クダンノフォークロア

 ジャンルがジャンルだけに、これはやらないとな……と思ってやり、感想も書かないとな……と思ったので書きます。「少女+百合+都市伝説」という触れ込みで、いやそれ、無理やり少女追加して3つにしたよね感がすごいのだが、そういうゲームです。百合系フォークロアADVだそうです。百合です。

 全体としては楽しめました。美術とボイスは文句無しで良い。これは実際本当に良いです。「少女+百合+都市伝説」が気になる人はやって損はないかなと思います。百合なんだよな。ただシナリオは不満な部分がいくつかあり、あんまりこういう感想文でネガティブなことを細かく書かないんだけど、楽しんだだけにいろいろ書きます。こっから先、核心には触れないけどネタバレのリスクあります。

 まず、この謳い文句でやるからにはもう少し都市伝説を掘り下げてほしかったなぁというのが第一にして最大(勝手に自分がハードルを上げすぎた感はあるんだけど……)。特に小兎に神秘学研究会部長というポジションを与えており、後半で彼女の秘密も明かされることを思えば、もっと都市伝説のうんちくを語ってほしいんだけどなと思ってしまった。神秘学研究会に入るようなマニア性、オタク感が表現されていないというか。クダンに含まれている要素をもっと詳しく分析するとかそういうのをしてほしかった。あと、都市伝説とフォークロアという用語を意図的に使い分けているみたいなことを言ってたけど、そのあたりの説明とかも欲しい。そこをさらっと流しておいて別のところで紗和子さんが普通にフォークロアって言ってたのはちょっとえーってなってしまった。一般にはあまり使われない単語をあえてフィーチャーしているのだからその定義はしっかりさせた方が良いと思うし、その内輪の定義の話を聞いてないはずの人が発声してはいけないと思う。次に、便宜上シナリオを4部構成と解釈するけど、第1部の「クダン」と第2部の「フォーチュンライン」は、ミステリとしてはそんなにという感じを受けてしまった。ちょっとアンフェア感あるし、犯人がわざわざそんな手の込んだこと事すんのかという納得感が無い(後半への布石として必要なんだろうけれども……)。このあと書く通り、第3部以降は話も面白く感じたんだけど、序盤の印象がもうちょっと良いほうがなぁと思う。最後に、これはライターの癖というか作風なんだろうけど(FLOWERS、やったことありません。やらないとな)、漢字変換が気になる。「為って」はまあ、許すとして、「佳い」はちょっと鬱陶しく感じた。気炎上げすぎだろとか微に入り細に入りすぎだろというのは作風なので別に良いです。嫌いじゃない。

 上に書いたとおり、第3部以降のシナリオは楽しめて、第3部「夜売百物語」は良かった。百物語やってるシーン好き。というか塔子さんの風呂の話ふつうに怪談として出来がよすぎると思った。意味のわからない怖さ、良い。トゥルーエンド第4部「クダン」は、ノーマルエンド2編を踏まえているからこそできる多重解決(?)的などんでん返しが心地よく、ゲームとしての構成を活かしたカタルシスがあり、非常に良かった。というかノーマルエンドはミステリ的には最後「は?」ってなるんだけど、あれは最後にあるはずのどんでん返しがない状態と解釈すると遡及的に許せる感じになったのかなと。トゥルーエンドの最後は百合的にどうなんだというのは審議が必要そうだけど(カップリング信仰に囚われるな!)、まあそれも良いんじゃないかと思いました。

 OP、曲もムービーもかっこよくて良いです。EDの歌はなんか違う感が……。

 キャラクターも良かったと思う。塔子さんのビジュアルとボイスの相性が非常に良く好き(石見舞菜香さん、『さよ朝』ですごいなと思ったけど、すごい)。末永くレンゲに小さいラーメンを作ってくれ。小兎は前述の通りもっとオタク感を出してほしかったけど、基本このギャップ萌えの権化みたいな感じ好き。朔夜との掛け合いもよし。百合なんだよな。あと、フォークロア語りの影絵の双子好き。あいつら最後どうなったん?

2018年買ってよかったもの

 アフィブログなので商品の紹介をします。

 この冬、ガウンタイプの着る毛布と併用すると捗るぞ。

 すごいなんというか、味がする。

 なんかセールのときにノリで買ったんだけど、結構良かった。30秒ごとに震えて上下左右2分で1セット終わるようにガイドしてくれるのが良い。歯磨きめんどくさいけど2分って言われたらまあ2分ならやったるかという気持ちになる。スマホ連携はめんどくさいからやってません。じゃあもう一個下のモデルで良かったんじゃないか?

