『その可能性はすでに考えた』 井上真偽

 論理プロレス。明らかに噛ませ犬でしょみたいなキャラ(因縁あり)が次々出てきて不均衡論理バトルを挑んでくる無茶苦茶ぶりが笑える。雑なバトル漫画じゃん。もう2人目出てきて同じ形式のバトル始まった段階でこれラスボスの攻撃ぜったいアレでしょと思ったら案の定それだった。でもその無茶苦茶な中にきちんとロジックを(無茶苦茶なりに)作り最後まで多段で落として綺麗にしてくるのは安定感あって良かった。

↑マジで何

『誤解するカド ファーストコンタクトSF傑作選』 野﨑まど・大森望 編

 ファーストコンタクトSF傑作選。言うほどファーストコンタクトじゃないのでは……。

筒井康隆「関節話法」

 いきなりファーストじゃないじゃん。でもすごい。ギャグをここまで広げていけるのさすがの手腕だな……。

小川一水「コズミックロマンスカルテット with E」

 合わなかった。カップリング脳なので。

野尻抱介「恒星間メテオロイド」

 合わなかった。このロマンス要素みたいなやついらないんじゃないかと思ってしまった。

ジョン・クロウリー「消えた」

 結局どうなったのかあんまりよく分からなかったんだけど、この得体の知れなさと人間側の事情が絡み合う感じが好きなファーストコンタクトSFだった。

シオドア・スタージョン「タンディの物語」

 これも子供に得体の知れない奇怪さが噛み合ってくる話の展開が楽しかった。描写に凄みがある。レシピのとこはうるせえなと思った。

フィリップ・K・ディック「ウーブ身重く横たわる」

 よくあるタイプの話だし注意してれば途中で読めてておかしくなかったと思うんだけど、結果的にオチが読めてなくて、最後うおおおってなったので楽しかった。いい短編だ。

円城塔「イグノラムス・イグノラビムス」

 めちゃめちゃ良かった。ワープ鴨から導入して(北大路魯山人要素で笑ってしまった)あっという間にすごいところに連れて行ってSFが展開して戻ってくる美しさ。本書の中で一番すき。

飛浩隆「はるかな響き Ein leiser Ton」

 サラダ作りすぎの描写が良かった。そしたら参考文献で笑った。

コニー・ウィリス「わが愛しき娘たちよ」

 ヤバい話だとは思った。

野崎まど「第五の地平」

 野﨑まどの短編だ……。野﨑まどのSF短編のときの真顔で改段落してギャグが入るの好き。ほぼ全部会話でやってしまうの贅をそぎ落とした感じでいいな。

『スノーホワイト』 森川智喜

 講談社Kindle本50%ポイント還元だったときのソルト佐藤さんのデッキから。信頼できるデッキだ!!(まだ一冊しか読んでないけど!!)

「なんでも知ることのできる鏡」を持つ反則の名探偵少女の特殊設定ミステリ。第一部の短編は特殊設定日常の謎のような感じで始まり、こういうの良いよねと思って読んでいたら、第二部で怒濤のスピード感で特殊設定バトルが始まって、こういうの良いよね!!となってしまった。良かった。悪役が輝いてる。悪い悪役は良いな。なんかちょっと調べたらこの悪役のシリーズなのかこれ……。

『ドキュメント 宇宙飛行士選抜試験』 大鐘良一・小原健右

 宇宙飛行士選抜試験の最終選考を密着取材したNHK番組の記録。めちゃめちゃ面白くて数ページごとにめちゃめちゃ面白いと呟きながら読んでしまった。宇宙ネタの資料探しがきっかけで読んだんだけど、宇宙ネタというよりも、危機におけるリーダシップとかその周りのドラマみたいなのが、試験という人工的環境だからこその明快な観察で述べられていて、人間力、すごいなと思った。NASAに行ってステージが上がって人生の物語がどうこうみたいな話になるのも少年漫画みたいなスケールアップで良すぎる。良い本だった。

↑これも面白かった

『蒼氓』 石川達三

 すごい。これは太宰も負ける(?)。出航するまでの切り取りっていう角度が既にすごいし、取材力、ドラマ、読ませる話だと思った。参考資料のつもりで読み始めたが予想外に良い小説だった。南海航路も良かった。

第二回かぐやSFコンテスト 最終候補作品の感想

 第二回かぐやSFコンテストの最終候補作品10作を読み、簡単な感想をメモしました。

 第二回かぐやSFコンテストはテーマ「未来の色彩」で2,000~4,000字のSF短編小説を公募する賞で、選考が完全匿名で行われています。審査員の最終候補作品の選定も匿名、大賞の選考も匿名、読者のオンライン投票による読者賞も匿名という試みです。なので最終候補作品の中に私もTwitter等で知り合いの方の作品があるかも、というかあるっぽいですが、どれがというのが分からないので、忖度無しの感想・投票になります。ドキドキですね。

