『なめらかな世界と、その敵』 伴名練

 どうも文學界の今月号に自分の作った同人誌が載っているらしい、という怪情報がツイッターを流れており、んなわけないでしょと思いながら買ったら、載ってた。『特集 文學界書店2021』において、作家・伴名練先生がリフロー型電子書籍化不可能小説合同誌『紙魚はまだ死なない』を紹介してくださっていたのです。これはもう、しみじみと嬉しい……。光栄です。作って良かった! また同人誌作ろう!

 しかし、実は僕は伴名練先生の作品を読んだことが一作しかありませんでした。 『シンギュラリティ・ソビエト』を『改変歴史SFアンソロジー』で読んでめちゃめちゃ面白いと思っていたのですが、そのあと本書『なめらかな世界と、その敵』が出たときにはなんか読むタイミングを逃していました。話題になってるなとは思っていたのですが。このままでは「あの伴名練に紹介して貰ったんだぜ」という自慢ツイートをしまくるにあたり裏付けが不足していることから、急遽本書を読んだ次第です。最悪の理由すぎる。という、導入は最悪なんだけど、この本は最高なので読んでください。

 伴名練先生本当にありがとうございました。

 ここからはいつもの感想書くモードで書く。

なめらかな世界と、その敵

 可能世界移動SF。小説だからこそできる表現でもあるし、本来アニメとかが向いている表現でもある題材だと思う。あるいはノーランの映画とかなのかもしれない。最後の走るシーンなんかは、あざとさを感じるくらいかっこよかったし、アニメ化してくれよと煽る感じがした(???)。映像を想起させる文章、基本的には映像を見たことのある人にしか効かない。漫画やアニメや映画やゲームがあるのに小説なんて古いなんて言われることもあるけれど、いやいやそれらを飲み込んで小説はまだまだ進化中だぞと思わせてくれて、勇気づけられてしまう。

ゼロ年代の臨界点

 SF偽史SF。好き。この作品と、『美亜羽へ贈る拳銃』の二作にものすごく感じることとして、作者のSF愛が熱い。並のSF愛ではこの作品書けない。最もSFを愛した作家とか帯の煽りに書いてあるの知っていたけれど、どういう意味だよと正直思ってました。でもこれ読んで意味が完全に理解ってしまった。精読してどこが何のオマージュとか分解していったらものすごく遊べそうだし、そんなことしなくてもものすごく楽しくなれる、それを両立できるのは、すごい。

美亜羽へ贈る拳銃

 本書収録作で一番面白かった。伊藤計劃トリビュートが初出ということ、美亜羽がミァハから取った名前であるということ、は評判を聞いて読む前から知っていたのですが、単に名前借りましたとかでなくて、あ、本当にトリビュートだこれ、っていう、しまった舐めてな、と思わされた。 愛だよこれ。純粋に小説として、物語として面白く、引き込まれてしまいながら、それと同時にメタ的に、この作者の愛に勝てない、と思わされる。稀有な読書体験。

ホーリーアイアンメイデン

 書簡体異能力姉SF。え、文体の切り替えすごくないか、と思った。一冊に収録されている作品が全部強いのに方向性が多彩すぎる。引き出しめちゃめちゃあるからくり屋敷か? 忍具めちゃめちゃ持ってるSFニンジャか?(自分の同人誌を紹介して貰って嬉しかったって書き始めた感想なのに作者をニンジャ呼ばわりし始めるの意味が分からないんだけど、それくらい衝撃を受けているんだ)

シンギュラリティ・ソヴィエト

 これは『改変歴史SFアンソロジー』で読んでともかく楽しかったけれど、もう一度読んでもやっぱり楽しい。やっぱりシンギュラリティってそういうことだよなと、奇想を掻き立てられてしまう。

