『まちカドまぞく』 伊藤いづも

 単行本六巻まで読んだので一旦感想。

 有史以来最高の漫画。

 全ての要素が刺さってます。ローファンタジー的想像力(せいいき桜ヶ丘もはやハイファンタジー説かなりあるけど)でほのぼのハードな設定。至近距離の天丼から超長距離の伏線まで、ギャグとシリアス両面に渡って繰り出される構成の美。情報量激盛りの紙面でギャグをやりながら一切こぼさない、マジで無駄な要素がない。キャラが生き生きして輝いていて色々な性癖を刺しまくって来ながらにして作劇・演出としての合目的性も光っていてすごすぎ。信頼できすぎて (六巻まで読んだ段階で) まだまだこの後一波乱も二波乱も起こしてくれた上に全てを無駄なくつないでしっかりやってくれることが確信できすぎて勝手に一人で楽しくなれる良さ。伊藤いづも先生身体に気をつけてなんとかがんばって欲しいですね……。

 最初に知ったのはアニメなんですけど、アニメの範囲で言うと普通に雰囲気とか設定が良いなと思ったのと、あと一番すごいと思ったのはEDのよいまちカンターレの歌詞で、それを原作者が作詞してるっていうから絶対ガチなやつじゃんと思った。そのあと原作積んであったけどゆっくり追いかけて読んで今に至る。アニメのことを思い出すとナレーション演出が神がかってんなと思ったけど(マジでズルいと思った)、あれは原作読み進めるとそういう声のキャラだっけみたいなところはあるな、そういえば。二期も期待だけど1クール原作2巻分くらいしかできないと思うと、どうするんでしょうね。無理はしないで欲しい。

↑ミュートしました

『全滅領域』『監視機構』『世界受容』(サザーン・リーチ) ジェフ・ヴァンダミア 酒井昭伸 訳

 良い小説だ……。

 神ゲー『CONTROL』が影響を受けているという話(たとえばこの記事)を聞いて読みました。確かに人物造形とか空気感で影響を受けている部分がかなりあるんだろうなと思いつつ、「CONTROLが影響受けてる」と聞いて想像した内容とは全く別物で、逆にCONTROLのゲームとしての組み立てはすごいなと思った。というか直球的なものはControlという単語(意味は全然違う)、局長Directorという役職(位置づけは全然違う)、あとはサザーン・リーチの局舎(どこでも入れる清掃員っていうので笑ったけど)あたりに見いだせなくもないという程度で、むしろそれで結びつけるのはこじつけ感があって、前述のインタビューで明言されてなかったら言うほど繋がり無いでしょと思ったかもしれないくらい。インスパイヤですとか言って直球に意匠をパクってしまう自分をめちゃめちゃ反省した。

 ともかく不穏で、良く意味は分からないのだけれど、大自然、不穏な描写、狂気、でもその感情……説明できないな。なんかよく分からないけれどすごいし良い小説。全滅領域はなんだこれどうなるんだという導入、監視機構はともかくコントロールがもがく感じが良くて、生物学者が良くて、世界受容はコントロールとゴーストバードの互いの視線が良くて、灯台守とグロリアが良くて、グレイスもめちゃ良くて、まあ全部良かった。あとこれドッペルゲンガー百合小説だよな。おすすめです。

『わたしの名は赤』 オルハン・パムク 宮下遼 訳

 なぜ積読に入っていたのか記憶喪失だけどなんかミステリ的な文脈で勧められた気がしています。確かに殺人事件が起きて犯人が分からない(容疑者三人のうちの誰かである)という状態で話が進んでいくので、推理小説的な趣向を取り入れてはいるけれど、ミステリとしてのエンタメ的な面白さがあるのかというと別にそんなになくて、しかしこの西洋と東洋の相克を中心に繰り広げられる論争、ものすごいボリュームの挿話、オスマントルコの香り、そして語りの重層がすごい。語り手が章ごとに変わって、主要登場人物たち以外にも死体だったり犬だったり金貨だったり赤だったりが語り手になっていくというのが単純に多彩で面白い(細密画だね)。それで彼らがみな語り手であることに自覚的だというところで、十六世紀っぽくないというかモダンな感じが入り込んでくるのも、やっぱり面白い。あと、三人がそれぞれ三つの寓話を話すところとか、ダイジェスト的に絵で話が進むシーンがすごい好きだった。長くてちょっと疲れるけど良い読書。

『まほり』 高田大介

 めちゃめちゃめちゃめちゃ面白いです絶対読めいますぐ読め!!!

