Observation

公式サイト

 SFスリラーゲームということになっている。 低軌道宇宙ステーションObservationを舞台に、何らかの事件が起きて主人公が意識を取り戻すと、ステーションの電力が低下、地上との通信が途絶し、他のクルーとも連絡が取れない……という状況で謎を解いていくアドベンチャーゲームなのだが、プレイヤーが操作するのは主人公(?)の宇宙飛行士Emma Fisher、ではなく、宇宙ステーションの管理AI・SAMだというのがこのゲームのポイントです。AIになってEmmaを助けるためにハッチを開けたり閉めたり故障したシステムを復旧させたりする。ゲーム開始時点でSAMは機能の大部分が使えない状態だし、メモリーコアの大部分を損傷していてなぜこのような状況に陥ったのかもわからない。しかしどうやらSAM自身もこの事象に大きく関わっているらしいと段々わかってくるという趣向。『2001年宇宙の旅』にインスパイアされた作品であることが制作側から明かされており、確かにSAMのポジションはHAL9000的であるし、他にも明らかに『2001年』オマージュ的な要素も登場する。

 ゲームとしてはクソだるいと言わざるを得ない。管理AIであるSAMは、基本は宇宙ステーションを構成する各モジュールに2、3個ついているカメラを操作して、パンし、ズームし、ラップトップであったりハッチのコントローラーであったりに接続してそれらを操作していく。しかしその接続というのがなぜか数字3桁を入力するという謎操作であったり、ハッチがロックされているときは回路図のグリッドを表示して別途入手しておいたコードの通りになぞる、とか、挙げ句の果てには特に説明無く磁力を調整して核融合炉を安定させろとかいう無茶ぶりを受けることになる。超高度AIも実はこんな地味な手探り作業をしていたのか……。次に何をしろみたいなミッションは画面に表示されるのだが、●●に向かえと言われてもそれがどこにあるのかわからなかったり、必要な操作対象がかなり見つけにくいところにあったり等、不親切さにより過剰に難易度が高いと言わざるを得ない場面もいくつかあった。

 しかし、そのゲームのだるさをしてなお、この作品はともかくかっこいい。まず上記のトレイラー見たらわかると思うけれど、グラフィックのクオリティが非常に高く、作り込まれた宇宙ステーションの内部をノイズ混じりのカメラ越しに見る没入感は半端なものではない。演出のかっこよさも抜群で、映画みたいなクオリティがある。声優のクオリティも高い。SF系の映画、それこそ古典では 『2001年宇宙の旅』 、わりと最近ので言えばゼロ・グラビティ(Gravity)とかインターステラーとか好きな人は、やるべきです。ゲームはだるいけど。ゲームは本当にだるい。

Dark Souls III

 そうさね。

 参加している文芸同人ねじれ双角錐群において、群員(群員?)にやたらフロムゲー好きな人が多くてよくソウルライクどうこうみたいな話になるけど(文芸同人なのでいつもゲームの話をしている)ソウルライクって言うけどそもそもダークソウルやったことないんですよねと言った瞬間激しい布教を受けて(文芸同人なのでいつもゲームの話をしている)プレイしました。とりあえず3がおすすめという話になり、1からやらないとストーリーわからんとかはないんですか、と問うと、どっちにしろストーリーはよくわからないので大丈夫という信頼できそうな情報が得られたので(文芸同人なのでいつもゲームの話をしている)普通に3からやりました。

 面白かった。ちょうどいい歯ごたえで難易度が高く、探索が楽しく、ボスが強く、練習して勝つスタイルで、装備やビルドの幅で何度も遊べる(遊べそう。今はとりあえずDLC含めて一通り一周目をクリアした状態)。ストーリーは確かによくわからないけど雰囲気がかっこよすぎる、テキストがいちいち良い。言い回しがめっちゃ気に入ってしまう。パリィして騎士を殺すのが楽しすぎる。苦労したボスはサリヴァーン、無名の王、爺でした。サリヴァーンが一番かっこよかったな。好きなNPCは火守女とヨルシカです。

Outer Wilds

ネタバレ要素ゼロの感想

 超スーパーウルトラ面白名作神ゲームです。ネタバレ要素ゼロで言います。今すぐ買え。STEAMでは7月10日までのスペシャルプロモーションで33% OFF。他にPS4Xbox Oneでも遊べる。急げ!!!!!

