Outer Wilds

ネタバレ要素ゼロの感想

 超スーパーウルトラ面白名作神ゲームです。ネタバレ要素ゼロで言います。今すぐ買え。STEAMでは7月10日までのスペシャルプロモーションで33% OFF。他にPS4Xbox Oneでも遊べる。急げ!!!!!

ネタバレを避けた感想

 ネタバレを避けて感想を語ることがほとんど不可能に近いゲームだと言えると思います。ゲームを通して体験する、知っていく、という、探索、発見、試行錯誤、そういう楽しみに溢れたゲームです。そして大宇宙、大冒険、エモい、音楽が良い、SF、最高のゲームです。無理矢理ジャンルを当てはめるならば、3Dアクションアドベンチャーゲームか? いや、なんかそういうジャンル名がつかないゲームであり、それがすごさなわけです。

 ここに少しだけ書いておくゲームの状況というか、ストーリーについても、説明ではなくて自然に、ゲームの冒頭部分をプレイすると理解できるようになっています。だから、ネタバレとまでは言えないゲームの設定の説明なんだけど、それでもこんな説明は読まずにプレイした方が早いし、それが本来の作品の想定です。今すぐ買って起動しろ。

 主人公はHearthianという四つ目で青い肌をした人型の種族。HearthianのOuter Wilds Venturesという組織は、この恒星系の歴史と謎を解明するために、探査艇に乗って他の惑星をめぐり調査を進めている。かつてこの恒星系には、Nomaiという三つ目の種族が存在していたようで、各地にその遺跡が見つかっている。彼らの優れた科学技術について調べるのもOuter Wilds Venturesの目的の一つだ。主人公は今日がパイロットとしてのデビューの日。初めて宇宙に出る日である。さらに主人公は、Nomaiの残した文書を解読する翻訳装置を手にして初めて宇宙に乗り出すという大役も任せられている。さて、母星である『木の炉辺』を飛び立った君は、まずはどの惑星を目指そう。砂が流れ落ちる『砂時計の双子星』か、水に満ちた『巨人の大海』か、崩れ落ちていく『脆い空洞』か、窺い知れない内部を持つ『闇のイバラ』か、あるいは謎の彗星『侵入者』か。いや、まずは『木の炉辺』の小さな衛星、『アトルロック』に行ってみるのも良いかもしれないし、母星の『木の炉辺』自身にだって、調べがいのあるNomaiの遺跡はある。探査船にのって出発した瞬間から君は自由で、この広い宇宙のどこへだって行ける。どこから探索を始めてもいい。あるいは探査船にのって出発することすらせず、焚き火の前でマシュマロを焼き続けていたっていい。

 ただし、これはまだみんなが知らないことだけれど、この恒星系の太陽は、もうすぐ寿命を迎える。二十二分後に太陽は超新星爆発を起こし、この恒星系は滅んでしまう。

 太陽の超新星爆発に飲み込まれた君が、次に目覚めるのは、パイロットとしてのデビューの日。君はなぜか、この二十二分間を無限にループし続ける羽目に陥った。

核心的なネタバレを避けた、多少ネタバレあり感想

 ここからは未プレイの人は読まないことを強く推奨します。核心的なネタバレは書かないが(ので途中までプレイして詰まっているくらいの人なら読んでも大丈夫。読まない方が良いとは思うけれども) 、まずはこのゲームを体験してからにして欲しい。早く買え。あと、Portalの話とUndertaleの話もちょっとしているので、両作品が未プレイの人はそれらもすぐやった方が良い(Outer Wildsは、それらのタイトルに並ぶ名作ゲームだと思った)。

