『新しい世界を生きるための14のSF』 伴名練・編

 皆さんは加速しましたか?

『二〇二二年五月時点で、まだSFの単著を刊行していない』作家限定(例外もある)で、過去五年間に発表された短編を集め、日本SF界の歴史を十年加速させることを目的に編まれたアンソロジー。上記ツイートの通りの経緯で見本をいただきました。「点対」のリフロー型電子書籍化不可も見届けたかったからKindle版も買った。

 以下は収録作品そのものについての感想を記録するのですが、各作品のSFサブジャンルに対して伴名練が凄まじい熱量の四ページ解説を付けており、そちらも圧巻です。収録作品自体はそれぞれの初出媒体で読んでいるという人も結構いると思いますが、そういう人でもぜひ読むべき一冊だと思いました。


 以下、直接的な核心は避けるものの、ネタバレがある。

 特に好きなのは、「回樹」、「点対」、「冬眠世代」、「ショッピング・エクスプロージョン」、「無脊椎動物の想像力と創造性について」、「夜警」。

「Final Anchors」八島游舷

  • 衝突直前の自動車の自動運転AI同士が一瞬の間に繰り広げる交通事故状況調停。
  • 設定、導入がすさまじく良い。衝突直前の自動車の自動運転AI同士、状況調停、ダウナー、ファイナルアンカー、二段階目の秘密の調停など、二の矢、三の矢まで含めた状況設定がとても上手く、どんどん引き込まれてしまった。
  • ただ、結末は納得感が薄く感じた。AIがこういう人間らしさを発揮するのは別に良いというかむしろそういう作品も好きだけど、この作品世界の設定とは食い合わせが悪くないか、と思った。トロッコ問題よりゲーム理論になっちゃいません?

「回樹」斜線堂有紀

  • 取調室で恋人との過去を回想する女と、死体を取り込んで死者への愛情を転移させる謎の存在「回樹」。
  • 回樹の設定から愛に対する冷たいまなざしが、というところは確かにSFで、一方で話の構造は違う畑から取れてるっぽい味で良く、初出の百合SFという文脈においてとても優れている作品だと思った。人間関係、恋愛の暗いところを中心に書いているんだけれども、「回樹」というSFガジェットが入ってきたときにどうなるかという実験的なところはSFらしさ。好きなバランス感覚だった。
  • SFの単著は出していないからセーフ理論!

「点対」murashit

  • 双子の兄弟の裏表の語りが回転しながら変奏していく。
  • 改めてとてもかっこいい作品。最初の合流地点は何度たどり着いても鳥肌ものですね。「おしまいのアリア~」のところも。
  • 自分が代わりに氏の過去作品と絡めた感想書こうかな。このアンソロジーの解説はそういう方向じゃなかったから。→とおもったらあとからそういう方向のあとがき出てしまった。
  • 「点対」(2020)のこの形式この語りは、極めて音声的、音楽的だというのがまず大きな特徴だと思います。リフロー型電子書籍化不可能小説というお題に対して、直線的、単線的でない語りを書くというのが作品意図だと思われますが、二つの声が併走して交わって、という対位法のイメージが取り入れられている(→ゴルトベルク変奏曲にイメージが繋がる?)。
  • murashit作品がここに到達するまでには歴史というか流れがあって、単線的ではない語りを書くという課題感でいうと、「彼岸過迄」(2018)では上下二段組みで併走する語りという形式を試みていたし、「神の裁きと訣別するため」(2019)では箇条書きで語ることに挑戦してきている。これらは両方とも、形式が面白い効果を生んでいる作品だと思うけれど、それでもやっぱり結局一方方向の順番に読むことになるは変わらないじゃんというか、ある程度の単線性からは否応なく逃れられていなかったと思うのですが、それが「点対」で殻を破ってしまった感がある。二段組みとかじゃなくてもう二行セットにしてしまったことと、合流ポイントに字数をピッタリ合わせることで、二つの併走が真に時間的に同時性を持っていることを表現できる(二段組みだと、結局一段読んでからもう一段読むという、順序性から逃れられない)し、合流と交代の仕掛けが、物語の内容とも一致して効果を上げている。凄まじいですね。
    • この流れも、これ書いたあとに本人ブログで言及されてたから今さら感が出てしまったが、まあそのまま載せます。
  • もう一つ、細かいところなんだけれど好きなところで他作品と絡めると、「点対」では双子の語る内容の相互の不整合が序盤から入れてあって、しかも最初は自分たちの兄弟仲に対する認識とか、まだしも感じ方の違い、勘違い、みたいなのでも処理できるところから入っていって、背の高さ、ゲーセンとゲーム屋、どっちが服を借りたのか、と徐々にやっぱりおかしいぞ、噛み合わないぞ、という情報で盛り上げていく。このしれっと矛盾情報を入れてヒントにしてくるテクは「大勢なので」(2021)でもより磨きがかかった形で使われていて、進化してるなと思うところです。良い具合に深読みを誘うんだよな~。