ネタバレを避けた感想

 ネタバレを避けて感想を語ることがほとんど不可能に近いゲームだと言えると思います。ゲームを通して体験する、知っていく、という、探索、発見、試行錯誤、そういう楽しみに溢れたゲームです。そして大宇宙、大冒険、エモい、音楽が良い、SF、最高のゲームです。無理矢理ジャンルを当てはめるならば、3Dアクションアドベンチャーゲームか? いや、なんかそういうジャンル名がつかないゲームであり、それがすごさなわけです。

 ここに少しだけ書いておくゲームの状況というか、ストーリーについても、説明ではなくて自然に、ゲームの冒頭部分をプレイすると理解できるようになっています。だから、ネタバレとまでは言えないゲームの設定の説明なんだけど、それでもこんな説明は読まずにプレイした方が早いし、それが本来の作品の想定です。今すぐ買って起動しろ。

 主人公はHearthianという四つ目で青い肌をした人型の種族。HearthianのOuter Wilds Venturesという組織は、この恒星系の歴史と謎を解明するために、探査艇に乗って他の惑星をめぐり調査を進めている。かつてこの恒星系には、Nomaiという三つ目の種族が存在していたようで、各地にその遺跡が見つかっている。彼らの優れた科学技術について調べるのもOuter Wilds Venturesの目的の一つだ。主人公は今日がパイロットとしてのデビューの日。初めて宇宙に出る日である。さらに主人公は、Nomaiの残した文書を解読する翻訳装置を手にして初めて宇宙に乗り出すという大役も任せられている。さて、母星である『木の炉辺』を飛び立った君は、まずはどの惑星を目指そう。砂が流れ落ちる『砂時計の双子星』か、水に満ちた『巨人の大海』か、崩れ落ちていく『脆い空洞』か、窺い知れない内部を持つ『闇のイバラ』か、あるいは謎の彗星『侵入者』か。いや、まずは『木の炉辺』の小さな衛星、『アトルロック』に行ってみるのも良いかもしれないし、母星の『木の炉辺』自身にだって、調べがいのあるNomaiの遺跡はある。探査船にのって出発した瞬間から君は自由で、この広い宇宙のどこへだって行ける。どこから探索を始めてもいい。あるいは探査船にのって出発することすらせず、焚き火の前でマシュマロを焼き続けていたっていい。

 ただし、これはまだみんなが知らないことだけれど、この恒星系の太陽は、もうすぐ寿命を迎える。二十二分後に太陽は超新星爆発を起こし、この恒星系は滅んでしまう。

 太陽の超新星爆発に飲み込まれた君が、次に目覚めるのは、パイロットとしてのデビューの日。君はなぜか、この二十二分間を無限にループし続ける羽目に陥った。

核心的なネタバレを避けた、多少ネタバレあり感想

 ここからは未プレイの人は読まないことを強く推奨します。核心的なネタバレは書かないが(ので途中までプレイして詰まっているくらいの人なら読んでも大丈夫。読まない方が良いとは思うけれども) 、まずはこのゲームを体験してからにして欲しい。早く買え。あと、Portalの話とUndertaleの話もちょっとしているので、両作品が未プレイの人はそれらもすぐやった方が良い(Outer Wildsは、それらのタイトルに並ぶ名作ゲームだと思った)。

 ネタバレ注意のスペース確保要因で、プレイ中の自分のツイートを貼っておきます。

続きを読む

Minoria

 MomodoraシリーズのゲームスタジオBombserviceの作品で、Momodoraシリーズの「スピリチュアルサクセサー」らしい。自分はMomodoraシリーズはMomodora RUtMしかやってないけど、実際プレイ感は近い。メロトイドヴァニア風のアクションゲームで、HP制なんだけど例によって雑魚キャラの攻撃で半分くらいもっていかれたりするので死にながら頑張って上達していくやつ。基本ゴリ押しでは勝てないのでしっかり回避していかないといけない。ただ前作よりは難易度下がった感じがある。まだ一周+おまけボスまでしかやってないけど。今回は回避に加えてパリィのカウンター攻撃が重要かつ爽快で、敵の攻撃を見切ってパリィで薙ぎ倒していく進み方が癖になる(そしてミスって即死)。キャラもなんか角娘(あれは枝か)のお姫様をはじめとして良いのが多いですね。ストーリーは例によってなんか闇を感じさせるが結局ハッキリ語られないのでいまいちわからない雰囲気なところがある。Momodora RUtMのドット絵の雰囲気も好きだったけどこれも良くて、オススメのゲームです。

