『首無の如き祟るもの』 三津田信三

  刀城言耶シリーズ3作目。といっても刀城言耶あんまり出ないんだけど、そのあんまり出なさが良い形で活用されててすごすぎた。

 今回は初めから本文が連載小説であることが明示された上で、作者が犯人ではないですとかわざわざ断り書きがしてある。これをどういう形で使うのかなと思っていたがきちんと満足できる内容。また、タイトルの通り首無し死体ものなので、セオリーとして入れ替えトリックの疑いが常にかかってくるというところも、これまた最大限活用したすごい作品だった。このクオリティでシリーズ作品が出せてるのすごすぎるな。

『凶鳥の如き忌むもの』 三津田信三

 刀城言耶シリーズの第2作。前作の『厭魅の如き憑くもの』がすごく面白かったので、そこの期待値からすると本作は若干もう一息ほしかった感はあるものの、絶対値で言うと十分良かった。伝奇・怪異的要素が挿話も含めて凄まじく、密室からの消失トリックも良かったと思う。が、『厭魅』のような圧倒的なラストの振れ幅を期待していると、そこまでは届かないという感じがあった。しかしこの次のシリーズ3作目の評判がえらく良いらしいのでそれに期待したい。

『厭魅の如き憑くもの』 三津田信三

 ホラーミステリーホラー。サギリがいっぱい出てくるのでサギリ好きにはおすすめではないでしょうか(エロマンガ先生見てなし)。

 本分はミステリであると見るか、ホラーであると見るか、人により様々だと思いますし、読んでいる間にもそれは常に振れました。最初はミステリなのかなと思ってましたが、紗霧が川で追われるところとか、漣三郎が兄と山に登るところとかは、普通に怖いしホラーだと。最後一気に探偵っぽくなって多重解決みが出てきたときはあれミステリなんですかねそれにしては微妙だがと思ったら最後のどんでんがえしはちゃんとミステリっぽかったし唸った。と思ったらホラーも残していった。物量があり、伝奇モノっぽく小難しい話も結構出てくるので読むのに体力がいるけれど、最後には読んで面白かったと思える良作でした。