「もしもぼくらが生まれていたら」宮西建礼

  • 人工衛星や宇宙機を作る(作らないのか。構想する)高校生の宇宙青春ものとして導入しつつ、パラレルものへ。
  • その仕掛けには自分はあんまり乗れなかったのと、やや説明的すぎるように感じた。

「あなたの空が見たくて」高橋文樹

  • 星間旅行(インターステラー)でたまたま知り合った地球人の話。
  • 良くも悪くもコンパクトな話で、本当にちょっと知り合った人のエピソードなんだよねという程度の大きさなんだけれど、端々に垣間見える設定や世界観が良くて好き。
  • 失神者、よすぎる。

「冬眠世代」蜂本みさ

  • 冬眠する最後の世代の熊のはなし。
  • 冬眠したりしなかったりする熊社会で、夢の中で先祖の記憶や熊同士が繋がれる、というそれだけだとファンタジー的な設定に、社会の発展で冬眠しなくなるとか、自身の冬眠出産経験を記録する民俗学者だとかのレイヤーが重なってSFの色合いが入ってくるのが良い。
  • そしてそれらを見せる語りが、夢の中の意識の流れ的に語り手が移り変わる不思議な構造を取っているのも柔らかい表現になっていて好き。

「九月某日の誓い」芦沢央

  • 奉公先の御嬢様の超能力について。
  • 大正伝奇風味の雰囲気がとても好き。
  • 能力が明かされて伏線回収の流れのところがちょっとついていけないというか、ぶっ飛びすぎてないかなと思ってしまった。科学的(?)な説明が逆に無理矢理に感じるというか……。

「大江戸しんぐらりてい」夜来風音

  • 和歌研究から算術長屋へ。エンジン系架空歴史SF。
  • アイデアが強く展開にパワーがあって良い。算術長屋の力業感から演算士の反乱に繋がっていく辺り、理屈はもう崩壊しているというかよく分かんなくなってるし、冷静に考えるとそもそも和歌や万葉仮名から結局どうこれが導かれたのかとか謎だし、最後の起動条件それでいいのかよとか色々あるんだけど、そういう細けえことは良いんだよという勢いがあるのがすごく好き。
  • タイトル回収笑った。良い。

「くすんだ言語」黒石迩守

  • 言語SF。
  • 中間言語はいいとして、それってブロックチェーンなのか?
  • 現代と地続きのリアルな質感で未来を描こうとしているところに入ってきた娘の描写に今より古いステレオタイプを感じて、そのあたりが好みではなかった。

「ショッピング・エクスプロージョン」天沢時生

  • ドンキホーテパンクSF(?)
  • 面白すぎる。勢いが好き。
  • 解説でコメントされているとおり、その無茶苦茶な面白さなんだけどストーリーの骨は王道なのがまた良い。
  • 一番好きなギャグは「実はアパレル出身」。

「青い瞳がきこえるうちは」佐伯真洋

  • VRスポーツ的な卓球を通しての昏睡者との対話。
  • 卓球のディテールが良かった。
  • 兄弟(と父)に閉じずにキャラを深めてるのが良いと思った。京都の景色も良い。

「それはいきなり繋がった」麦原遼

  • ポストコロナ並行世界SF。
  • 鏡世界であることを利用した疫病対策としての世界間移住というアイデアが鋭い。
  • 説明的な思考実験の度合いが強く、もう少し物語というかドラマというかの掘り下げが欲しいと思った。

