『WORK フォーワン』 グローバルエリート

 第三十二回文学フリマ東京の新刊。BOOTHにて入手。今この記事を書くときに見たら残り1点ってなってた。急げ。(BOOTHってなんか残り1になったら急に表示するよね? 謎仕様だよな)

 全体的に良かったのですが、特に特に『シトラスの隠れ香』と『フォーワン』がめちゃめちゃ良く、めちゃめちゃ良い……となってしまいました。日曜の夜の虚無を忘れさせてくれる、明日からも圧倒的に成長しようという勇気をもらいました。

『フリシュア!』元壱路

 マジでどこに向かってるのか分からない超特急だった。いやこれどうするんだよっていう、シュールで理不尽で好き。

『機械仕掛けのジャンボ』零F

 ちりばめられたパーツの雰囲気が良いですね。双頭少女が好き。鍵の使い方とか、警官の武装とかもSF感と時代感を上手く混ぜてて良かった。

『希望の光は真っ直ぐ飛ぶか』架旗透

 VR技術展示会で光と闇の戦いが始まる(?)という現代的題材で、でもVRとかにちょっと奇想を混ぜていくくらいは割と誰でもやるところ、本作の混ぜ方は(あまり直球のネタバレをしたくないので書かないけど)独自色があってよかった。配置されたキャラクターたちもなかなか癖がある。

『シトラスの隠れ香』ところてん

 これは自分としては本書ナンバーワンの作品でした。仕事に打ち込む主人公と天才インフルエンサー高校生、双方の情熱と強さと弱さ(弱さがポイントだ……)。お仕事百合小説! 香水の詳細な設定というか現実の情報とこのVR香水の設定の重ね方から活かし方も見事すぎて興奮してしまった。本当に良かったです。

『フォーワン』髙座創

 魂を打ち込んで書いたことが明らかに分かってしまうタイプの熱を感じる小説。めちゃめちゃ熱い。忘れていた青春ジュブナイル的な回路が呼び覚まされてしまうし、でも大人の読者としての読み方もできて、ともかく熱くなれる。表題作に相応しい最高の小説だし表紙イラストも最高。

『忘れ物はなんですか?』(遺失物管理委員会活動日誌シリーズ) ソルト佐藤

 エア文フリ? 的に? BOOTHにて配信されているのを入手。遺失物管理委員会活動日誌シリーズとして5まで出ており、まとめて読みました。

  1. 忘れ物はなんですか? – salt-satou – BOOTH
  2. そのノートは、いつ落とされた? – salt-satou – BOOTH
  3. 雨上がりに傘は、何本届けられた? – salt-satou – BOOTH
  4. 落とし物のお値段はどのくらい? – salt-satou – BOOTH
  5. それはどこで落とされたの? – salt-satou – BOOTH

 遺失物管理委員会を舞台に、「ヘンテコ本格(?)ミステリ」を自称し、犯人や動機ではなく、落とし物が何か、落とし物がいつ落とされたのか、何本落とされたのか、落とし物の価値はいかほどか、どこで落とされたのか……というひねった謎解きをするミステリ。5が新刊っぽい。やりたいトリック(など)のためにもろもろのご都合が無理矢理ついてくるタイプの話が好きなので、変な事件とか変な委員会が出てくるのが良くて、特に5のネタが笑った。あと毎回最初の登場人物紹介のパートが賑やかで楽しい。がんばれカツミ。

『さかなとり:「魚怪類」テーマアンソロジー』鳥原継接・空木賢一・寒川ミサオ

 たぶん第八回文学フリマ大阪の新刊の、Kindle版。「魚怪類」がテーマのアンソロジー。怪しい作品が四本。楽しめました。

 ところで気づいてしまったのですがKindle for PC(Windows)で表示すると、なんか下が2文字文ほど見切れる。Kindle(端末)とAndroidだと問題なく読めた。

『水のない水槽で』鳥原継接

 死体を捨てに行く系の百合! からの不穏! これは序盤からの転換っぷりがめっちゃ良くて楽しかったです。序盤、ああまあそういう感じねって舐めて掛かってたら返り討ちにされた気分で、すごい良かった。

