『裏世界ピクニック ふたりの怪異探検ファイル』 宮澤伊織

 ずっと気にはなっていました。怪異とかネットロアとかを扱っていて百合らしいと。それ好きなやつじゃないかと。都市伝説を扱って百合を目指した小説を書いていたときに方向性が近いと言われたこともありました。それなのに今まで読まなかったのはなんとなくWeb上の宣伝の方向性が気に入らないという完全に私怨な食わず嫌いだったのですが、そういう食わず嫌いは良くない、ちゃんと読んでから判断すべき、という天使の人格がKindle版50%オフセールで殴られたので買って読みました。

 残念ながら微妙だなと感じました。これは題材が好きだからハードルが上がっている可能性が高いのですが、なんかネットロアとりあえず出しただけで生かし切れてない感(4話の裏世界の怪異たちへの解釈はちょっと面白かったのだが、その理屈だと海兵隊がきさらぎ駅に到着はしないだろとか思ってしまって、この作りの感じだとその辺を続刊で回収……とかもあんまり期待できないなぁと)、あとは小説として上手く感じないというか、多分これ、アニメで作画動画が良ければ楽しいと思うんですが、小説という媒体で読んだときにあんまり良さがないんじゃないかなぁと思いました。心情とか。あとはそれこそネットロアってテキストだしそのへんなぁ、とか。多分題材が好きだからハードルが上がってるだけだな……。アニメを見ようかと思います。→(追記)アニメもnot for meだった……

『アンソロジー 『破戒』 Breaking Knox』 たけぞう他

 第三十一回文学フリマ東京にて入手

 十人の執筆者でノックスの十戒を一つずつ破るアンソロジー。かなりキャッチーなアンソロジーテーマですし、多くの人に読んでもらえるテーマ設定であることは間違いない、企画の勝利です。ただ、基本的にはハードルが上がって難しいレギュレーションだと思います。だってノックスの十戒って破ったらアンフェアでつまらなくなるぞっていうルールなわけで、普通に破ったら単に面白くなくなります。ルールを破ってる部分を超える何か光るものがないといけないわけで、それってものすごいハードルだと思います。しかしそのハードルに立ち向かいアンソロジーとして完成させたのは素晴らしいと思いました。ちなみに小説同人誌で箱に入ってるのは初めて買いました……。すごい気合いだ。

 以下、個人的に面白かった(ルールを破ってる部分を超える光るものを感じた)五作について個別の感想です。ネタバレあります。

『探偵が遅すぎる』たけぞう

 違反しているのは「犯人は物語の当初に登場していなくてはならない」か。この違反を面白くするのは十の中で比較的難易度が高いと思いますが、しかしそのハンデを覆す面白さとしてホームズ役とワトソン役の入れ替わり叙述トリックをうまく使い(もちろん普通に引っかかりましたが、思い返せばこの叙述トリックで有名な作品を思い出したりした。偽ホームズ役のあからさまな変人感を出して、っていう)、推理をひっくり返し、ボドゲのガジェットも上手く使い、と、色々と良い感じにまとめていてすごい! タイトルも上手いし。ちゃんと本格をやってる人が書くやつですね(僕はちゃんと本格をやっていないので適当に言っています)。とても面白かったです。本書で一番良かった。そしてこの方がアンソロ主宰というのも、強い!

『オリオン』もうエリ

 なんか青春というか百合というか、そういう雰囲気が良かったです。違反しているのは「未発見の毒薬、難解な科学的説明を要する機械を犯行に用いてはならない」で、純粋にミステリとして読むと構成に無駄があるように感じられますが(別荘に行くまでが長いとか)、しかしその無駄パートで主人公の屈託を書き連ねていくことで上手く個性が出せていると思いました。

『最害』カリフォルニアデスロールの野良兎

 違反しているのは、読んだときは「探偵は、読者に提示していない手がかりによって解決してはならない」なのかと思ったのですが、あとがきによれば「サイドキック(ワトスン役)は自分の判断を全て読者に知らせなくてはならない」だそうです。ん、それって主人公がワトスン役っていうことなのか? それとも犯人がワトスン役なのでっていうことなのか? というあたりがレギュレーション的にモヤモヤしたものの、話自体はちゃんとミステリであり自分の好みで、面白かったです。