 ネタバレ注意のスペース確保要因で、プレイ中の自分のツイートを貼っておきます。

続きを読む

Minoria

 MomodoraシリーズのゲームスタジオBombserviceの作品で、Momodoraシリーズの「スピリチュアルサクセサー」らしい。自分はMomodoraシリーズはMomodora RUtMしかやってないけど、実際プレイ感は近い。メロトイドヴァニア風のアクションゲームで、HP制なんだけど例によって雑魚キャラの攻撃で半分くらいもっていかれたりするので死にながら頑張って上達していくやつ。基本ゴリ押しでは勝てないのでしっかり回避していかないといけない。ただ前作よりは難易度下がった感じがある。まだ一周+おまけボスまでしかやってないけど。今回は回避に加えてパリィのカウンター攻撃が重要かつ爽快で、敵の攻撃を見切ってパリィで薙ぎ倒していく進み方が癖になる(そしてミスって即死)。キャラもなんか角娘(あれは枝か)のお姫様をはじめとして良いのが多いですね。ストーリーは例によってなんか闇を感じさせるが結局ハッキリ語られないのでいまいちわからない雰囲気なところがある。Momodora RUtMのドット絵の雰囲気も好きだったけどこれも良くて、オススメのゲームです。

川崎病について

 今年の1月に子供が川崎病になってバタバタしたのだけれど、せっかくなので情報を記録しておく。筆者は医師ではなく、この記事の内容が医学的に正確なものであることを保証しない。

川崎病とは

 主に生後半年から4歳ごろまでの子供がかかる、全身の血管に炎症が起きる病気。原因は未解明。患者間で感染することは無く、アジア人に多いことから遺伝的な要因があると思われる一方で、特定の年、季節、地域での流行が見られるために、感染症的な要因も複合しているのではないかという説もある。現在の日本では年間1万数千人がかかっている(単純計算で、今生まれた子供は80人に1人くらいかかることになる? 結構な確率?)。

 川崎病という名前は地名の川崎とは関係がなく、発見した小児科医・川崎富作の名前が由来である。

 主要症状として、①5日以上続く発熱、②目の充血、③唇や舌の発赤、④発疹、⑤手足の発赤や腫れ、⑥首のリンパ節の腫れ、があり、原則としてこの6つのうち5つが認められれば川崎病と診断する。

 血管の炎症により、心臓の筋肉に血液を送る血管である冠動脈に瘤(冠動脈瘤。最悪の場合、心筋梗塞の原因となる)が後遺症として残ってしまうことがリスクであり、急性期には早期に炎症を沈静化し冠動脈病変を予防することが最重要となる。

 現在では、免疫グロブリンという血液製剤の静脈注射とアスピリンの経口投与が標準的な治療法となっており、これにより第10病日までに発熱・炎症を沈静化することで、冠動脈病変のリスクが低くできる。

 現代では冠動脈病変が1ヶ月以降まで後遺症として残存する率は2.9%。死亡率は0.02%未満。1970年代は死亡率2%の病気だった。

参考:川崎病とは?(日本血液製剤機構)

 上記に示した数値類は以下の参考文献から拾っているので、患者を持つ親は直接文献に当たられたい。

我が家の場合

第1病日

 発熱。風邪かな、と思う。

第2病日

 かかりつけ医を受診。38℃台の発熱と鼻水、喉の腫れ。風邪と思われるとの診断。解熱剤、消炎剤、去痰剤処方。食欲があまりない。

第3病日

 38℃台。機嫌悪い。夜、熱が39℃台まで上がり、足に発疹が出てくる。突発性発疹を疑う。

第4病日

 朝、熱は39℃台。機嫌が非常に悪い。これは、単に高熱で体力を消耗しているからだとその時は思っていたのだけれど、あとから川崎病の本を読むと症状の特徴として「機嫌が悪い」とはっきり書いてあるので笑ってしまった。かかりつけ医を再受診。川崎病の疑いで大病院に紹介状を貰う。大病院にて再度診察を受け、川崎病と診断。入院が決定。

 血液検査、尿検査、胸部X線検査、心エコー検査などを慌ただしくやって、夕方より免疫グロブリンの点滴を開始。2,000mg/kg、体重10kgなので20,000mgを24時間かけて点滴する。加えて、毎食後にアスピリンを服用。