Night in the Woods

 一応アドベンチャーというジャンルになるんだろうけどまあなんかこう、あまりゲームっぽくはない感じの。でもミニゲームは大量にある。猫は猫なんだけどリスはリスみたいな、リアリティラインがわからねえみたいなふわふわした感じに(メイの帽子かぶって仮装してるやつめっちゃかわいくない?)、アメリカの田舎の圧が襲いかかってくる。決して気持ちのいいゲームではなくて、それはストーリーラインにしてもそうだし挿話にしてもそうだし操作感にしてもそうで、しかももっとサクッと終わるゲームなのかと思ったら意外と長いし、でもプレイしてしまう、こう「めっちゃ面白いな」とは思ってないんだけど最後まで読んでしまう長編小説のような。最後別に、そういうのを出さなくても良かったんじゃないのとちょっと思うところはあり、出した割に色々回収されてないだろというのもある。というか正直終盤よくわからんかった。絵がきれい (メイの帽子かぶって仮装してるやつめっちゃかわいくない?) 。音楽も良い。音楽のパートが増えてくとこは楽しくて好き。

deltarune chapter 1

 神ゲーじゃないか……。

 Undertaleの続編的(続編的であって、続編ではない)ゲームの、チャプター1です。Undertaleをやったらやるべき。めちゃくちゃ楽しくなれるぞ。UndertaleをやっていないならまずUndertaleをやれ。

 公式サイトにネタバレではないトレーラーがあって、全くネタバレではなくて面白いから神で、本当にネタバレではないから安心と思いきや、動画をYoutubeで開くと右側や視聴後の関連動画のサムネイルでネタバレを食らうリスクがあるという恐怖のインターネットがあるから、絶対に何も見るな。

Undertale

 何故か2019年にもなってやったのですが(しかもSteamでギフトでもらったのをかなり長い間積んでおいたというクソカス)、やった瞬間に手のひらを返すことになり、ともかく最高のゲームなので全人類がやるべきです。一応一通りのルートをやったのですが(しかし細かい要素は多分まだ拾えてないから、まだ周回しないと…)、最後にやったルートは難易度がヤバすぎて、というかこのゲーム結構人気あるというか色んな人がおすすめしてたと思うんだけど、あの人らカジュアルにこの難易度クリアしたのか?とメチャクチャやばい気持ちになってしまいました。キーボードでやるようなゲームではないと思ったのでゲームパッドがほしいです。

 このゲームはゲーム体験が非常に重要な作品なので、ネタバレを一切避けるべきです。僕もネタバレを避けるべきだという事前情報だけを得ていたので、それ以外の事前情報は得ないようにしてプレイしましたし、今考えるとギフトでもらったのもその意味で正しく、本当に感謝しています(Steamのストアページの動画とか、これ見せないほうがいいだろ)(そしてそのギフトを積んでおいたクズ)。なんかサントラの曲名でもネタバレになるとか、Youtubeのサムネでもネタバレになるとかいうくらい地雷原らしいので、ともかく何も検索するべきではありません。なのでここにも感想が書けません。苦行!

 いまSteamでサマーセール?か個別のセールかわかりませんが7/10まで60%オフみたいなので、何も見ないように決済してプレイしてください。というか知り合いの方でPCでやる気がある方は僕がギフトで贈ります。頼むからやってくれ。あとPS4とSwitch版もあるらしいです。やれ。

クダンノフォークロア

 ジャンルがジャンルだけに、これはやらないとな……と思ってやり、感想も書かないとな……と思ったので書きます。「少女+百合+都市伝説」という触れ込みで、いやそれ、無理やり少女追加して3つにしたよね感がすごいのだが、そういうゲームです。百合系フォークロアADVだそうです。百合です。

 全体としては楽しめました。美術とボイスは文句無しで良い。これは実際本当に良いです。「少女+百合+都市伝説」が気になる人はやって損はないかなと思います。百合なんだよな。ただシナリオは不満な部分がいくつかあり、あんまりこういう感想文でネガティブなことを細かく書かないんだけど、楽しんだだけにいろいろ書きます。こっから先、核心には触れないけどネタバレのリスクあります。