『白鼠』アルギル・ラッセ(阿木良介)

 いきなりSFっぽい設定。かと思えば始まる怒濤の、こう、それ系の設定語りとそれ系の会話。このドライヴ感が尖ってて好きですね。違反しているのは「犯行現場に秘密の抜け穴・通路が二つ以上あってはならない」ですが、それをメインに据えず、それとなくかつ堂々と破っているのが上手いなと思いました。最後ちょっとそこで終わるの!?感あるんだけど、それを押し切るメインガジェットと怒濤の冒頭だったので良かった。

『日暮海音の金欠』そうしろ/安藤壮史朗

 違反しているのは「探偵方法に超自然能力を用いてはならない」。これに違反しながら面白くしようと思うと、メタ的な話だったりアンチミステリ的な破調方向にいくわけですが、それでいて会話劇によって組み立てられた日常の謎が普通に面白く、最後にしっかりと能力のネタも回収して上手くまとめたのはやられたという爽快感がありました。『探偵が遅すぎる』で本書で一番良かったと書きましたが、この作品が自分としては本書で二番目に良く、また一番良かったのと二番目に良かったのがこれだけ違う方向性というのも、一冊のアンソロジーの楽しさが存分に感じられました。

『月鯨の夜』 葵あお

 第三十一回文学フリマ東京にて入手。BOOTHで通販しているそうです。

 面白かった。Twitterに流れてきた宣伝から購入。今回の文フリは見本誌コーナーなかったりとかしたので、情報が少ない中であえてランダムエンカウント的な要素を強めようと思って、意図的に今まで読んだことない人の本をぽんぽんと買ってみたのですが、そういう買い方で買って面白い小説に出会えるとめちゃめちゃ嬉しいぞ。

 スチームパンク風味の大正伝奇。広義のミステリという読みで良いと思う。という要素の時点で自分の好みに合致しているんだけど、話の構造がしっかりしていてめちゃめちゃ安心して読み進められたし、しっかり期待しているところにハマってきて良かった。第一話のオチみたいなのが好きで、第二話でいきなり加速させて最後まで持って行くの良かったです。良かったしか言ってないが、良かった作品はおすすめしたくなるからネタバレ書きたくなくなって良かったしか言わなくなる傾向にあるな。寧々子さん可愛い。

『先史時代のダイイングメッセージ』 ソルト佐藤

 第三十一回文学フリマ東京にて入手

 本格ミステリに大切な物を削っていく 『オッカムの剃刀』シリーズ第2弾、とのことで、ダイイングメッセージものなんだけど、舞台が紀元前4000年なので文字が発明されていない、という設定。そんな無茶な……。やっていることがダイイングメッセージものの定番ネタなんだけれど、設定のひねり方ひとつでここまで楽しめるというのは面白かった。いらすとやのカバー範囲が広すぎる。

『改変歴史SFアンソロジー』 坂永雄一・曽根卓・伴名練・皆月蒼葉

 Boothにて電子版を入手。先日『なめらかな世界と、その敵』を読んで感想を書いたとき、このアンソロジーのパイロット版のことを思い出してページを見たら、「完成版はマストバイ」とか自分で書いてたのに完成版をバイしてねえということに気づいたので、バイしました。皆さんもバイした方が良いですよ。

緑茶が阿片である世界(曽根卓)

 パイロット版でも読んでいるので、大筋の流れは知っている状態で小ネタを再発見しながら読むのが楽しかった。

江戸の花(皆月蒼葉)

 人情噺だ! SF的には蜂が情報通信に使われてて暗号通貨やCrypkoやなんかそのあたりの要素が出てくるんだけどそういうSF設定にハマりこまずにお話をやっているバランス感。語り口のリズムも良かった。あと最後これがホントの江戸の華とか下げが書いてなくて本当によかった(書いてあったらそれはそれで笑った)

大熊座(坂永雄一)

 謎の設定に引き込まれて途中までこれが改変歴史SFアンソロジーだということを忘れて読んでいたので、改変ポイントが明示されたときのああそういうことか感が強かった。改変ポイントが大きく出すぎで良い。

シンギュラリティ・ソヴィエト(伴名練)

 やっぱり面白いな……。

『息 -Psyche- vol.5』 アナクロナイズド・スイミング

 第三十一回文学フリマ東京にて入手。特集「マンガ物理学」。また難しいテーマだな……。そういえば今回原稿落としネタ枠がないように見えるけど、原稿も落ちたことに気づくまでは落ちないのかな?