 自分的にクリーンヒットです。

 伝奇ミステリ長編。説明のつかない不気味さが分厚い資料(テキスト)に彩られて濃密に組み立てられています。都市伝説、怖い話から入っていって、調査をしていくうちに今も続く因習に行き当たり冒険譚に展開していくという王道にして、詰め込まれた具は生半可なものではなく、作者の取材量はいかほどのものか、唸るしかない。ちりばめられた素人には読めないテキストも、作り込まれた民俗学的要素も、けれど、設定だけで上滑りしないように、キャラクターが魅力的で、展開にもドラマがあって、いやこれは本当に、本当に面白いんで、読んでください。まず扱っている題材が自分は好きだし、このちょっと怖い都市伝説の入りからもう好きだし、それで田舎に調査しに来たというあるある設定ももう好きだし、ヒロインが愛嬌のあるモグモグ系幼馴染みだと思ったらいきなり主人公(社会学専攻)が読めない碑文を代わってすらすら読み下しはじめた(司書なので)時にはもう「好き」と声に出た。そういうのなんだよ。そういうのを読みたいんだよ。そしてラストのオチはまあ、方向性はそうだろうとは思ってはいたけど、主人公の造形を、屈託を、そしてそこにヒロインが向ける視線とか、もう一人の主人公である淳君のボーイミーツガールへの解像度とか、そういうものを一文でぎゅっとこう、引き絞る、目が開かれるとでも言うのか、ともかく良い、好きな終わり方だった。終盤の展開がある意味安定しすぎていて、ともすればあっけないなとも感じられて、でもちゃんとこっちを良くさせて終わりにしてくれますよねという期待に200%で答えてくれる、最高の作品だった。

 高田大介先生は、『図書館の魔女』を読んで、間違いなく大人になってから読んだファンタジー小説として最高の一作だと自分は思っているのだけれど、それが次に出した作品が伝奇ミステリでここまですごいとなると、あ、これは本当にすごいと思うし、もっとたくさん書いて欲しいと思うけれど、これだけ濃い作品なのでそうそうバシバシ書けないだろうとは思うんだろうけど、でも書いて欲しい、超応援しています。とりあえず今まで全部Kindle版買ってたけど紙の本も買い集める。『図書館の魔女 霆ける塔』に備えていくぞ。

『首無の如き祟るもの』 三津田信三

  刀城言耶シリーズ3作目。といっても刀城言耶あんまり出ないんだけど、そのあんまり出なさが良い形で活用されててすごすぎた。

 今回は初めから本文が連載小説であることが明示された上で、作者が犯人ではないですとかわざわざ断り書きがしてある。これをどういう形で使うのかなと思っていたがきちんと満足できる内容。また、タイトルの通り首無し死体ものなので、セオリーとして入れ替えトリックの疑いが常にかかってくるというところも、これまた最大限活用したすごい作品だった。このクオリティでシリーズ作品が出せてるのすごすぎるな。

『その日、朱音は空を飛んだ』 武田綾乃

 いやすごいっすよこれは。すごい作品だった。とりあえず黙って読んだ方が良いですよ。

 途中まで、いやほとんど最後までこれはどういう話なのかよくわからなかった。一応ミステリ要素なんだろうなと思って、一章ごとに語り手が変わる、それにより新情報が出てきて見方が変わってきて印象が二転三転、という、藪の中方式なんだけど、最後どこに着地するんだろうっていうのが全然見えなくて、まあでもともかく、感情がすごい、この作者は感情を書くのがすごいなぁと思って読んで、まあでも感情はすごいけどなんかふんわり終わるのかな、そしたらまあ文学的だけど、最終的には好みじゃないかななんて思っていたのだけれど、しかしなんか結構長いというか、思ったより分量あるよなと思って、で、最終章の最初で、おおってなって、最終章の最後、いやこれですよすごいですね。そういうのを用意してくれるとさ楽しくなっちゃうんだよな。いやー。これだよ。こういうのだよ。暗い爽快感というか。生きているうちにこれをやる、そして死んだ後には、っていうことだよね。すげー。すげーよ。なんとなく途中からこいつだよねっていう察しはあったし、すごく好きだったので、本当にこのラストは好きですね。ものすごいものを読まされたという感覚がある。イチオシです。