 今年の夏は異様にやつが多く出没したので重宝した。ゴキジェットとかの殺虫剤より制圧力は弱いけど、単に氷なので食卓周りでも遠慮なく噴射できるから、その分を加味すると殺虫剤より良い。贅沢に使って倒せばいい。

 新生児をあやすのに最強。

 これもセールのときに買った。剃れる。剃れまくるのでプレシェーブローション使ってる。

 まあFire HD8はタブレットとしてはゴミみたいなもんだけど安いしこの袋で防水化して風呂でアニメ見たりするのに使ってる。結局タブレット市場が全然盛り上がってなくて、それなりなスペックでそれなりな価格の防水タブレットってあんまないんですよね。

 カメラとしてこれくらいの大きさじゃないと手軽に撮れない感じになってきた。最近は娘の写真しか撮ってません。

 ロングフライト三種の神器。耳栓は前から使ってたけど、今年は結構長距離が多くて装備を増強した。ネックピローは多分ビーズクッションタイプのやつとかのほうが良いのあるとは思うんだけど、どうしても邪魔になるのでこの膨らますやつがバランス型だと思う。あとこのアイマスク結構良くて、目に直接あたらないので、布のぺたっとしたやつより眠りやすい気がする。これ三つ装備したら結構寝れます。10時間超えフライト乗り継ぎ2連とか、寝ないとやってられん。

肩凝りを殲滅する

(タイトルはリスを実装するのパロディです)(リスを実装するは読んだことありません)

 物心ついて以来ずっとというかこの世に生を受けて以来ずっとというか前前前世からずっと肩凝りに悩まされており、八千年過ぎた頃からPC作業や加齢も相まって危機的状況となって、ひどいときは眠るときに鎮痛剤を飲むようになっていたが(私はパナドールを信頼している)、これはまずいと肩凝りを殲滅することにし、多少の効果は得られているように思われるので、殲滅活動の内容をここに記録する。ところで自分の場合、そもそも肩凝りの原因はおそらく視力の問題と姿勢の問題が大きく、特に姿勢については肩凝りを改善するためにまずは姿勢を直せと世に広く言われているのは百も百合も承知なのだが、基本的にそれは無理なので、とうに諦めたので、姿勢は直らないものとして扱う。立っているものは倒れる、吊っているものは落下する、姿勢は直らない。ご安全に。肩凝りがひどいというとすぐ姿勢を直せとかいう正論ハラスメントをぶつけてくる心無い輩がいるが、やめてほしい。無理なものは無理。姿勢を直す心がけみたいなやつは三分しか続いた試しがないが以下についてはとりあえず一ヶ月以上続いているのでそういうことだと思って受け入れてほしい。

 まずは以下を購入した。

 この商品が特に優れているのかどうか知らないし3kgが適切なのかどうかも謎である。多分筋トレとしては軽すぎるのだろうが筋トレが目的じゃないから別に良いだろう。ともかく何かを購入したという事実が重要なのと、ピンク色でうるさいので部屋においてあると目につくため、これらの要素が継続を助ける。で、このダンベルで、以下をやる。

 この動画に特に優れている点や思い入れなどは無いが、日本人の筋肉ユーチューバーみたいなのの動画だと喋りがうるさいことが多いのでこれくらいのほうが良い。というか一回見たら内容はわかるから何度も視聴する必要はまったくない。回数が適切なのかわからないがとりあえず1日50回くらい上げ下げしている。

 次にいわゆる肩甲骨はがし的なものをやる。肩甲骨はがしというワードはバズりすぎており絶対に使いたくないが背に腹は代えられないというか肩に腹は代えられない。

 とりあえず以下を朝晩やっている。

肩こりによく効く体操【完全版】

 この画像の良いところは漫画にやたら眼がギョトギョトした気持ち悪い顔がついていないことである。いずれにせよ一回見たら内容はわかるから何回も見る必要はまったくない。

 また、この動画のやつも朝晩気が向いたときにやっている。

 この動画の良いところは笑顔です。しかし残念ながら一回見たら内容はわかるから何回も見る必要はまったくない。

 以上を一ヶ月くらいやったらとりあえず鎮痛剤は要らなくなり、大量購入したパナドールとタイレノールの在庫が余っている。今後は肩自体を取り外し将来的には肉体を廃棄する等の活動を目指していく。

将棋ウォーズ初段になった!!

 将棋はじめてから2年半、1級になってから1年半たちました。始めてから1級なるまでの勢いとかはなくなってきて、勉強量も減ってましたが、しかしそんな中で今年度は将棋界がめちゃめちゃ盛り上がった年だったのでそこでモチベとかも維持されたりしてよかった。

 前みたいな集計とかは大変なのでやりませんが、将棋ブームのおかげか結構検索で将棋の記事が読まれているようなきがするので、今一度オススメのアプリとか本とかを記録しておきます。

続きを読む

さよならの朝に約束の花をかざろう

 この映画は良かったです。ネタバレはしたくないので、見てない人は早く劇場に行ってください。予告編も見なくていい。

 中身は何を言ってもネタバレ感あるしメタ的な感想を言います。まずなにより、地雷原の中をかなりのバランス感覚で歩いたのかなと思います(それでもなお被害者はいそうだけどな)。見てる途中ずっとあった感想として、「映画だな」というのがあって、いや映画だよと思ってじわじわきてしまった。ただ、なんか、日本のアニメ映画っぽくなさ、があったと思います。日本のアニメ映画そんな見てないから知らんけど。なんかこうディズニー感というかピクサー感というか。ディズニーもピクサーもそんな見てないから知らんけど。まあそんな感じで構成とか各人物像とかすごく良く出来てるなという印象で、パワーを感じました。適当過ぎる感想しかかけねえ。とりあえず見に行ってくれ。

BLADE RUNNER 2049

 めっちゃよかったですね。こういう復刻続編モノ一般にあまり期待できないけど、これは良かった。ハリソン・フォードもええやん。

 生殖の話とか、画面ほどSFらしくない象徴の話が結構あるんだけど、しかしそれはある意味で原作電気羊の方に近づいている感じもするんですよね。そのへんよくやっているのかもしれない。