劇場版 少女☆歌劇 レヴュースタァライト

 以降ネタバレを含む。

続きを読む

アナイアレイション -全滅領域- (Annihilation)

 原作と完全別物だった。1巻しか出てない段階で作ったらしいから(なぜ1巻しか出てない段階で作った?)まあ別物にならざるを得ないとは思うし、そもそも映像化するにはかなり作り替える必要がある小説だと思うけど、そうはいっても解釈違いポイントが多いなぁと思った。で、別物として見たときには、映画とするとこれが良いよねという感じでまあまあ面白かった。火噴くとこはちょっと笑ってしまった。ラストシーン良い。

TENET

 なるほどね。

 ネタバレしたくないしそもそもよくわかってないからなんとも言えないけど、すごい作品だった。でもこれ企画書のレベルだとすごさが伝わらなさそうというか、ノーラン作品ですと言われなかったらボツにされそうなぶん投げだし、ツッコミどころありまくりだし、でもノーラン作品だしすごいからすごかった。

HELLO WORLD

 まずここはネタバレがないことを言いますが、最高の映画です。こんな映画を公開してしまって大丈夫なのか? 早く観に行ってください。

 この下にネタバレがあることを書きます。早く観に行ってください。 あと原作小説との比較の話も含みますので読んでない人は早く読んでください。

続きを読む

天気の子

※ネタバレあり感想

 令和最高の映画。2019年、令和元年のこの時代に、『君の名は。』大ヒットにより国民的アニメ監督の地位を獲得した新海誠が制作した作品としておよそありえない突き抜けた作品。まず銃が雑なのが最高。親の話と家出の話が雑なのが最高。空とつながったで説明が完了するのが雑なのが最高(『君の名は。』で宮水二葉の設定が最高すぎるみたいなことを言ったくせにそんなことを言うのか? 言うんだよ)。そしてこのトゥルーエンドである。ノーマルエンドでは雨が止んで平和が戻ってたという文脈が一切描写されてないのにノーマルエンドプレイ後にトゥルーエンドに進んだ感覚があるの一体何者なんだ? マルチエンディングはゲームだからできる演出ではなかったのか??? トゥルーエンドはトゥルーエンドなんで、もう色々大丈夫なんです感が強い。凪くんが良すぎる。そういうの好きなんだよ。基本的に大人たちに悪いやつがいないというのも、なんというか良くて、いや悪いやつ出す必要ないしねというのが強い。都合が良すぎる。年下の年上すき。こんなものを国民的アニメ監督が作っていいのか? いいぞ!!!