エイブリーシティの一夜(淡中圏)

 マンガ物理学のチュートリアルみたいな感じ。入門書だ。オチが良かった。

七〇一号室の黒電話(鹿島渡)

 得体の知れなさ。マンガ物理学で小説書こうと思ったら基本それでボケる方向に行くと思うんだけど(他の作品はだいたいそうだし)、怪異として扱って説明しないというアイデアが良かった。受話器浮いてジリジリしてるの絵面めっちゃ面白いのに怪異ですからね。

ピヨピヨチキンパーリー(鹿島渡)

 ピヨピヨチキンパーリーという語感が良い。もうちょっと話の展開が欲しいと感じた。

高見柄落太郎(月橋経緯)

 足場がないだけに不安定な話。読んで落ち着かなくなってしまった。落語のとこ好き。

ある狂人の手記。あるいは、コマ割り宇宙のパラドクス。(みた)

(なりましたね)のとこがすごく好き。観測者が百合を作る理論だ(適当)。あと名取さなさんは僕も好きです。

Deadlineの東(稲田一声(17+1))

 リフロー型電子書籍化不可能小説だ! 世が世なら『紙魚はまだ死なない』電子版への収録を交渉しにいきたい作品ですが、リフロー型電子書籍化不可能なので電子版は出ません。ペンネームの使い方がズルくて笑ってしまった。ズルいでしょ。二回読むことになるのが楽しい作品。

『なめらかな世界と、その敵』 伴名練

 どうも文學界の今月号に自分の作った同人誌が載っているらしい、という怪情報がツイッターを流れており、んなわけないでしょと思いながら買ったら、載ってた。『特集 文學界書店2021』において、作家・伴名練先生がリフロー型電子書籍化不可能小説合同誌『紙魚はまだ死なない』を紹介してくださっていたのです。これはもう、しみじみと嬉しい……。光栄です。作って良かった! また同人誌作ろう!

 しかし、実は僕は伴名練先生の作品を読んだことが一作しかありませんでした。 『シンギュラリティ・ソビエト』を『改変歴史SFアンソロジー』で読んでめちゃめちゃ面白いと思っていたのですが、そのあと本書『なめらかな世界と、その敵』が出たときにはなんか読むタイミングを逃していました。話題になってるなとは思っていたのですが。このままでは「あの伴名練に紹介して貰ったんだぜ」という自慢ツイートをしまくるにあたり裏付けが不足していることから、急遽本書を読んだ次第です。最悪の理由すぎる。という、導入は最悪なんだけど、この本は最高なので読んでください。

 伴名練先生本当にありがとうございました。

 ここからはいつもの感想書くモードで書く。

なめらかな世界と、その敵

 可能世界移動SF。小説だからこそできる表現でもあるし、本来アニメとかが向いている表現でもある題材だと思う。あるいはノーランの映画とかなのかもしれない。最後の走るシーンなんかは、あざとさを感じるくらいかっこよかったし、アニメ化してくれよと煽る感じがした(???)。映像を想起させる文章、基本的には映像を見たことのある人にしか効かない。漫画やアニメや映画やゲームがあるのに小説なんて古いなんて言われることもあるけれど、いやいやそれらを飲み込んで小説はまだまだ進化中だぞと思わせてくれて、勇気づけられてしまう。

ゼロ年代の臨界点

 SF偽史SF。好き。この作品と、『美亜羽へ贈る拳銃』の二作にものすごく感じることとして、作者のSF愛が熱い。並のSF愛ではこの作品書けない。最もSFを愛した作家とか帯の煽りに書いてあるの知っていたけれど、どういう意味だよと正直思ってました。でもこれ読んで意味が完全に理解ってしまった。精読してどこが何のオマージュとか分解していったらものすごく遊べそうだし、そんなことしなくてもものすごく楽しくなれる、それを両立できるのは、すごい。

