TENET

 なるほどね。

 ネタバレしたくないしそもそもよくわかってないからなんとも言えないけど、すごい作品だった。でもこれ企画書のレベルだとすごさが伝わらなさそうというか、ノーラン作品ですと言われなかったらボツにされそうなぶん投げだし、ツッコミどころありまくりだし、でもノーラン作品だしすごいからすごかった。

HELLO WORLD

 まずここはネタバレがないことを言いますが、最高の映画です。こんな映画を公開してしまって大丈夫なのか? 早く観に行ってください。

 この下にネタバレがあることを書きます。早く観に行ってください。 あと原作小説との比較の話も含みますので読んでない人は早く読んでください。

続きを読む

天気の子

※ネタバレあり感想

 令和最高の映画。2019年、令和元年のこの時代に、『君の名は。』大ヒットにより国民的アニメ監督の地位を獲得した新海誠が制作した作品としておよそありえない突き抜けた作品。まず銃が雑なのが最高。親の話と家出の話が雑なのが最高。空とつながったで説明が完了するのが雑なのが最高(『君の名は。』で宮水二葉の設定が最高すぎるみたいなことを言ったくせにそんなことを言うのか? 言うんだよ)。そしてこのトゥルーエンドである。ノーマルエンドでは雨が止んで平和が戻ってたという文脈が一切描写されてないのにノーマルエンドプレイ後にトゥルーエンドに進んだ感覚があるの一体何者なんだ? マルチエンディングはゲームだからできる演出ではなかったのか??? トゥルーエンドはトゥルーエンドなんで、もう色々大丈夫なんです感が強い。凪くんが良すぎる。そういうの好きなんだよ。基本的に大人たちに悪いやつがいないというのも、なんというか良くて、いや悪いやつ出す必要ないしねというのが強い。都合が良すぎる。年下の年上すき。こんなものを国民的アニメ監督が作っていいのか? いいぞ!!!

さよならの朝に約束の花をかざろう

 この映画は良かったです。ネタバレはしたくないので、見てない人は早く劇場に行ってください。予告編も見なくていい。

 中身は何を言ってもネタバレ感あるしメタ的な感想を言います。まずなにより、地雷原の中をかなりのバランス感覚で歩いたのかなと思います(それでもなお被害者はいそうだけどな)。見てる途中ずっとあった感想として、「映画だな」というのがあって、いや映画だよと思ってじわじわきてしまった。ただ、なんか、日本のアニメ映画っぽくなさ、があったと思います。日本のアニメ映画そんな見てないから知らんけど。なんかこうディズニー感というかピクサー感というか。ディズニーもピクサーもそんな見てないから知らんけど。まあそんな感じで構成とか各人物像とかすごく良く出来てるなという印象で、パワーを感じました。適当過ぎる感想しかかけねえ。とりあえず見に行ってくれ。

BLADE RUNNER 2049

 めっちゃよかったですね。こういう復刻続編モノ一般にあまり期待できないけど、これは良かった。ハリソン・フォードもええやん。

 生殖の話とか、画面ほどSFらしくない象徴の話が結構あるんだけど、しかしそれはある意味で原作電気羊の方に近づいている感じもするんですよね。そのへんよくやっているのかもしれない。

Dunkirk(ダンケルク)

 よすぎた。

 なんか構成がすごいらしいという前情報しかないままに見たが、なんか構成がすごかった。え、良すぎる、って言いながら固まってた。で構成はすごいのだがそれが実験ですみたいな感じで終わらず、大成功していた。空編の最後のシーンが最後の方に来るの本当に素晴らしい。