 そういうわけで、11月24日は第二十九回文学フリマ東京に是非お越しください。ク-39で待ってる。

『鳥葬 -まだ人間じゃない-』 江波光則

 SNSの話をする小説、みたいな切り口で誰かにオススメされた気がする。確かにSNSの暗いところをぐっとえぐっている小説ではあったが、あまり好みではなかった。文章がちょっと、気取りすぎ感あって好みでなく、ストーリー暗いし(暗いことが悪いことではないはずだが)、キャラクターもあんまりピンと来なくて、ミステリー要素(いやミステリとして書かれたわけではまったくないと思うが、一応犯人当て要素として)も特に迫ってこなかった。

『虚構推理 スリーピング・マーダー』 城平京

 虚構推理シリーズ、三冊目の小説。二冊目の 『虚構推理短編集 岩永琴子の出現』 を読んだときに、面白いんだけど長編が読みたいなと感じたところがあったため、本作を読み始めたとき、これ短編集では、という疑念で一瞬残念な気持ちになったりしたのだが、最終的には長編的にまとめてきたので良かった。理外の存在が絡んだ事件に対して虚構を構築して真相が二転三転する構成の妙は相変わらずで、楽しい。峰打ちの下りとかメチャクチャなんだけど、この作風だと何をやっても許される感じになるのが強いな。

吸血鬼はなぜ入部届を私に渡しにやってきたのか?

 吸血鬼はなぜ日常の謎を探し求めてしまうのか? (小説家になろう)

 以前書いた、『吸血鬼はなぜ鏡の中で上下反転しないのか?』を第0話として連載を開始し、第1話『吸血鬼はなぜ入部届を私に渡しにやってきたのか?』を掲載しました。

 タイトルの通りの話です。なぜ入部届を渡しに来たんでしょうね?

 第2話の更新までにそれなりに時間があくと思います。よろしくおねがいします。

『HELLO WORLD if ―勘解由小路三鈴は世界で最初の失恋をする―』 伊瀬ネキセ

 HELLO WORLDのスピンオフ。野崎まどが書くわけじゃないし別に読まなくていいかと最初は思っていたのだが映画が思ったより良かったので読んでみた。残念ながら期待値を超えてこなかった感じはある(ただ、レビューとかで結構評価が高かったりするので、not for meだっただけで、普通に映画から見た人には楽しめるようになっているのかもしれない)。

 野崎まどでありがちな「序中版でいい感じに出てくるサブヒロインが、プロット上不要である場合(用済みになった場合)終盤完全に空気になる」現象を真正面で食らっている「かでのん」こと勘解由小路三鈴が実は裏でこんな活躍をしていた、という本編補完型スピンオフで、せっかく魅力的なキャラクターなのに後半全く登場しないかでのんの活躍を描く外伝があるのは良いことなんだけれど、いまいち乗れなかった点が2つ。1つは完全に原作に乗っかった二次創作・アナザーサイド的な書き方に留まっているように感じられたこと。本編(小説・映画)を鑑賞済みの読者を前提としているとはいえ、本編での人物像とか展開とかSF設定をあまりにも所与のものとして使いすぎていて、三鈴の心情の流れとか順応の仕方とかが流石にご都合主義過ぎるように見えるし、結局全体のストーリーは本編と同じ流れをたどるだけなので、先の展開が気になるみたいな思いがあんまり湧かない。もう1つは、せっかく公式スピンオフであるのに、本編でみんなが気になった部分を補完する設定、具体的にはルリの動機とかあっちのアルタラの設定とか救出プロジェクトの内容とか映画で映ってたあの場所とか、そういうのを書いてないこと。これは公式スピンオフだからこんなことが書けるんだぜというところ踏み込んでほしかったなぁと。

公共交通機関のみで日帰りで東国三社を回る(鹿島神宮、息栖神社、香取神宮)

 検索してもバスツアーとかがヒットしてしまいあまり掲題のノウハウがでてこないように思われたのでここに知見を紹介する。まあ普通はバスツアーを使えばいいし、何より自家用車があればそれが一番便利と思われる。しかし車持ってないしバスツアーに縛られるより自分で色々考えて行きたいんだという人がもしいたら参考にしてほしい。

 前提条件として、首都圏(だが千葉茨木方面ではない)ところからのスタートを想定して発着地点を東京駅とし、休日ダイヤ(土曜日)、タクシーは利用しない。本記事の情報は2019年10月5日現在のものである。

移動ルート

 今回実際に移動したルートは以下の通りである。

06:30東京駅八重洲口より高速バス乗車
08:00鹿島セントラルホテル着
徒歩で息栖神社へ移動(30分)
息栖神社参拝(60分)
徒歩で鹿島セントラルホテルへ移動(30分)
10:13鹿島セントラルホテルより関東鉄道バス乗車
10:43鹿島神宮駅着
徒歩で鹿島神宮へ移動(10分)
鹿島神宮参拝(140分)
徒歩で鹿島神宮駅へ移動(10分)
13:23鹿島神宮駅よりJR鹿島線乗車
13:40香取駅着
徒歩で香取神宮へ移動(30分)
香取神宮参拝(80分)
15:35香取神宮より佐原循環バス乗車
15:50佐原駅着
15:56佐原駅よりJR成田線乗車
17:12千葉駅着、総武快速線に乗り換え(→18:03東京着)