「無脊椎動物の想像力と創造性について」坂永雄一

  • 蜘蛛SF。さいきん聞こえてくるジャンル(?)であるところの京都破壊SFでもある。
  • これはともかく画が良い。京都の景色も。模型のところも。終盤の幻視も。
  • 終盤起こっているイベントがそこで(そのときに)起こるに至る機序とか、なんか気になる部分はあるんだけど、それを容易に乗り越えてしまう画の良さがあると思った。ビジョンに振るために色々切り捨てて短編として完成度を高めてるのかなと思った。また読み返したい作品。

「夜警」琴柱遥

  • 願ったものが何でも手に入る流れ星に対して願わせるために子どもを交代で夜警に立てる村。
  • ファンタジックな要素から入ってSFツイストが効く。効くけど、全てを明かすわけでもなく、次の朝どうなるのかもわからないエンディングなのがまた良い味。SF的に全部説明されたら冷めちゃう題材だと思うので、この落ち着け方はすごく好きだった。
  • 主人公の心情や村の描写が美しい。

『アステリズムに花束を 百合SFアンソロジー』

『キミノスケープ』宮澤伊織

  • 好き。雰囲気が静かで綺麗。
  • 良い感じなのでもう少し先まで行って欲しいというか、きちんとけりを付けて欲しいという気持ちがある。
  • これを百合SFアンソロジーの冒頭に持ってきて殴ろうという心意気良いと思った。

『四十九日恋文』森田季節

  • 良いアイデアだと思ったけど、良いアイデアからもう一歩出てくれなかった感じがあった。
  • と書いて思ったけど、けれど、題材からしてツイストが決まるような話でもないというかそういうのがあったらそれはそれでご都合主義すぎる感じがするから、これくらいでちょうど良い気もしてきた。

『ピロウトーク』今井哲也

  • 好き。雰囲気と構成。
  • 漫画入れていいんだ。良いね。

『幽世知能』草野原々

  • 難解さと露悪的な描写(?)が、印象には強く残るけれど、好きかと言われると違う気がする。

『彼岸花』伴名練

  • 好き。圧倒的に上手い。本書で一番好き。
  • 百合SFへのアンサー過ぎませんか。
  • A⇔Bでもなく、AとBとCでもなく、二組の姉妹を構造に取り入れているのが巧み。
  • 大正風文体だと書簡体でも描写に迫力が出て良いなぁ。
  • 活動写真使うの良い意味でズルい。道具的だ。

『月と怪物』南木義隆

  • すごい。好き。
  • 射程が広い。距離も時間も。
  • 暗いのに明るいのが心に来る。

『海の双翼』櫻木みわ×麦原遼

  • ちょっと難しすぎに感じて、上手く入り込めなかった。

『色のない緑』陸秋槎

  • 学生時代の描写とかの雰囲気好き。三人の関係や周辺設定の書き込みが厚い。
  • 結論部、題材としてすごく好き。
  • そこに至るまでの現在ラインのストーリーはちょっと淡泊かなと感じた。題材的にも動きは出にくいか。

『ツインスター・サイクロン・ランナウェイ』小川一水

  • 自分でも不思議なんだけど文体が好みに合わない。客観的に見ると自分の好みに合う方向性な感じがするのですが。小川一水作品は数作読んでいるけれどライト方向だと水が合わないのかもしれない。ハード方向のは好きだったので。
  • 日を改めて読みたい。