美亜羽へ贈る拳銃

 本書収録作で一番面白かった。伊藤計劃トリビュートが初出ということ、美亜羽がミァハから取った名前であるということ、は評判を聞いて読む前から知っていたのですが、単に名前借りましたとかでなくて、あ、本当にトリビュートだこれ、っていう、しまった舐めてな、と思わされた。 愛だよこれ。純粋に小説として、物語として面白く、引き込まれてしまいながら、それと同時にメタ的に、この作者の愛に勝てない、と思わされる。稀有な読書体験。

ホーリーアイアンメイデン

 書簡体異能力姉SF。え、文体の切り替えすごくないか、と思った。一冊に収録されている作品が全部強いのに方向性が多彩すぎる。引き出しめちゃめちゃあるからくり屋敷か? 忍具めちゃめちゃ持ってるSFニンジャか?(自分の同人誌を紹介して貰って嬉しかったって書き始めた感想なのに作者をニンジャ呼ばわりし始めるの意味が分からないんだけど、それくらい衝撃を受けているんだ)

シンギュラリティ・ソヴィエト

 これは『改変歴史SFアンソロジー』で読んでともかく楽しかったけれど、もう一度読んでもやっぱり楽しい。やっぱりシンギュラリティってそういうことだよなと、奇想を掻き立てられてしまう。

ひかりより速く、ゆるやかに

 青春時間SF。最後の作品でいきなり正面から殴りかかってきてびっくりしてしまった。え、いきなり正面から殴られてびっくりしています。いま。いや、この作品もやっぱり、膨大な先行作品研究の上に書かれており(作中でも叔父の本という形で示されていたりする)、SF愛なんだけれど、それよりもこの小説自体のレイヤにおいて、まっとうに純粋に正面から青春SFだ。なんだけれども、なんだけれどもその青春SFの主人公が苦しめられるのはSF的想像力の残酷さでもあって……。卑近な例で、なんか海外のニュースとかにすぐ「SFじゃん!」とかツイートしてしまう我々の、無邪気な残酷さですよ。さらにその無神経さに現に苦しんでいる彼自身も、未来へのSF的想像力に縋らずにはいられなくて。……こう読むとやっぱりSF愛じゃないか! でも最後には、しっかりと立ち向かって、現実に帰ってくる。好き……。正面から青春SFを浴びて興奮して感想を書いてしまいました。とても良かったです。

笹NOTY2020ノミネート作品

 2020年に読んだ小説(2020年に読んだ、であり、発表年を問わない)ベストを決める企画です。本日時点までに読んで面白かった小説からの以下のノミネート作品、さらにあるかどうか分からないが年内に追加で読んで面白かったものを加えた中から最終選考を行い、大晦日に結果を発表しますが、大晦日の酒の入り具合によっては忘れてそのまま年を越します。

 振り返ると今年は読書量がめちゃめちゃ少なかった。生活が忙しかったのと、通勤時間の読書が消えたからですね。コロナ許せねえ。通勤時間が減ったのは神。来年はもっと読んでいくぞ。

去年の

『その日、朱音は空を飛んだ』 武田綾乃

 学校の屋上から飛び降りたクラスメイトの死をめぐり、クラスメイトたちの証言と思惑が錯綜する青春ミステリー。小説というのは基本的には気持ちを、感情を描くもののはず。いやそうではないという主張を持っている人もいるだろうけれど自分はこう考えていて(お前の書いてる小説そうなってるか?とか言わないでくれ)、その点、この作品は2020年ベストオブ感情だった。導入や序盤はそのすごさが見えにくいところがあるんだけど、後半で絶対良くなるから、ともかく絶対に読んで欲しい。

『首無の如き祟るもの』 三津田信三

 ミステリとホラーの境界線を攻める刀城言耶シリーズの第三作。一作目二作目を読んでなくても大丈夫だとは思うけど一応一作目から読んだ方が良い。因習の村に根付く首無という怪異と、首無し死体という本格ミステリの型のマリアージュ。単にオープンエンドっぽくしてミステリかホラーか分からなくさせるというのではなくて、オチの付け方の跳躍感も圧倒的で、そうきたか、と高まってしまうぞ。

『まほり』 高田大介

 二重丸が書かれた紙が至る所に貼られているという都市伝説から始まり、「まほり」の因習の謎に迫っていく民俗学ミステリ。膨大なテキスト量、探るにつれ不穏さの高まっていく謎の集落、そのプロットの中に光るキャラクターの魅力、そしてラストのぐっとくる収斂、こういうのが読みたかったんだよの連続。読むべき。

『幽霊屋敷小説集 パイロット版』 アーカイブ騎士団

 第三十一回文学フリマ東京にて入手。幽霊屋敷をテーマとする(?)小説3編。うち1編未完。パイロット版というのはその1編が完成したら完成版になるのか他に作品が増えるのか……それもまた楽しみですね。完成版楽しみです!!!