第5病日

 免疫グロブリンの点滴が終了。熱は38℃台で推移。足の発疹は引いていく。

第6病日

 熱は37℃台で推移。血液検査の結果は良い傾向。

第7病日

 朝方、熱が再び38℃台。再度の免疫グロブリン静注。再び20,000mgを24時間かけて点滴。

 なお、川崎病の急性期治療は免疫グロブリン静注2,000mg/kg単回投与とアスピリン併用が定石だが、免疫グロブリンによってうまく解熱しない不応例と呼ばれる患者が2割程度存在し、その場合には免疫グロブリン再投与、プレドニゾロン(ステロイド)、ウリナスタチン、インフリキシマブなどの薬を使っていき(薬の名前よくわかってないけど書き写してるだけです)、大掛かりになると血漿交換を行うとのこと。

第8病日

 熱がぶり返したり下がったりを繰り返す。2回目の免疫グロブリン点滴が終わる。

第9病日

 心エコー検査を実施。初見なし。一日を通して平熱。

第10病日

 朝、再び微熱。追加でウリナスタチン5万単位(5,000単位/kgで、体重10kg)を4時間ごとに静注。

第11病日

 一日を通してほぼ平熱。アスピリンの量は少しずつ減量していき、もう1週間程度で退院できる見込みであると説明される。

第12病日

 37℃台。

第13病日

 再び38℃台。ただ、熱以外の症状はなく、血液検査の数値も良いので、川崎病の再燃ではないとの診断。経過観察。午後には熱が下がる。

第14病日

 ほぼ平熱。ウリナスタチンの静注も終わり、点滴が外れて両手が自由になる。

第15病日

 平熱。心エコー検査に問題なく、翌日の退院が決定。

第16病日

 平熱。退院。とても元気。結局、入院は13泊14日。

 退院後もアスピリンは一ヶ月服薬。念の為、しばらくは定期的に外来で心エコー検査を受ける。

感想

  • 原因がよくわかっていない病気というのが気持ち悪い。1979年と1982年と1986年の3回日本で大流行があった、12月と1月に急増し9月と10月に減少するという季節性がある、地域的な流行もある、でも人から人へは感染しない、しかし兄弟姉妹が同時期に発病することはある、という謎の多い病気。他人事なら知的好奇心を大いにそそられる病気だけれど、自分の子供がかかるとたまったものではない。
  • 実際1月は流行期らしく、どうやら入っていた6人部屋が全員川崎病だった。
  • 免疫グロブリン一回でケロッと解熱、というパターンが多いようだが、うちは一回で軽快しなかったので、このまま熱が下がらなかったらどうしよう、入院が長引くだろうか、後遺症が残ったらどうしよう、という先の見えなさが非常に不安だった。
  • すぐに大きな病院に行けて、即入院で治療を開始できたのは良かった。子供が変な熱を出したらすぐ病院行ったほうが良い。
  • 幼児の入院の対応は肉体的にも精神的にも非常にきつく、各方面に感謝。
  • 特効薬である免疫グロブリンは血液製剤であり、ヒト血液から作られている。5,000mgの1瓶薬価37,000円だそうで、今回30万円分ほど使ったことになる(実際には包括評価であり、そもそも小児医療費助成により自己負担はない)。それを作るのに何回分の献血が必要なのかわからないんだけど、それなりの量だろうと思うし、献血の重要性が身にしみる。注射が怖いけど、献血に行って宇崎ちゃんクリアファイルもらいます。

2019年買ってよかったもの

 あと半月で現れるダークホース情報をお待ちしています。

メガネ

 良い眼鏡を買うと捗る。フレームのブランドとか自慢したいけどインターネットに書くの怖いので良い眼鏡ということでよろしくおねがいします。レンズはツァイスです。ツァイスレンズのメガネってかっこよくない?