ひかりより速く、ゆるやかに

 青春時間SF。最後の作品でいきなり正面から殴りかかってきてびっくりしてしまった。え、いきなり正面から殴られてびっくりしています。いま。いや、この作品もやっぱり、膨大な先行作品研究の上に書かれており(作中でも叔父の本という形で示されていたりする)、SF愛なんだけれど、それよりもこの小説自体のレイヤにおいて、まっとうに純粋に正面から青春SFだ。なんだけれども、なんだけれどもその青春SFの主人公が苦しめられるのはSF的想像力の残酷さでもあって……。卑近な例で、なんか海外のニュースとかにすぐ「SFじゃん!」とかツイートしてしまう我々の、無邪気な残酷さですよ。さらにその無神経さに現に苦しんでいる彼自身も、未来へのSF的想像力に縋らずにはいられなくて。……こう読むとやっぱりSF愛じゃないか! でも最後には、しっかりと立ち向かって、現実に帰ってくる。好き……。正面から青春SFを浴びて興奮して感想を書いてしまいました。とても良かったです。

2020年買って良かったもの

 毎年恒例のアフィブログコーナー! まだあと3週間くらいあるし駆け込みで買うべきものの情報ください。

カリタ コーヒーミル ナイスカットG

 在宅勤務率の増加により自宅コーヒー需要が高まったことを言い訳にして購入に踏み切りました。カラバリがいろいろあって、実際買ったのはカリタブラックです。豆を挽くときだけ自分を保っていられるんだ。在宅勤務でコーヒーが美味しいと、在宅で+30点、コーヒーが美味しくて+100点、勤務で-5000兆点です。

クッションふうとう

 これは同人誌をBOOTHあんしんパックのネコポスで発送しまくるときに便利です。マジで発送しまくったからな。目をつぶってもPUDOの発送操作できるレベルですよ。いまこの記事書くためにAmazonの購入履歴めくってたら何回も買ってて笑ってしまった。

コンテッサ セコンダ(オフィスチェア)

 厳密にいうと買ったオプションの組み合わせの型番はAmazonで出てこなかった(小型ヘッドレスト付けたんだけど、ほぼ使ってないから付ける意味なかった感)。在宅勤務率の増加により身体が破壊されつつあるので仕方ないという言い訳で投資。以下が購入直後の感想です。尻で感じろ。

排水溝つまり取り

 つまりを破壊しろ。

EIZO FlexScan EV2795(ディスプレイ)

 ナナオ時代からのファン。在宅勤務率の増加により以下略。これ画面が綺麗なことに加えて、USB-CでノートPCの画面取りながらUSBハブになりながら給電できるっていう、つまりノートPCに対してケーブル1本差すだけで使える状態になるのが、買うときは意識しなかったけど実際使ったらめちゃめちゃ便利なんですよ。このディスプレイの下にUSB切り替え機を付けてその先にマウスとキーボードをぶら下げて、デスクトップPCとディスプレイの間はHDMIでつなげば、自分のPCと会社ノートPCをワンタッチ(ツータッチだが)で行き来できる最強の在宅勤務環境が完成して、これは在宅で+30点、切り替えが楽で+50点、画面が綺麗+100点、勤務で-5000兆点です。

Mi Band 5

 睡眠スコアバトルに参戦するために購入。もともとスマートウォッチみたいなの興味あったんだけど、どうもごつい製品が多く、腕細いから似合わないし重いのは嫌だなと思って手が出なかったところ、これ軽いらしいし4,000円だからおもちゃとして買ってみるかとノリで購入、そしたらともかく軽いから付けてて違和感がなく、睡眠スコアを毎朝フリートするために使ってます。ツ社はフリート機能を廃止しろ。

笹NOTY2020ノミネート作品

 2020年に読んだ小説(2020年に読んだ、であり、発表年を問わない)ベストを決める企画です。本日時点までに読んで面白かった小説からの以下のノミネート作品、さらにあるかどうか分からないが年内に追加で読んで面白かったものを加えた中から最終選考を行い、大晦日に結果を発表しますが、大晦日の酒の入り具合によっては忘れてそのまま年を越します。

 振り返ると今年は読書量がめちゃめちゃ少なかった。生活が忙しかったのと、通勤時間の読書が消えたからですね。コロナ許せねえ。通勤時間が減ったのは神。来年はもっと読んでいくぞ。

去年の

『その日、朱音は空を飛んだ』 武田綾乃

 学校の屋上から飛び降りたクラスメイトの死をめぐり、クラスメイトたちの証言と思惑が錯綜する青春ミステリー。小説というのは基本的には気持ちを、感情を描くもののはず。いやそうではないという主張を持っている人もいるだろうけれど自分はこう考えていて(お前の書いてる小説そうなってるか?とか言わないでくれ)、その点、この作品は2020年ベストオブ感情だった。導入や序盤はそのすごさが見えにくいところがあるんだけど、後半で絶対良くなるから、ともかく絶対に読んで欲しい。

