『ベストSF2021』 大森望 編

 推薦作リストに皆月蒼葉『中労委令36.10.16三光インテック事件(判レビ1357.82)』が載っているというのでびっくりしてそのあとしばらく積んであったけど読みました。『中労委令36.10.16三光インテック事件(判レビ1357.82)』はDLsiteで電子版が読めるし、収録した同人誌『紙魚はまだ死なない』もAmazonで買えるよ。

 柞刈湯葉「人間たちの話」、伴名練「全てのアイドルが老いない世界」、藤野可織「いつかたったひとつの最高のかばんで」の3作が特に良かった。

円城塔「この小説の誕生」

 Google翻訳小説。円城塔カラーが出ていて良かった。一度読んでしまえば、逆にこの題材でここまで深めて書ける人が他に思いつかない。

柴田勝家「クランツマンの秘仏」

 秘仏論文小説。秘仏、信仰実験、という材は面白かったし、最後ぐっと引きつけて終わるところが良かった。でも論文の形式を取っていることが良い効果を生んでいるのかという点はちょっと疑問だった。自分が良いと思った末尾だって、論文からはみ出ているわけで。

柞刈湯葉「人間たちの話」

 火星地下のメタン生成岩石という地球外”生命”に関する話、ではなく、タイトル通り人間たちの話。とても良かった。あとがきにあるとおりで、SFとは何かというのを考えて書いたのが伝わってくる。アクションもガジェットもないけどSF。その上で主人公と少年の人物像の書き込みがすごかった。本書収録作の中で『ベストSF』を選ぶなら自分はこれ。

勝山海百合「あれは真珠というものかしら」

 良かった。本書の収録作の中ではこれだけ既読で、かぐやSFコンテストの最終候補作品が公開されたときに読んでいた。そのときは感想を書き残してはいなかったのだけれど、この作品はよくわからないなりに好きだった(いや、感想をメモっていなかったから後知恵バイアスかもしれない……)。改めて読むと、不思議さ、伊勢物語のモチーフ、SF要素を急に明らかにしつつも切なくポップな感じを遺す終わり方など、良いところがたくさんある素敵な掌編だと思った。

牧野修「馬鹿な奴から死んでいく」

 魔術医が魔女と戦う。タイトルがかっこいい(収録作全体的にそうだけど)。このノリは好きだけど、最後どうなったのかわからないのがちょっと納得いかない。

 この作品と次の作品については、読んだ直後はこれSFじゃねえだろと思ったけど、そういうことを言うのは良くないと思った

斜線堂有紀「本の背骨が最後に残る」

 紙の本の代わりに本と呼ばれる人が物語の内容を記憶していて、物理で焚書する。いや良かったけどこれってSF……良かった。いやでもこれってSFっていうか……良かった。かなり好き。やってることはまあ法廷モノなんだけどダークなファンタジー的雰囲気作りに凄みがあって良い。もう少しハッピーな結末なら完全に好きだった。

三方行成「どんでんを返却する」

 これはちょっと自分にはノリが合わず、なんか滑り続けているように感じられてしまった。

伴名練「全てのアイドルが老いない世界」

 タイトル通り、アイドルというものが不老である世界の話。とても良かった。アイドルについては自分は詳しくないけどかなり取材して書いている感じが伝わってきた。そしてSF愛もすごい。根幹の老いないアイドルの設定はむしろファンタジー的な作りなんだけど(それもまた嬉しいんだけど)、そこに溢れるSF愛が加わり、前提のように端々に出てくる未来感のある設定があることによってやっぱりSFになっていると思った。あと確かにKindle版の表紙イラストが良い。キャラクターに力が入っている作品なのでなおさらこのイラストは素晴らしいと思った。本書収録作で一番好き。

麦原遼「それでもわたしは永遠に働きたい」

 良かった。労働が嫌なものからもっとやりたいものに反転するとか、脳のリソースを供出することで働くことになるとか、パーツパーツのアイデアはありがちながら、組み合わせ方、ひねり方が非常に上手くて予想外の味が出ていて楽しかった。

藤野可織「いつかたったひとつの最高のかばんで」

 最高のかばんの話。とても良かった。導入から展開からオチまで全部好き。刺してくるユーモア。ツッコミに回らさせられながら、なんか居心地が悪くなってしまう風刺の良さ。この不思議さ、不条理さ、ユーモアで進んでいって最後をどう締めるのかと思ったけど、最後まで風刺の効きつつ良い画で終わって最高だった。

堀晃「循環」

 小説としてはちょっと退屈に感じた。自伝?として読んだら違う味な気はする。

『なめらかな世界と、その敵』 伴名練

 どうも文學界の今月号に自分の作った同人誌が載っているらしい、という怪情報がツイッターを流れており、んなわけないでしょと思いながら買ったら、載ってた。『特集 文學界書店2021』において、作家・伴名練先生がリフロー型電子書籍化不可能小説合同誌『紙魚はまだ死なない』を紹介してくださっていたのです。これはもう、しみじみと嬉しい……。光栄です。作って良かった! また同人誌作ろう!