Adobe CC

 税金に元を取るとか考えるな。

椅子につけるクッション

 これは使ってる椅子の状況とか個人差によるところがかなり大きいと思うので、博打だと思って買うべきアイテムですが、結構良かったです。しかしこれの前に、似た系統の尻に敷くタイプのやつを買ったんだけど、そっちは全然だめだった。でもオフィスとかで見回してそっち系統を愛用している人もいるし個人差オブ個人差だと思う。

Pixel 4

 なんか世間では評判悪いけど、気に入っている。

Sculpt Ergonomic Mouse

 小さいマウスはクソと常々感じている巨乳派におすすめ。十個くらい買っておくと良いです。

Anker Soundcore Liberty Neo

 ザ・値段相応。Welcome to underground…

野崎まどメディアワークス新装版

 こちらに詳しい。

公共交通機関のみで日帰りで東国三社を回る(鹿島神宮、息栖神社、香取神宮)

 検索してもバスツアーとかがヒットしてしまいあまり掲題のノウハウがでてこないように思われたのでここに知見を紹介する。まあ普通はバスツアーを使えばいいし、何より自家用車があればそれが一番便利と思われる。しかし車持ってないしバスツアーに縛られるより自分で色々考えて行きたいんだという人がもしいたら参考にしてほしい。

 前提条件として、首都圏(だが千葉茨木方面ではない)ところからのスタートを想定して発着地点を東京駅とし、休日ダイヤ(土曜日)、タクシーは利用しない。本記事の情報は2019年10月5日現在のものである。

移動ルート

 今回実際に移動したルートは以下の通りである。

06:30東京駅八重洲口より高速バス乗車
08:00鹿島セントラルホテル着
徒歩で息栖神社へ移動(30分)
息栖神社参拝(60分)
徒歩で鹿島セントラルホテルへ移動(30分)
10:13鹿島セントラルホテルより関東鉄道バス乗車
10:43鹿島神宮駅着
徒歩で鹿島神宮へ移動(10分)
鹿島神宮参拝(140分)
徒歩で鹿島神宮駅へ移動(10分)
13:23鹿島神宮駅よりJR鹿島線乗車
13:40香取駅着
徒歩で香取神宮へ移動(30分)
香取神宮参拝(80分)
15:35香取神宮より佐原循環バス乗車
15:50佐原駅着
15:56佐原駅よりJR成田線乗車
17:12千葉駅着、総武快速線に乗り換え(→18:03東京着)