 上記のサイトで最終候補作品を実際に読むことが出来ますが、並び順もページを開く度にランダム化されるなど徹底されています。ということもあるので、まだ読んでいない人は以下の私の感想(ネタバレを含みます)を読む前にぜひ公式サイトへ読みに行ってください。

 全体として、去年の最終候補作品よりも面白く感じるものが多かったです。というか去年も全部感想書こうと最初思ったんですが、自分の好みではない作品の割合が高くて、全部読みはしたけど感想書いてませんでした。今年はバリバリ感想書くぜという気持ちが最後までみなぎった。

 以下ネタバレ注意。順番は自分がアクセスしたときに表示されたランダム順。★を付けている作品が特に気に入ったので、この中からもう少し悩んで投票先を決めようと思っています。


続きを読む

『一九八四年』 ジョージ・オーウェル 高橋和久訳

 2021年にもなって読んだ。

 読んでなかった名作というと大体内容を知ってしまっていたりということがありがちなんだけどなぜか内容も全然把握してなかった(ビッグブラザーがいるらしい程度)ので、先の展開が読めなくて素直に面白かった。言葉の設定が上手い。第二部に行く時のツイストは予想外だったし、終盤も予想された流れではあったけど道具立てがひねってきて上手いな~と思った。本のところが熱い。怖い!

『生ける屍の死』 山口雅也

 なんか多分ミステリの名作みたいな感じで紹介されたんだと思う。

 今で言う特殊設定ミステリ(当時も言ったのか? 知らないです)として、死者が蘇るという設定を、トリックの根幹にも、雰囲気作りにも最大限利用しており、すごい。でも30年ちょっと前という絶妙に微妙な時間が経過した2021年に読んでいるせいか、自分としてはどうにも古く感じてしまった。序盤冗長に感じたし、焦点をパチパチ切り替えるのもイケてない感じがした。でもこれを最初に書いたら画期的ですごいというのは分かる。すごい。

『まちカドまぞく』 伊藤いづも

 単行本六巻まで読んだので一旦感想。

 有史以来最高の漫画。

 全ての要素が刺さってます。ローファンタジー的想像力(せいいき桜ヶ丘もはやハイファンタジー説かなりあるけど)でほのぼのハードな設定。至近距離の天丼から超長距離の伏線まで、ギャグとシリアス両面に渡って繰り出される構成の美。情報量激盛りの紙面でギャグをやりながら一切こぼさない、マジで無駄な要素がない。キャラが生き生きして輝いていて色々な性癖を刺しまくって来ながらにして作劇・演出としての合目的性も光っていてすごすぎ。信頼できすぎて (六巻まで読んだ段階で) まだまだこの後一波乱も二波乱も起こしてくれた上に全てを無駄なくつないでしっかりやってくれることが確信できすぎて勝手に一人で楽しくなれる良さ。伊藤いづも先生身体に気をつけてなんとかがんばって欲しいですね……。

 最初に知ったのはアニメなんですけど、アニメの範囲で言うと普通に雰囲気とか設定が良いなと思ったのと、あと一番すごいと思ったのはEDのよいまちカンターレの歌詞で、それを原作者が作詞してるっていうから絶対ガチなやつじゃんと思った。そのあと原作積んであったけどゆっくり追いかけて読んで今に至る。アニメのことを思い出すとナレーション演出が神がかってんなと思ったけど(マジでズルいと思った)、あれは原作読み進めるとそういう声のキャラだっけみたいなところはあるな、そういえば。二期も期待だけど1クール原作2巻分くらいしかできないと思うと、どうするんでしょうね。無理はしないで欲しい。

↑ミュートしました

『知らない映画のサントラを聴く』 竹宮ゆゆこ

 ラブコメのオススメ情報くださいと言ったらオススメしていただいた小説。タイトルが印象的なので知ってたけど内容は一切知らなかった。ラブコメだったのか……? いつになったら知らない映画のサントラを聴くんだろうと思いながら読んでた。良い小説だった。多分自分で情報を得た上で手に取って読むことは無かったであろう作品だしこういうのが読めるのは良いことだと思った。ラブコメだとは思わないんだけど(いや世間的にこういうのをラブコメって言うんですか……?)。話の展開としてはエンタメ性が意図的に低い(適切な表現が思いつかない)と思うんだけどスピード感あるしギャグのテンポも良かったしある種のライトさを上手く使った青春小説だと思った。