『誤解するカド ファーストコンタクトSF傑作選』 野﨑まど・大森望 編

 ファーストコンタクトSF傑作選。言うほどファーストコンタクトじゃないのでは……。

筒井康隆「関節話法」

 いきなりファーストじゃないじゃん。でもすごい。ギャグをここまで広げていけるのさすがの手腕だな……。

小川一水「コズミックロマンスカルテット with E」

 合わなかった。カップリング脳なので。

野尻抱介「恒星間メテオロイド」

 合わなかった。このロマンス要素みたいなやついらないんじゃないかと思ってしまった。

ジョン・クロウリー「消えた」

 結局どうなったのかあんまりよく分からなかったんだけど、この得体の知れなさと人間側の事情が絡み合う感じが好きなファーストコンタクトSFだった。

シオドア・スタージョン「タンディの物語」

 これも子供に得体の知れない奇怪さが噛み合ってくる話の展開が楽しかった。描写に凄みがある。レシピのとこはうるせえなと思った。

フィリップ・K・ディック「ウーブ身重く横たわる」

 よくあるタイプの話だし注意してれば途中で読めてておかしくなかったと思うんだけど、結果的にオチが読めてなくて、最後うおおおってなったので楽しかった。いい短編だ。

円城塔「イグノラムス・イグノラビムス」

 めちゃめちゃ良かった。ワープ鴨から導入して(北大路魯山人要素で笑ってしまった)あっという間にすごいところに連れて行ってSFが展開して戻ってくる美しさ。本書の中で一番すき。

飛浩隆「はるかな響き Ein leiser Ton」

 サラダ作りすぎの描写が良かった。そしたら参考文献で笑った。

コニー・ウィリス「わが愛しき娘たちよ」

 ヤバい話だとは思った。

野崎まど「第五の地平」

 野﨑まどの短編だ……。野﨑まどのSF短編のときの真顔で改段落してギャグが入るの好き。ほぼ全部会話でやってしまうの贅をそぎ落とした感じでいいな。

『2010年代海外SF傑作選』 橋本輝幸 編

 2000年代~から続けて読むと、2010年は混沌の年代だった……というのはいまが2020年代初頭だからそういうバイアスが掛かって見えるというのが多分にあるんだろうけど、でもそう感じた。特に前半に2010年代感を強く感じる作品が並んでいた気がする。個々の作品は自分の好みには合わないものも結構あったけれど、2010年代のカオスを感じられる良いアンソロジーだった。

「火炎病」ピーター・トライアス

 スマホが当たり前になって、ARみたいなものが身近な質感を持つようになった2010年代の感覚。火炎病という題材とその正体は面白かったけど、これだけだとお話としてはプロローグだなと思って物足りなかった。

「乾坤と亜力」郝 景芳

 AIが学ぶ話。子供から。というのは2010年代感は別にないけど、巨大サービスがWeb経由で世界中に同時並行で何かを提供してるっていう想像力は2010年代的かもしれないなと思う(そういう映画もあったよなと思い出した)。

「ロボットとカラスがイーストセントルイスを救った話」アナリー・ニューイッツ

 これよかった。本書の初読作品だと一番好き。かわいい。「餌!」「死!」

 ロボットが自分の役目のためにがんばる話で、それは昔からあるけど、元の管理者がCDCの予算なくなってアマゾン・ヘルスに行くというのが2010年代的(適当)。そういうちょっと社会的な視点を盛り込みつつも、ロボットががんばってて、かわいいし、最後の画がすごく良い。

「内臓感覚」ピーター・ワッツ

 Google帝国の話で、不穏な描写(ガラスにぶつかってくるところとか)がすごく良かったけど、オチが腑に落ちなかった。

「プログラム可能物質の時代における飢餓の未来」サム・J・ミラー

 多分破滅の話なんだけど、よくわからなかった。

「OPEN」チャールズ・ユウ

 導入と設定は良かったけど結末が腑に落ちなかった。

「良い狩りを」ケン・リュウ

 これだけ既読の作品。幻想魔術スチームパンク。やっぱり好きだな。興味をそそる導入から中盤でターンがあって最後に期待通りの意外性がある。良い。

「果てしない別れ」陳 楸帆

 良かった。意識とか自己同一性とかの題材。軍人来るあたりとかのご都合感はちょっとうーんってなるんだけど、蠕虫との合一とかいうものすごくチャレンジングな話をしっかり書いてあって結末の味わいも素敵だった。

「“ “」チャイナ・ミエヴィル

 架空生物の話。ちょっと平凡に感じてしまった。

「ジャガンナート――世界の主」カリン・ティドベック

 ディストピア的なやつ。肉肉しい。ディストピア的なんだけどマザーの内部社会が(そもそも言うほど社会なのかわからないが)抑圧的なのかというと別にそういうわけでも……いや抑圧的かな。単純な擬人化的な仕掛けとか人類の分化的な構想とはちょっと違う、ひねった奇妙さがあって面白かった。