 まず、この謳い文句でやるからにはもう少し都市伝説を掘り下げてほしかったなぁというのが第一にして最大(勝手に自分がハードルを上げすぎた感はあるんだけど……)。特に小兎に神秘学研究会部長というポジションを与えており、後半で彼女の秘密も明かされることを思えば、もっと都市伝説のうんちくを語ってほしいんだけどなと思ってしまった。神秘学研究会に入るようなマニア性、オタク感が表現されていないというか。クダンに含まれている要素をもっと詳しく分析するとかそういうのをしてほしかった。あと、都市伝説とフォークロアという用語を意図的に使い分けているみたいなことを言ってたけど、そのあたりの説明とかも欲しい。そこをさらっと流しておいて別のところで紗和子さんが普通にフォークロアって言ってたのはちょっとえーってなってしまった。一般にはあまり使われない単語をあえてフィーチャーしているのだからその定義はしっかりさせた方が良いと思うし、その内輪の定義の話を聞いてないはずの人が発声してはいけないと思う。次に、便宜上シナリオを4部構成と解釈するけど、第1部の「クダン」と第2部の「フォーチュンライン」は、ミステリとしてはそんなにという感じを受けてしまった。ちょっとアンフェア感あるし、犯人がわざわざそんな手の込んだこと事すんのかという納得感が無い(後半への布石として必要なんだろうけれども……)。このあと書く通り、第3部以降は話も面白く感じたんだけど、序盤の印象がもうちょっと良いほうがなぁと思う。最後に、これはライターの癖というか作風なんだろうけど(FLOWERS、やったことありません。やらないとな)、漢字変換が気になる。「為って」はまあ、許すとして、「佳い」はちょっと鬱陶しく感じた。気炎上げすぎだろとか微に入り細に入りすぎだろというのは作風なので別に良いです。嫌いじゃない。

 上に書いたとおり、第3部以降のシナリオは楽しめて、第3部「夜売百物語」は良かった。百物語やってるシーン好き。というか塔子さんの風呂の話ふつうに怪談として出来がよすぎると思った。意味のわからない怖さ、良い。トゥルーエンド第4部「クダン」は、ノーマルエンド2編を踏まえているからこそできる多重解決(?)的などんでん返しが心地よく、ゲームとしての構成を活かしたカタルシスがあり、非常に良かった。というかノーマルエンドはミステリ的には最後「は?」ってなるんだけど、あれは最後にあるはずのどんでん返しがない状態と解釈すると遡及的に許せる感じになったのかなと。トゥルーエンドの最後は百合的にどうなんだというのは審議が必要そうだけど(カップリング信仰に囚われるな!)、まあそれも良いんじゃないかと思いました。

 OP、曲もムービーもかっこよくて良いです。EDの歌はなんか違う感が……。

 キャラクターも良かったと思う。塔子さんのビジュアルとボイスの相性が非常に良く好き(石見舞菜香さん、『さよ朝』ですごいなと思ったけど、すごい)。末永くレンゲに小さいラーメンを作ってくれ。小兎は前述の通りもっとオタク感を出してほしかったけど、基本このギャップ萌えの権化みたいな感じ好き。朔夜との掛け合いもよし。百合なんだよな。あと、フォークロア語りの影絵の双子好き。あいつら最後どうなったん?

将棋ウォーズ初段になった!!

 将棋はじめてから2年半、1級になってから1年半たちました。始めてから1級なるまでの勢いとかはなくなってきて、勉強量も減ってましたが、しかしそんな中で今年度は将棋界がめちゃめちゃ盛り上がった年だったのでそこでモチベとかも維持されたりしてよかった。

 前みたいな集計とかは大変なのでやりませんが、将棋ブームのおかげか結構検索で将棋の記事が読まれているようなきがするので、今一度オススメのアプリとか本とかを記録しておきます。

続きを読む

VA-11 Hall-A

日本語版公式サイト

 これは神ゲーなのでやっていない哀れな人類がいるとしたら今すぐやったほうが良いです。サイバーパンクバーテンダー百合アクション。サイバーパンクかバーテンダーか百合が好きな人は向いていると思います。アクションは知らん。あと別に百合かというとよくわからん(でも2日目の自宅に帰ったときの感覚で百合を確信する感じを忘れないでほしい)。バーテンダーも別に関係ない気がしてきた。

 カクテル作る作業途中で飽きるっていうのはあると思います。作業ゲーにしてもPapers, pleaseみたいに要素が増えたりとかそういうのないし。まあ雰囲気で良いんじゃないでしょうか。

 ドロシー好き。