メモ

  • 東国三社めぐりに特に順序のルールはないとされているが、「鹿島立ち」のイメージから鹿島神宮を最初に回るとする模範ルートが多い。しかし、公共交通機関のみを利用する場合、息栖神社へのアクセスのしづらさが最大のネックであるため、鹿島神宮からスタートするのは困難であると判断した。東京からの高速バスが鹿島セントラルホテルに先着することを利用し、先に息栖神社を回るべきである。
  • 東京から鹿島セントラルホテルまでの高速バスの土曜朝の始発便は満席になる可能性がある(実際、今日は満席になっており最後に来た何人かは断られていた)ので早めにバス停に到着するほうが良い。
  • 今回の実績としては高速バスは渋滞により遅れ、鹿島セントラルホテル到着は8:20ごろだった。しかし、息栖神社は他の二社と比べると小規模で、参道に土産物屋や食事処も少ないため(少ないっていうか、皆無だと思う)、上記のスケジュールで時間は十分余る。待ち時間が発生する場合、鹿島セントラルビルに休憩できるエリアと土産物屋がある。
  • 鹿島セントラルホテルのバス停は、高速バスの乗り場はビル敷地内にある一方、路線バスは表通りにぽつんとあり若干わかりにくいので注意が必要。
  • 鹿島セントラルホテル→鹿島神宮駅の関東鉄道バスは休日ダイヤは特に本数が少なく、10:13を逃すと次は13:28となり、電車とバスだけで回るプランが破綻する。ここが最大のボトルネックとなるので注意されたい。
  • 鹿島神宮は境内が広く、参道にも色々とお店があるのでそれなりに時間を使うことになる。お昼時なので食事も含め。なお、今回は宝物館が休館していた。もし入館できた場合はこれよりも多めに時間を見たほうが良いかも知れない。
  • JR鹿島線も本数が少ない。13:23の次は15:00である。
  • 香取駅から香取神宮までの徒歩30分は看板にはそのように書いてあるが多分もう少しかかる気がする。若干坂道もある。
  • 香取神宮は鹿島神宮ほどではないが境内に広さがあり、参道にお店もあるのでそれなりに見て回る物がある。また、今回は宝物館も見学した。
  • 実は当初は香取神宮参拝後は徒歩で香取駅に戻ることを考えていたが、流石に疲れたので予定を変更しバスを利用することにした。その際、16:06発の高速バス(関鉄グリーンバス)で東京駅に戻るほうが最終的に早くつくことになっており楽なのだが、時刻表を見れば分かる通り東京方面行きのバス停として最後の順番になっていて、休日の夕方最終便にあたることを考えると、(しかも朝の下り線では満席で断られている人を見ただけに)もしかして満席で乗れなかったらと思うとそっちを待つ気になれなかった。多分満席にはならないとは思うが……。
  • そういうわけで佐原循環バスとJRを使った。これは15:50に佐原駅に到着し、15:56に成田線がでてしまうので若干綱渡りになることを注意されたい。実際、信号待ちやらで少々遅れて15:54くらいに駅についたのでちょっと怖かった。もし15:56発を逃すと、次は16:58発の成田行きになる。そうなったら無駄な1時間待ちか、やっぱり高速バス使うかという判断になる。
  • 結論として公共交通機関だけで一日で回りきろうとするのはハードなので、車を使ったほうが良いんじゃないでしょうか?

HELLO WORLD

 まずここはネタバレがないことを言いますが、最高の映画です。こんな映画を公開してしまって大丈夫なのか? 早く観に行ってください。

 この下にネタバレがあることを書きます。早く観に行ってください。 あと原作小説との比較の話も含みますので読んでない人は早く読んでください。

続きを読む

Night in the Woods

 一応アドベンチャーというジャンルになるんだろうけどまあなんかこう、あまりゲームっぽくはない感じの。でもミニゲームは大量にある。猫は猫なんだけどリスはリスみたいな、リアリティラインがわからねえみたいなふわふわした感じに(メイの帽子かぶって仮装してるやつめっちゃかわいくない?)、アメリカの田舎の圧が襲いかかってくる。決して気持ちのいいゲームではなくて、それはストーリーラインにしてもそうだし挿話にしてもそうだし操作感にしてもそうで、しかももっとサクッと終わるゲームなのかと思ったら意外と長いし、でもプレイしてしまう、こう「めっちゃ面白いな」とは思ってないんだけど最後まで読んでしまう長編小説のような。最後別に、そういうのを出さなくても良かったんじゃないのとちょっと思うところはあり、出した割に色々回収されてないだろというのもある。というか正直終盤よくわからんかった。絵がきれい (メイの帽子かぶって仮装してるやつめっちゃかわいくない?) 。音楽も良い。音楽のパートが増えてくとこは楽しくて好き。