時がねじれた家(高田敦史)

 心霊科学者と哲学者と言語学者と物理学者が幽霊屋敷の謎に挑むが、その幽霊屋敷では時間がねじれており……という話。「物理学者!」って叫ぶとこですごい笑ってしまった。「哲学者、哲学者」でもうダメだった。面白いぞ。ギミックが一気にSFっぽくて良かったのですが、何か元ネタ的なものが(菱形のやつとか)ありそうな雰囲気があるんだけどなんなのか分からなかったのがむず痒かった。特にないのかも知れないけど。

マットの下(渡辺公暁)

 海洋SFミステリーっぽい。全然幽霊屋敷じゃないだろでもミステリ?SF?として面白いぞと思って読み進んでいくと幽霊屋敷小説になる。すごい。話の構造としてはファーストコンタクト系、それこそ『ソラリス』とかのイメージに自分の中では近かったんだけど、そこに海洋SF的な設定がぎっちり投入され、幽霊屋敷小説になる(???)。濃厚な味わいで楽しかった。

藤原盟子、ヤクザの肝試しに立ち会う(森川 真)

 未完。導入がめちゃくちゃ面白い(導入的にはこの3作の中で一番好きそうなくらい)ので完結したのが読みたいです……!

『WORK マンモス大合成』 グローバルエリート

 第三十一回文学フリマ東京にて入手(第八回大阪の新刊)。高品質なSFが載っている! 面白かったのであえて書くのですが、以下の感想には、核心的なところは避けるけどネタバレ要素あります。電子版制作中とのことなので、興味がある人はそちらを待って入手して読んだ方が良いと思います!

『マンモス大合成』 元壱路

 シリアスな展開と見せかけてナンセンスな笑いを誘ってくるバランス感が良い。ザ・闇医者の下りで既にめちゃくちゃ笑ってしまった。さらに無茶苦茶加減が小出しにされてエスカレートしてくるのがズルくて、黒幕が明らかになるあたりも面白すぎた。メロスみたいな感じ出すのやめてくれ。

『美しい未来のために』 維嶋津

 バイオエタノール事業の話と自動応答AIによる死者の複製という、現代から地続きでリアリティのあるSF題材を扱ってすごい社会派の真面目で硬派なSFっぽく始まるんだけど展開はむしろSFっぽくないというか、主人公がヤバい話だった。主人公を壊せるってすごいと思います。終盤の、え、これどうなるんだよというスピード感から乾いた笑いにつながる。パワーがある小説。

『ネコニンゲンのドグマ』 架旗透

 臓器たちの生体ネットワークが解明されて、という技術的なSF的想像力の設定から、それで医者の権威が失墜して看護師が仕事にあぶれ、という社会側の設定につながって舞台に反映されているのが面白い。ノラネコ、イエネコ、イヌネコあたりの無茶苦茶な設定やそれを強引に押し通す会話劇も良かった。ただ、ネコニンゲンが中心的な謎になって話が展開した割に、ネコニンゲンを単に説明して終わった感じになったのは物足りなく感じた。

『自分によく似た他人』零F

 エモかった。これハイパーエモ枠だ。これ感想言うの難しいけど好きです。再会して池袋が逃げなきゃいけないみたいなこと言ってさすがに意味不明で要町が引いてる感じになってるとこ好きで、でもそのあとで二人がクライマックスに向かうのが良すぎるでしょ。

『白の回路』 髙座創

 本書の中でこれが一番面白かった。創薬AIを悪用して違法薬物を作るというアイデアから、きちんと回答を出してオチを付けていて、社長や女子高生など周りの使い方も含めて綺麗にハマって無駄が無いのが好み。いや、オチは強引というか、んなわけないだろという超理論なんだけど(こういうのが嫌いな人もいるだろう)、でもそれがフィクションの良さだから良いと僕は思っています。