『図書館の魔女 烏の伝言』高田大介

 超弩級ファンタジー『図書館の魔女』続編。シリーズ特設サイトがあるので今すぐ訪問した上で、『図書館の魔女』1、2、3、4、『図書館の魔女 烏の伝言』上、下を購入して読め。急げ。

 前作から、一体どのような続編なのだろうと思っていたけれど、読み始めるとどうも全く違う舞台、全く違う登場人物たちで、前作の登場人物たちとの関係がどうなってくるのかわからないところから始まる。登場人物一覧の最後の方に高い塔のメンツが載ってるけど、なかなか出てこない。一人、この人はあの人ですよねというのがいるけど、それだけで、いやマツリカ様いつでるんだよ、早くマツリカ様来いよ、そろそろ上巻終わるけどマツリカ様まだ……いや、上巻終わ……おもしれえ!!!という感じでした。もともと最強の安楽椅子探偵みたいなところがあるマツリカ様が、しかし自ら世界を股にかけて打って出るというのが前作の面白さの一つでもあったと思うけれど、今作は正しく安楽椅子探偵として機能していて(かなりミステリ味ある)、良くも悪くも主人公ではないところにいる。代わって、では一人主人公がいるのかと言えば一人に定まるものではなくて、より群像劇的な方向が強化されているのかなと思った。それはテーマの一つでもある、裏切り者の話にもつながってきて、何重にもひっくり返す仕掛けがとても面白かった。そういう意味では『図書館の魔女』シリーズとしてはスピンオフであり、大きな構想の中では助走・準備ではないかと思われて、キリヒトも含めた次の話が早く読みたくて仕方がない。

 前作にも増して文章がかっこよく、度々知らない言葉も出てくるけれど、読んでいて気持ちが良い。冒頭、「初夏の黎明に吹きおろす山風は冴えざえとした気流に水分を孕み、頂を覆う這松の新緑あざやかな葉叢に一つひとつ鈴をつけるように露を結びながら低く重たく谷間に這いおりていく。」から始まるシーンだけで頭をぶち抜かれてしまう。ぶち抜かれませんか?

 最後がやっぱり手紙で終わるのが好き。続編超期待。

『図書館の魔女』 高田大介

 大人になってから読んだ中で圧倒的に一番面白いファンタジー小説。

 そもそも自分は子供の頃はファンタジーが一番好きなジャンルでたくさん読んでいたけれども(このリストとか)、大人になってからは読むことが全然なくなって、特にハイファンタジーはまず食指が動かなかった。理由はよくわからないがローファンタジー的想像力を好むようになり、それは単に自分の年齢の変化だけでなく世の中の流れとしてもそうであるような気がする。それがこの小説は分類的には完全にハイファンタジーなんだけれども、超絶面白く、ド刺さってしまったので驚いた。

 ともかく長い。単純にプロット的な分量も多いし、文章もひたすらに書き込みがなされており、濃密。読むのにはかなりの時間がかかったけれども、それでいて一切ダレることなく、読むのが苦にならないのが不思議。人物、文化、歴史、そしてなにより”言葉”に対する圧倒的な緻密さで描き出される世界にのめり込まされて、久しぶりにこのタイプの読書体験があって嬉しくなってしまった。二巻の(単行本のときは上下巻だから、きっと上巻の)最後のシーンがめちゃめちゃ良くて、そこからはもう一気に進んでしまう感じだった。

「マツリカ様はわたしを馬鹿にするのが生き甲斐なんですか」
 ──そうだよ?

↑ここすき

新装版が出る野崎まどメディアワークス文庫6作を今すぐ読んでくれ【後編・ネタバレあり】

※本来の表記は「野﨑まど」(﨑のつくりの上は立)ですが、本記事では「野崎まど」と略記させていただきます

 この度「メディアワークス文庫創刊10周年&野崎まどデビュー10周年 特別企画」により新装版が刊行されることとなった、野崎まどのメディアワークス文庫における以下の6作品を改めて紹介するレビュー記事です。前編はこちら。

  1. [映]アムリタ
  2. 舞面真面とお面の女
  3. 死なない生徒殺人事件 ~識別組子とさまよえる不死~
  4. 小説家の作り方
  5. パーフェクトフレンド

※今回の後編はネタバレありです。もう読んだ人向けに勝手に感想を語る会です。 本編未読の方は読み進めないでください! ネタバレ無しの前編はこちら

※本当の本当に、このシリーズはネタバレで鑑賞体験が損なわれる恐れがあります。頼むから未読の人は今すぐPCまたはスマホを破壊してください!!

続きを読む