『首無の如き祟るもの』 三津田信三

 ミステリとホラーの境界線を攻める刀城言耶シリーズの第三作。一作目二作目を読んでなくても大丈夫だとは思うけど一応一作目から読んだ方が良い。因習の村に根付く首無という怪異と、首無し死体という本格ミステリの型のマリアージュ。単にオープンエンドっぽくしてミステリかホラーか分からなくさせるというのではなくて、オチの付け方の跳躍感も圧倒的で、そうきたか、と高まってしまうぞ。

『まほり』 高田大介

 二重丸が書かれた紙が至る所に貼られているという都市伝説から始まり、「まほり」の因習の謎に迫っていく民俗学ミステリ。膨大なテキスト量、探るにつれ不穏さの高まっていく謎の集落、そのプロットの中に光るキャラクターの魅力、そしてラストのぐっとくる収斂、こういうのが読みたかったんだよの連続。読むべき。

『幽霊屋敷小説集 パイロット版』 アーカイブ騎士団

 第三十一回文学フリマ東京にて入手。幽霊屋敷をテーマとする(?)小説3編。うち1編未完。パイロット版というのはその1編が完成したら完成版になるのか他に作品が増えるのか……それもまた楽しみですね。完成版楽しみです!!!

時がねじれた家(高田敦史)

 心霊科学者と哲学者と言語学者と物理学者が幽霊屋敷の謎に挑むが、その幽霊屋敷では時間がねじれており……という話。「物理学者!」って叫ぶとこですごい笑ってしまった。「哲学者、哲学者」でもうダメだった。面白いぞ。ギミックが一気にSFっぽくて良かったのですが、何か元ネタ的なものが(菱形のやつとか)ありそうな雰囲気があるんだけどなんなのか分からなかったのがむず痒かった。特にないのかも知れないけど。

マットの下(渡辺公暁)

 海洋SFミステリーっぽい。全然幽霊屋敷じゃないだろでもミステリ?SF?として面白いぞと思って読み進んでいくと幽霊屋敷小説になる。すごい。話の構造としてはファーストコンタクト系、それこそ『ソラリス』とかのイメージに自分の中では近かったんだけど、そこに海洋SF的な設定がぎっちり投入され、幽霊屋敷小説になる(???)。濃厚な味わいで楽しかった。

藤原盟子、ヤクザの肝試しに立ち会う(森川 真)

 未完。導入がめちゃくちゃ面白い(導入的にはこの3作の中で一番好きそうなくらい)ので完結したのが読みたいです……!

『WORK マンモス大合成』 グローバルエリート

 第三十一回文学フリマ東京にて入手(第八回大阪の新刊)。高品質なSFが載っている! 面白かったのであえて書くのですが、以下の感想には、核心的なところは避けるけどネタバレ要素あります。電子版制作中とのことなので、興味がある人はそちらを待って入手して読んだ方が良いと思います!

『マンモス大合成』 元壱路

 シリアスな展開と見せかけてナンセンスな笑いを誘ってくるバランス感が良い。ザ・闇医者の下りで既にめちゃくちゃ笑ってしまった。さらに無茶苦茶加減が小出しにされてエスカレートしてくるのがズルくて、黒幕が明らかになるあたりも面白すぎた。メロスみたいな感じ出すのやめてくれ。

『美しい未来のために』 維嶋津

 バイオエタノール事業の話と自動応答AIによる死者の複製という、現代から地続きでリアリティのあるSF題材を扱ってすごい社会派の真面目で硬派なSFっぽく始まるんだけど展開はむしろSFっぽくないというか、主人公がヤバい話だった。主人公を壊せるってすごいと思います。終盤の、え、これどうなるんだよというスピード感から乾いた笑いにつながる。パワーがある小説。