『継承』空木賢一

 ババロリだ! 師弟関係とその繰り返し、継承される業は脳に良いんですよ……。若干なんだろう、時代がかった感じ?を感じる徹底された文体も良い。Bloodborneやりたい。

『おさかな天国の侵略』鳥原継接

 は? 意味が分からないが気持ち悪い!(褒め言葉) 迫ってくるものがある。不穏描写が良すぎる。

『海蝕の日』寒川ミサオ

 なんかすごい力作だ。正直登場人物たちが何者なのかよく分からないまま読み進んでいくんだけど、まあ何者かよく分からんけどバトル熱いからいっか、ってなる。

pixivFANBOXを作った

sasaboushi|pixivFANBOX

 作りました。なんか進捗とかを……こう……報告する用途にします。報告する進捗を作っていきたいね。あと賑やかしのために『ハレの日の茉莉花』のメイキング、じゃないが、こういう意図の構成なのですという記事も書いたので、良かったら読んでください。よろしくお願いします。

『フワつく身体』 すと世界

 Text-Revolutions Extra2で入手BOOTHでも通販しているそうです。

 時代の節目に改めて平成を問い直すミステリー、というコピーですが、本当にそれです。平成の話。舞台は渋谷。1997年の女子高生の日記と、2017年で事件を追う警察官の話が並行して展開する。自分は氷河期世代からは外れてますが渋谷には多少は縁もあり、すっと入り込んで来ました。というかノワールミステリーとして小説のクオリティが高い。情報が不気味に繋がっていく感じとかすごく良い。キャラも魅力的。とても分厚い本ながらどんどん読んでしまった。テキストの使い方も良くて、この使い方や圧力は同人小説ならではかもしれないすごさ。オススメの一冊でした。

アナイアレイション -全滅領域- (Annihilation)

 原作と完全別物だった。1巻しか出てない段階で作ったらしいから(なぜ1巻しか出てない段階で作った?)まあ別物にならざるを得ないとは思うし、そもそも映像化するにはかなり作り替える必要がある小説だと思うけど、そうはいっても解釈違いポイントが多いなぁと思った。で、別物として見たときには、映画とするとこれが良いよねという感じでまあまあ面白かった。火噴くとこはちょっと笑ってしまった。ラストシーン良い。

『全滅領域』『監視機構』『世界受容』(サザーン・リーチ) ジェフ・ヴァンダミア 酒井昭伸 訳

 良い小説だ……。

 神ゲー『CONTROL』が影響を受けているという話(たとえばこの記事)を聞いて読みました。確かに人物造形とか空気感で影響を受けている部分がかなりあるんだろうなと思いつつ、「CONTROLが影響受けてる」と聞いて想像した内容とは全く別物で、逆にCONTROLのゲームとしての組み立てはすごいなと思った。というか直球的なものはControlという単語(意味は全然違う)、局長Directorという役職(位置づけは全然違う)、あとはサザーン・リーチの局舎(どこでも入れる清掃員っていうので笑ったけど)あたりに見いだせなくもないという程度で、むしろそれで結びつけるのはこじつけ感があって、前述のインタビューで明言されてなかったら言うほど繋がり無いでしょと思ったかもしれないくらい。インスパイヤですとか言って直球に意匠をパクってしまう自分をめちゃめちゃ反省した。

 ともかく不穏で、良く意味は分からないのだけれど、大自然、不穏な描写、狂気、でもその感情……説明できないな。なんかよく分からないけれどすごいし良い小説。全滅領域はなんだこれどうなるんだという導入、監視機構はともかくコントロールがもがく感じが良くて、生物学者が良くて、世界受容はコントロールとゴーストバードの互いの視線が良くて、灯台守とグロリアが良くて、グレイスもめちゃ良くて、まあ全部良かった。あとこれドッペルゲンガー百合小説だよな。おすすめです。

『冬眠世代』蜂本みさ

掲載ページ: 蜂本みさ「冬眠世代」 | VG+ (バゴプラ) (virtualgorillaplus.com)

 すごく好きな短編小説。後述するKaguya Planetの今までの掲載作品の中でも自分としては一番好きでイチオシ。けど何が良いのか表現しづらい! クマの冬眠、擬人化モノで冬眠するやつとしないやつでこうちょっとディストピアなのかな、とか思ったら夢の話で重層感・幻想感が出てきて、最後はきれいにまとまる。動物的なかわいさとか、民俗っぽい要素とか、挟まるテキストの違和感、世代を超える感じなど、読み進めて新しい見え方が広がっていくのが気持ち良い作品でした。