 しかし、実は僕は伴名練先生の作品を読んだことが一作しかありませんでした。 『シンギュラリティ・ソビエト』を『改変歴史SFアンソロジー』で読んでめちゃめちゃ面白いと思っていたのですが、そのあと本書『なめらかな世界と、その敵』が出たときにはなんか読むタイミングを逃していました。話題になってるなとは思っていたのですが。このままでは「あの伴名練に紹介して貰ったんだぜ」という自慢ツイートをしまくるにあたり裏付けが不足していることから、急遽本書を読んだ次第です。最悪の理由すぎる。という、導入は最悪なんだけど、この本は最高なので読んでください。

 伴名練先生本当にありがとうございました。

 ここからはいつもの感想書くモードで書く。

なめらかな世界と、その敵

 可能世界移動SF。小説だからこそできる表現でもあるし、本来アニメとかが向いている表現でもある題材だと思う。あるいはノーランの映画とかなのかもしれない。最後の走るシーンなんかは、あざとさを感じるくらいかっこよかったし、アニメ化してくれよと煽る感じがした(???)。映像を想起させる文章、基本的には映像を見たことのある人にしか効かない。漫画やアニメや映画やゲームがあるのに小説なんて古いなんて言われることもあるけれど、いやいやそれらを飲み込んで小説はまだまだ進化中だぞと思わせてくれて、勇気づけられてしまう。

ゼロ年代の臨界点

 SF偽史SF。好き。この作品と、『美亜羽へ贈る拳銃』の二作にものすごく感じることとして、作者のSF愛が熱い。並のSF愛ではこの作品書けない。最もSFを愛した作家とか帯の煽りに書いてあるの知っていたけれど、どういう意味だよと正直思ってました。でもこれ読んで意味が完全に理解ってしまった。精読してどこが何のオマージュとか分解していったらものすごく遊べそうだし、そんなことしなくてもものすごく楽しくなれる、それを両立できるのは、すごい。

美亜羽へ贈る拳銃

 本書収録作で一番面白かった。伊藤計劃トリビュートが初出ということ、美亜羽がミァハから取った名前であるということ、は評判を聞いて読む前から知っていたのですが、単に名前借りましたとかでなくて、あ、本当にトリビュートだこれ、っていう、しまった舐めてな、と思わされた。 愛だよこれ。純粋に小説として、物語として面白く、引き込まれてしまいながら、それと同時にメタ的に、この作者の愛に勝てない、と思わされる。稀有な読書体験。

ホーリーアイアンメイデン

 書簡体異能力姉SF。え、文体の切り替えすごくないか、と思った。一冊に収録されている作品が全部強いのに方向性が多彩すぎる。引き出しめちゃめちゃあるからくり屋敷か? 忍具めちゃめちゃ持ってるSFニンジャか?(自分の同人誌を紹介して貰って嬉しかったって書き始めた感想なのに作者をニンジャ呼ばわりし始めるの意味が分からないんだけど、それくらい衝撃を受けているんだ)

シンギュラリティ・ソヴィエト

 これは『改変歴史SFアンソロジー』で読んでともかく楽しかったけれど、もう一度読んでもやっぱり楽しい。やっぱりシンギュラリティってそういうことだよなと、奇想を掻き立てられてしまう。

ひかりより速く、ゆるやかに

 青春時間SF。最後の作品でいきなり正面から殴りかかってきてびっくりしてしまった。え、いきなり正面から殴られてびっくりしています。いま。いや、この作品もやっぱり、膨大な先行作品研究の上に書かれており(作中でも叔父の本という形で示されていたりする)、SF愛なんだけれど、それよりもこの小説自体のレイヤにおいて、まっとうに純粋に正面から青春SFだ。なんだけれども、なんだけれどもその青春SFの主人公が苦しめられるのはSF的想像力の残酷さでもあって……。卑近な例で、なんか海外のニュースとかにすぐ「SFじゃん!」とかツイートしてしまう我々の、無邪気な残酷さですよ。さらにその無神経さに現に苦しんでいる彼自身も、未来へのSF的想像力に縋らずにはいられなくて。……こう読むとやっぱりSF愛じゃないか! でも最後には、しっかりと立ち向かって、現実に帰ってくる。好き……。正面から青春SFを浴びて興奮して感想を書いてしまいました。とても良かったです。