『ネコニンゲンのドグマ』 架旗透

 臓器たちの生体ネットワークが解明されて、という技術的なSF的想像力の設定から、それで医者の権威が失墜して看護師が仕事にあぶれ、という社会側の設定につながって舞台に反映されているのが面白い。ノラネコ、イエネコ、イヌネコあたりの無茶苦茶な設定やそれを強引に押し通す会話劇も良かった。ただ、ネコニンゲンが中心的な謎になって話が展開した割に、ネコニンゲンを単に説明して終わった感じになったのは物足りなく感じた。

『自分によく似た他人』零F

 エモかった。これハイパーエモ枠だ。これ感想言うの難しいけど好きです。再会して池袋が逃げなきゃいけないみたいなこと言ってさすがに意味不明で要町が引いてる感じになってるとこ好きで、でもそのあとで二人がクライマックスに向かうのが良すぎるでしょ。

『白の回路』 髙座創

 本書の中でこれが一番面白かった。創薬AIを悪用して違法薬物を作るというアイデアから、きちんと回答を出してオチを付けていて、社長や女子高生など周りの使い方も含めて綺麗にハマって無駄が無いのが好み。いや、オチは強引というか、んなわけないだろという超理論なんだけど(こういうのが嫌いな人もいるだろう)、でもそれがフィクションの良さだから良いと僕は思っています。

『人類の滅んだ世界の片隅で、犯『人』を指摘するメイドロボ』 ソルト佐藤(手打ちそば四畳庵)

 第三十一回文学フリマ東京にて入手(第二十四回の新刊)。フーダニットなんだけどそもそも人類が滅んでるからWhoの対象が無いという短編。ロボット三原則破ってるはずだぞという不可能犯罪的な変則ミステリは結構よくある気がするけど、Whoが無いですっていう主張はあまりなさそうなので(いや、知らないだけかも)面白かった。設定に仏教感がちょっとあるのも面白い。メイドが日本刀持ってるのただの趣味だろ。良いと思います。

文フリありがとうございました

 第三十一回文学フリマ東京に参加しました。東京開催は5月が中止されたので1年ぶり、感染対策をしながら、というこれまでとは違った形でしたが、まずは無事開催できて良かったと思います。事務局の皆様本当にありがとうございました。

 開催時間を変更して時差設営呼びかけ、スペース数減ってターリー屋やクルミドコーヒーがいないから会場がめちゃめちゃ広い(通路がめっちゃ開いてる)、入場者も時間帯で分けて制限、などかなり工夫されていたように思いました。バタバタしてたからなのかソーシャルディスタンスだからなのか知らないけど開会時いつものお隣に挨拶しましょう~が無かったのだけ寂しかったけど。それで実際、人来るんかいなと思っていたら、結構お客さんは入っていて、でも通路めっちゃ開いてるから密な感じは無くて、不思議でした。全然人来ないっすねーとか言ってたら入場制限されていたというのをあとで知りました。なので人通りは疎らに感じてたのですが、多分それぞれの滞在時間も短くて入れ替わりが早かったのでしょう、そんな人来ないだろという想定で持ち込んだねじれ双角錐群の新刊はすぐ無くなりました。買えなかった方ごめんなさい。多めに割り当てたBOOTHの通販も即日終わってしまったとのこと(ってことは持ち込み数とかじゃなくて印刷数ミスってるやんけ)。また、Kindle版、鋭意制作中とのことです。