 Kaguya Planetとは、SFメディアVG+(バゴプラ)が運営する、SF短編小説のプロジェクトです。最近、こういう活動がオルタナティブとして盛り上がってほしいなぁと思うようになったので応援をしてみて、これまでの掲載小説を全部読んだところ、特に面白かったのが本作なので感想を書きました。Kaguya Planetの活動が長く続くものになると良いなと思うので引き続き読んでいこうと思いますし、良かった作品については感想を書いていきたいです。

『2000年代海外SF傑作選』

 傑作揃いだ。

『ミセス・ゼノンのパラドックス』エレン・クレイジャズ

 一発ネタなんだけど持って行き方が小気味よくて好き。これを先頭に配置したアンソロジーの勝利。

『懐かしき主人の声(ヒズ・マスターズ・ボイス)』ハンヌ・ライアニエミ

 動物サイバーパンク。なんかわちゃわちゃしてた。

『第二人称現在形』ダリル・グレゴリイ

 これ好き。ゼロ年代的、SF的な問題意識を題材にしつつ人間を掘り下げていく。2000年代のイメージって、この脳科学系の問題はもう全然新しくはないんだけど未だに全然飽きられてもいない、みたいな時代感だと思うから、このラインナップにも当然入ってくるはずで、でも似たような題材の作品山ほど書かれてる中でどう選ぶというのはきっと難しいと思う。でもそこでいかにもドライにハードSFっぽいのじゃなくてこの作品なのはSFの広さを感じた。

『地火』劉慈欣

 めちゃめちゃ良いじゃないですか。すごい作品。感想書いてもう一回興奮してきてしまった。この並びもすごくて、『第二人称現在形』は題材的には山ほど書き尽くされてる自己の話、けどドラマが良いよね、っていうやつなんだけど、『地火』は全然違う方向向いてて異色作というか……。社会。最後のシーンのパワーすごくて、素朴な科学の進歩史観的なものに対して強烈な居心地の悪さを叩き込んでくる。本書でこれが一番すごい作品だと思った。

『シスアドが世界を支配するとき』コリイ・ドクトロウ

 インターネットが世界を変えていく、良くしていくっていう素朴な……いや、どこまでが狙いかはともかくいまこれを書いていて思ったのは『地火』からの角度の切り替えが鋭すぎてすごい。インターネットというのがどちらかというと性善説的なテクノロジーで、柔らかくて頑健な作りになっていて、それを作って日々守るために活躍しているギークたちのプライド、根性、みたいなものに対するポジティブな見方があると思うんですけど、あるよね? ボクの肛門も閉鎖されそうですコピペみたいな感じですよあれも2000年代(その例は何?)。なんかそういう時代の質感を上手く題材にしている( 『地火』 の最後の強烈な無邪気さから振り返るとうーんとなるところがあるが!)。

 作品としては題材と中盤までの展開は良かったけど終わり方が気に入らなかった。

『コールダー・ウォー』チャールズ・ストロス

 これも題材と中盤までの展開は良かったけど(めちゃめちゃかっこいい)、終わり方が気に入らなかった。ちゃんとけりを付けて欲しい。

『可能性はゼロじゃない』N・K・ジェミシン

 この作品はちょっとよく分からなかった。

『暗黒整数』グレッグ・イーガン

 これだけ既読の作品。やっぱり相変わらず、かっこいい。

『ジーマ・ブルー』アレステア・レナルズ

 これは大好きですね。題材としてもフェチズムがあり、ジーマ・ブルーの青色に奇想が収束する感じが良い。締めくくりに相応しい傑作。

『死にたがりの修羅』 雲鳴遊乃実

 Text-Revolutions Extra2にて入手

 ジャンルはなんだろう。結構色んな要素が入っているように思えました。作者の狙いなのかは置いておくとして、読んだ感覚としてはジュブナイル文学寄り?な要素の印象が強かった。父親と対峙してるシーンとか良い。あと第八話の最後のシーンがめちゃめちゃ好き。