「ソフトウェア・オブジェクトのライフサイクル」テッド・チャン

 急に中編小説が来てびっくりした。良かった。AI生物の育成の話。色んな要素が盛り込まれているけれど、ソフトウェアやプラットフォームサービスの陳腐化と、人間の時間と、AI生物のディジエントの時間のズレ方みたいなところの難しさを一番感じた。セカンドライフの歴史を知ってるからVR Chatもまあ……みたいな、ものすごい雑だから有識者からは反論があるのかもしれないけど、なんかそういうテック諸行無常みたいな感覚を2010年代を通り過ぎた我々は持ってるよね。長い人生の時間軸をたっぷりつかって、ただ地面から足が離れてしまうほどの長時間じゃない射程で、丁寧に地続きの未来を描いているのが良い作品だった。

『全滅領域』『監視機構』『世界受容』(サザーン・リーチ) ジェフ・ヴァンダミア 酒井昭伸 訳

 良い小説だ……。

 神ゲー『CONTROL』が影響を受けているという話(たとえばこの記事)を聞いて読みました。確かに人物造形とか空気感で影響を受けている部分がかなりあるんだろうなと思いつつ、「CONTROLが影響受けてる」と聞いて想像した内容とは全く別物で、逆にCONTROLのゲームとしての組み立てはすごいなと思った。というか直球的なものはControlという単語(意味は全然違う)、局長Directorという役職(位置づけは全然違う)、あとはサザーン・リーチの局舎(どこでも入れる清掃員っていうので笑ったけど)あたりに見いだせなくもないという程度で、むしろそれで結びつけるのはこじつけ感があって、前述のインタビューで明言されてなかったら言うほど繋がり無いでしょと思ったかもしれないくらい。インスパイヤですとか言って直球に意匠をパクってしまう自分をめちゃめちゃ反省した。

 ともかく不穏で、良く意味は分からないのだけれど、大自然、不穏な描写、狂気、でもその感情……説明できないな。なんかよく分からないけれどすごいし良い小説。全滅領域はなんだこれどうなるんだという導入、監視機構はともかくコントロールがもがく感じが良くて、生物学者が良くて、世界受容はコントロールとゴーストバードの互いの視線が良くて、灯台守とグロリアが良くて、グレイスもめちゃ良くて、まあ全部良かった。あとこれドッペルゲンガー百合小説だよな。おすすめです。

『2000年代海外SF傑作選』

 傑作揃いだ。

『ミセス・ゼノンのパラドックス』エレン・クレイジャズ

 一発ネタなんだけど持って行き方が小気味よくて好き。これを先頭に配置したアンソロジーの勝利。

『懐かしき主人の声(ヒズ・マスターズ・ボイス)』ハンヌ・ライアニエミ

 動物サイバーパンク。なんかわちゃわちゃしてた。

『第二人称現在形』ダリル・グレゴリイ

 これ好き。ゼロ年代的、SF的な問題意識を題材にしつつ人間を掘り下げていく。2000年代のイメージって、この脳科学系の問題はもう全然新しくはないんだけど未だに全然飽きられてもいない、みたいな時代感だと思うから、このラインナップにも当然入ってくるはずで、でも似たような題材の作品山ほど書かれてる中でどう選ぶというのはきっと難しいと思う。でもそこでいかにもドライにハードSFっぽいのじゃなくてこの作品なのはSFの広さを感じた。

『地火』劉慈欣

 めちゃめちゃ良いじゃないですか。すごい作品。感想書いてもう一回興奮してきてしまった。この並びもすごくて、『第二人称現在形』は題材的には山ほど書き尽くされてる自己の話、けどドラマが良いよね、っていうやつなんだけど、『地火』は全然違う方向向いてて異色作というか……。社会。最後のシーンのパワーすごくて、素朴な科学の進歩史観的なものに対して強烈な居心地の悪さを叩き込んでくる。本書でこれが一番すごい作品だと思った。