 アフターコロナの時代には同人即売会なんて生き残れないですよという流れまであった中で開催にこぎ着けたのは良かったと思いますし、なんというか希望を感じられるイベントだったと思います。ただ、当然人が集まったらそこにはリスクがあるし、あの場でクラスターとかまでいかないまでも感染してる可能性は普通にありそうなので、ただそれが普通に通勤やスーパーの買い物やなんやと比べて特別高リスクとは思われないけど、でもそれでも減らせるリスクは減らした方がいいんだよとか、まあなんか難しいですね。そこまで根本的な話までいかずリアルな課題として、アクリル板みたいなガードを設置している人がいたりいなかったり、消毒液を常備しているサークルは多かったが使い方はバラバラだったり、小銭をトレーで受け渡すのもどこまで効果があるのかわからないなぁとか、サークル参加者がどこまで何をすべきなんだろうというのがみんなわからず手探りだったなと思います。キャッシュレス対応が接触低減に有効なはずですが、まあ導入しているサークルはほぼ見なかった。簡単に使えないですよね。あと換気で搬入口が開け放たれててそっち側のスペースは風吹いたら紙類飛びまくりで設営破壊が起きてたりというのもかなり大変そうだった。イベントの中身的なことで言うと、見本誌コーナーが廃止されたのは結構ダメージがある人がいるだろうと思いました。これは僕が自分自身がそうであるということを元に勝手に想像してるだけですが、文フリ参加者は買うものを元から決めてる人が大半で、会場で偶然出会って本を買うということはすごく少ないです。文芸なので、イラストや漫画と比べると『表紙買い』の精度が著しく低い。元々SNS上で知っている人が本を出しているからそれを買いに来たとか、事前にWebカタログで気になったとか、Twitterで流れてきたとか、Twitterで流れてきたとか、Twitterで流れてきたとかで買うものが決まっている。そこに割り込んで当日見つけたモノを買うきっかけって、あの見本誌コーナーが唯一キラーで、かなりそういう偶然の出会いを生み出してるはずなんですけど、あれが無くなると宣伝をしていないサークルの本はほぼ売れないと思います。Webカタログに情報載せてないサークルとか絶対売れないんじゃないだろうか。少なくとも自分の場合、探しようがないので今回は本当にTwitterで流れてきた本しか買えなかった。でまあそうすると、それって通販と同じな気もしてくるんだよなぁ。

 とまあそういう難しさはあるよなと思いつつ、みんな本作っててすごいな!と思って楽しかったです。今後もイベントが続けられると良いと思います!

模造クリスタル『金魚王国の崩壊』より

『Story in the Vendor』 えびてんロケット

 第三十一回文学フリマ東京にて入手。自動販売機(で売っている飲み物)を一つずつフィーチャーした短編10本(作者2名による連作。BOOTHとかに8本って書いてあるけど、10本ですよね)。どれも短くショートショート的な感じなので、さらっとした読後感。ただ展開が欲しいタイプの自分としてはもうちょっと先が読みたいぞと思うところもありました。好きだったのは『コンポタに染まる』で、缶切りで開けるとか、髪染めるとか、明らかにオブセッションが尖っている。自販機で飲み物買って飲むだけではない変化を入れてねじっていくのが良い。最後も、これどうなったんだろうという終わり方(いや別にどうもなってないんだろうけど)で良かったです。

『灯し火の少女アナ』 ミド(ナイスボート観光)

 第三十一回文学フリマ東京にて入手。吸血鬼モノのキーワードで目につき、『児童書を装った対独プロパガンダ小冊子をイメージして書いた小説』という珍妙な設定で購入に至りました。読んでみると、実際に童話テイストの構成と語り口だがプロパガンダ感がすごい! でも露骨すぎないというか、童話作家がでも検閲下で発行できるように書きましたみたいなテイストを自分は読み取りました(??)。吸血鬼は、現代エンタメにおける典型的なあの吸血鬼ではないし、また作中の設定として実際にそういうものがいるのかどうかも明確にはなっていないものの、それが逆に”らしい”というか、別にドイツでは無いけど大陸側にいるというのが吸血鬼の歴史的にもそれっぽいのかも知れない。十字架で退治するし。そういう深読みをテキストの上に誘発させる面白い試みだと思った。

『温泉×百合×SFアンソロジー』さわばた/Fuminity(津島重工)

 第三十一回文学フリマ東京にて入手。SFで温泉の百合のやつだ! いいよね! ということで入手。コピー本ですが文庫サイズで丁寧な作り、それ故に少部数だったのかと思うので早々に完売されていたようでした(スペースが実質お隣だった。ありがとうございました)。アンソロジーという書名ですが収録は二作で『星影の湯』『原稿を落とした話』、と目次を見た時点で2作目これ原稿落としメタ枠だから実質1作なのでは!?となるのですがその1作がちゃんとSFで温泉で百合だったので良かったです。宇宙船で風呂に入るのはロマンなんだよな。しかも単なる風呂じゃなくて温泉をちゃんとやるのも良かった。表紙のイラストと相まって良い味になっており素敵です。2作目は原稿落としメタ枠だったけど、過去を変えようとするのは百合なのでレギュレーション遵守であり(??)、ひねってきたけどちゃんと温泉百合SFじゃん!と思った。あと、ロゴがかっこいい。