天気の子

※ネタバレあり感想

 令和最高の映画。2019年、令和元年のこの時代に、『君の名は。』大ヒットにより国民的アニメ監督の地位を獲得した新海誠が制作した作品としておよそありえない突き抜けた作品。まず銃が雑なのが最高。親の話と家出の話が雑なのが最高。空とつながったで説明が完了するのが雑なのが最高(『君の名は。』で宮水二葉の設定が最高すぎるみたいなことを言ったくせにそんなことを言うのか? 言うんだよ)。そしてこのトゥルーエンドである。ノーマルエンドでは雨が止んで平和が戻ってたという文脈が一切描写されてないのにノーマルエンドプレイ後にトゥルーエンドに進んだ感覚があるの一体何者なんだ? マルチエンディングはゲームだからできる演出ではなかったのか??? トゥルーエンドはトゥルーエンドなんで、もう色々大丈夫なんです感が強い。凪くんが良すぎる。そういうの好きなんだよ。基本的に大人たちに悪いやつがいないというのも、なんというか良くて、いや悪いやつ出す必要ないしねというのが強い。都合が良すぎる。年下の年上すき。こんなものを国民的アニメ監督が作っていいのか? いいぞ!!!

deltarune chapter 1

 神ゲーじゃないか……。

 Undertaleの続編的(続編的であって、続編ではない)ゲームの、チャプター1です。Undertaleをやったらやるべき。めちゃくちゃ楽しくなれるぞ。UndertaleをやっていないならまずUndertaleをやれ。

 公式サイトにネタバレではないトレーラーがあって、全くネタバレではなくて面白いから神で、本当にネタバレではないから安心と思いきや、動画をYoutubeで開くと右側や視聴後の関連動画のサムネイルでネタバレを食らうリスクがあるという恐怖のインターネットがあるから、絶対に何も見るな。

新生銀行の外為被仕向送金事務手数料有料化でKindle Direct Publishingは死亡するのか

結論:死亡しない。

 

 新生銀行の外為被仕向送金事務手数料は従来無料であり、神のような銀行機関だったのだが、2019年12月に有料化されることが発表された。

 そもそも私が新生銀行の口座を作った目的の半分は、2015年にAmazonのKindle本を個人が配信できるサービスであるKDPを使った際に、ロイヤリティ受け取りの口座として指定するためであった。AmazonはKDPのロイヤリティを毎月口座に振り込んでくれるが、振込が海外送金で行われるため、多くの銀行口座では手数料が数千円かかってしまい、ロイヤリティがなくなる、というか普通数千円もロイヤリティないから、マイナスになってしまう。それを回避できるリフティングチャージ無料の銀行として新生銀行を使いましょう、というのが日本のKDP界では常識であった(たぶん)。当時のメモにもそう記録していた。もう半分は某国の口座の資金を日本に引き上げたかったからで、それは別に手数料かかってもそんなに気にならないワンショットのものだったが、まあかかるよりかからないほうが良い。

 さて、その新生銀行で外為被仕向送金事務手数料が有料化されてしまうと、もしKDPのロイヤリティにその手数料(日本円の場合2,000円)がかかった場合、月に数十円とかちまちま振り込まれていたKDPのロイヤリティは、振り込まれれば振り込まれるほど口座から2,000円ずつ抜かれていくマイナスの爆弾になってしまう。新生銀行終わったなと思った。

 そう思って調べてみたら終わっていなかった。KDPのロイヤリティの振込は、2016年頃既に、日本国内の口座からの振込に切り替わっていたようである。公式ヘルプなどに記載はなく、確実なソースが見つけられなかったものの、例えば以下の記事の方はAmazon公式に問い合わせてドイツ銀行の東京支店からの振込であるという回答を得ているようだ。

Amazonからのロイヤリティ受取口座は新生銀行以外でもOK!

 あとは、自分の新生銀行の入出金明細からその事実を読み取れないかと思ったのだが、どうも読み方がわからなかったし2015年の明細はもう見られなくなっていたので比較もできず、わからなかった。

 新生銀行の手数料の改定はクソ改悪であることは間違いないけれど、KDPには影響ない。こういう情報は最初に始めるときはいろいろ調べるんだけど、その後は放置で調べないので、2016年に変わったという結構古い情報を今更になって確認することになったりする。人生とはそういうものなのでここにメモしておきます。

 

 ということで安心して読んでください。