メモ

  • 東国三社めぐりに特に順序のルールはないとされているが、「鹿島立ち」のイメージから鹿島神宮を最初に回るとする模範ルートが多い。しかし、公共交通機関のみを利用する場合、息栖神社へのアクセスのしづらさが最大のネックであるため、鹿島神宮からスタートするのは困難であると判断した。東京からの高速バスが鹿島セントラルホテルに先着することを利用し、先に息栖神社を回るべきである。
  • 東京から鹿島セントラルホテルまでの高速バスの土曜朝の始発便は満席になる可能性がある(実際、今日は満席になっており最後に来た何人かは断られていた)ので早めにバス停に到着するほうが良い。
  • 今回の実績としては高速バスは渋滞により遅れ、鹿島セントラルホテル到着は8:20ごろだった。しかし、息栖神社は他の二社と比べると小規模で、参道に土産物屋や食事処も少ないため(少ないっていうか、皆無だと思う)、上記のスケジュールで時間は十分余る。待ち時間が発生する場合、鹿島セントラルビルに休憩できるエリアと土産物屋がある。
  • 鹿島セントラルホテルのバス停は、高速バスの乗り場はビル敷地内にある一方、路線バスは表通りにぽつんとあり若干わかりにくいので注意が必要。
  • 鹿島セントラルホテル→鹿島神宮駅の関東鉄道バスは休日ダイヤは特に本数が少なく、10:13を逃すと次は13:28となり、電車とバスだけで回るプランが破綻する。ここが最大のボトルネックとなるので注意されたい。
  • 鹿島神宮は境内が広く、参道にも色々とお店があるのでそれなりに時間を使うことになる。お昼時なので食事も含め。なお、今回は宝物館が休館していた。もし入館できた場合はこれよりも多めに時間を見たほうが良いかも知れない。
  • JR鹿島線も本数が少ない。13:23の次は15:00である。
  • 香取駅から香取神宮までの徒歩30分は看板にはそのように書いてあるが多分もう少しかかる気がする。若干坂道もある。
  • 香取神宮は鹿島神宮ほどではないが境内に広さがあり、参道にお店もあるのでそれなりに見て回る物がある。また、今回は宝物館も見学した。
  • 実は当初は香取神宮参拝後は徒歩で香取駅に戻ることを考えていたが、流石に疲れたので予定を変更しバスを利用することにした。その際、16:06発の高速バス(関鉄グリーンバス)で東京駅に戻るほうが最終的に早くつくことになっており楽なのだが、時刻表を見れば分かる通り東京方面行きのバス停として最後の順番になっていて、休日の夕方最終便にあたることを考えると、(しかも朝の下り線では満席で断られている人を見ただけに)もしかして満席で乗れなかったらと思うとそっちを待つ気になれなかった。多分満席にはならないとは思うが……。
  • そういうわけで佐原循環バスとJRを使った。これは15:50に佐原駅に到着し、15:56に成田線がでてしまうので若干綱渡りになることを注意されたい。実際、信号待ちやらで少々遅れて15:54くらいに駅についたのでちょっと怖かった。もし15:56発を逃すと、次は16:58発の成田行きになる。そうなったら無駄な1時間待ちか、やっぱり高速バス使うかという判断になる。
  • 結論として公共交通機関だけで一日で回りきろうとするのはハードなので、車を使ったほうが良いんじゃないでしょうか?

『図書館の魔女』 高田大介

 大人になってから読んだ中で圧倒的に一番面白いファンタジー小説。

 そもそも自分は子供の頃はファンタジーが一番好きなジャンルでたくさん読んでいたけれども(このリストとか)、大人になってからは読むことが全然なくなって、特にハイファンタジーはまず食指が動かなかった。理由はよくわからないがローファンタジー的想像力を好むようになり、それは単に自分の年齢の変化だけでなく世の中の流れとしてもそうであるような気がする。それがこの小説は分類的には完全にハイファンタジーなんだけれども、超絶面白く、ド刺さってしまったので驚いた。

 ともかく長い。単純にプロット的な分量も多いし、文章もひたすらに書き込みがなされており、濃密。読むのにはかなりの時間がかかったけれども、それでいて一切ダレることなく、読むのが苦にならないのが不思議。人物、文化、歴史、そしてなにより”言葉”に対する圧倒的な緻密さで描き出される世界にのめり込まされて、久しぶりにこのタイプの読書体験があって嬉しくなってしまった。二巻の(単行本のときは上下巻だから、きっと上巻の)最後のシーンがめちゃめちゃ良くて、そこからはもう一気に進んでしまう感じだった。

「マツリカ様はわたしを馬鹿にするのが生き甲斐なんですか」
 ──そうだよ?

↑ここすき

HELLO WORLD

 まずここはネタバレがないことを言いますが、最高の映画です。こんな映画を公開してしまって大丈夫なのか? 早く観に行ってください。

 この下にネタバレがあることを書きます。早く観に行ってください。 あと原作小説との比較の話も含みますので読んでない人は早く読んでください。

続きを読む

『となりのロボット』 西 UKO

 美少女ロボット百合。この五年の世の中の流れによって今見ると割と平凡な題材のような気もするけど多分この五年は大きかったと思うので当時のほうが破壊力があったのかなと思う。SF的な側面に対する入り込み方が適度でバランスの良さを感じる。ただ単行本一巻の分量かつ連作短編的な書き方なので物語としてのまとまりや盛り上がりまでいかなかったのは少し物足りなく感じた。でも直球でエモいし一気に時間が飛ぶシーンとか良いよね。