『シスアドが世界を支配するとき』コリイ・ドクトロウ

 インターネットが世界を変えていく、良くしていくっていう素朴な……いや、どこまでが狙いかはともかくいまこれを書いていて思ったのは『地火』からの角度の切り替えが鋭すぎてすごい。インターネットというのがどちらかというと性善説的なテクノロジーで、柔らかくて頑健な作りになっていて、それを作って日々守るために活躍しているギークたちのプライド、根性、みたいなものに対するポジティブな見方があると思うんですけど、あるよね? ボクの肛門も閉鎖されそうですコピペみたいな感じですよあれも2000年代(その例は何?)。なんかそういう時代の質感を上手く題材にしている( 『地火』 の最後の強烈な無邪気さから振り返るとうーんとなるところがあるが!)。

 作品としては題材と中盤までの展開は良かったけど終わり方が気に入らなかった。

『コールダー・ウォー』チャールズ・ストロス

 これも題材と中盤までの展開は良かったけど(めちゃめちゃかっこいい)、終わり方が気に入らなかった。ちゃんとけりを付けて欲しい。

『可能性はゼロじゃない』N・K・ジェミシン

 この作品はちょっとよく分からなかった。

『暗黒整数』グレッグ・イーガン

 これだけ既読の作品。やっぱり相変わらず、かっこいい。

『ジーマ・ブルー』アレステア・レナルズ

 これは大好きですね。題材としてもフェチズムがあり、ジーマ・ブルーの青色に奇想が収束する感じが良い。締めくくりに相応しい傑作。

『裏世界ピクニック ふたりの怪異探検ファイル』 宮澤伊織

 ずっと気にはなっていました。怪異とかネットロアとかを扱っていて百合らしいと。それ好きなやつじゃないかと。都市伝説を扱って百合を目指した小説を書いていたときに方向性が近いと言われたこともありました。それなのに今まで読まなかったのはなんとなくWeb上の宣伝の方向性が気に入らないという完全に私怨な食わず嫌いだったのですが、そういう食わず嫌いは良くない、ちゃんと読んでから判断すべき、という天使の人格がKindle版50%オフセールで殴られたので買って読みました。

 残念ながら微妙だなと感じました。これは題材が好きだからハードルが上がっている可能性が高いのですが、なんかネットロアとりあえず出しただけで生かし切れてない感(4話の裏世界の怪異たちへの解釈はちょっと面白かったのだが、その理屈だと海兵隊がきさらぎ駅に到着はしないだろとか思ってしまって、この作りの感じだとその辺を続刊で回収……とかもあんまり期待できないなぁと)、あとは小説として上手く感じないというか、多分これ、アニメで作画動画が良ければ楽しいと思うんですが、小説という媒体で読んだときにあんまり良さがないんじゃないかなぁと思いました。心情とか。あとはそれこそネットロアってテキストだしそのへんなぁ、とか。多分題材が好きだからハードルが上がってるだけだな……。アニメを見ようかと思います。→(追記)アニメもnot for meだった……

『華氏451度』 Ray Bradbury 伊藤典夫訳

 洒落臭い表紙の新訳。実は読んだことが無かった。

 思ったよりよくわからないというか意識が解離してる描写が多くてこれどうするんだよと前半は思っていた。でも後半で急にディストピア物のテンプレ感が出てくる……というのは多分逆で、これが本家でインスパイア元なんだろう。作中で、どんどんみんなが馬鹿になって物事が要約されて圧縮されて短くなってみたいな話があったけど、まさに現代化に伴って今のディストピア物はこんなスピードではやっていけなくて開幕自宅炎上くらいには加速しないとダメだろうなとか思うと面白かった。

『象られた力 kaleidscape』 飛浩隆

 ぞ、象られた力……。

 短編4編。最初の『デュオ』が良かった。かなり読ませる。敵(?)の強さのほどよい感じが良いし、音楽周りの設定と描写がばっちり決まっていて、登場人物の配置に無駄がなくて光っている。すごく好き。『呪界のほとり』『夜と泥の』はあんまり響かなかった。表題作『象られた力』はイメージの鮮やかさとかアクションシーンがすごい良かったけど、最後がちょっとよくわからなかった。

『オニキス』 下永聖高

 短編5編。どれもSFとして(最後のは違うか)アイデアが良くて、描写も鮮烈な感じがする。特に『オニキス』と『三千世界』は良かった。チートコードみたいな雑だけど丁寧な設定良いよね。ただオチが弱いというかもう一ひねり欲しかった感じがあった。