『新しい世界を生きるための14のSF』 伴名練・編

 皆さんは加速しましたか?

『二〇二二年五月時点で、まだSFの単著を刊行していない』作家限定(例外もある)で、過去五年間に発表された短編を集め、日本SF界の歴史を十年加速させることを目的に編まれたアンソロジー。上記ツイートの通りの経緯で見本をいただきました。「点対」のリフロー型電子書籍化不可も見届けたかったからKindle版も買った。

 以下は収録作品そのものについての感想を記録するのですが、各作品のSFサブジャンルに対して伴名練が凄まじい熱量の四ページ解説を付けており、そちらも圧巻です。収録作品自体はそれぞれの初出媒体で読んでいるという人も結構いると思いますが、そういう人でもぜひ読むべき一冊だと思いました。


 以下、直接的な核心は避けるものの、ネタバレがある。

 特に好きなのは、「回樹」、「点対」、「冬眠世代」、「ショッピング・エクスプロージョン」、「無脊椎動物の想像力と創造性について」、「夜警」。

「Final Anchors」八島游舷

  • 衝突直前の自動車の自動運転AI同士が一瞬の間に繰り広げる交通事故状況調停。
  • 設定、導入がすさまじく良い。衝突直前の自動車の自動運転AI同士、状況調停、ダウナー、ファイナルアンカー、二段階目の秘密の調停など、二の矢、三の矢まで含めた状況設定がとても上手く、どんどん引き込まれてしまった。
  • ただ、結末は納得感が薄く感じた。AIがこういう人間らしさを発揮するのは別に良いというかむしろそういう作品も好きだけど、この作品世界の設定とは食い合わせが悪くないか、と思った。トロッコ問題よりゲーム理論になっちゃいません?

「回樹」斜線堂有紀

  • 取調室で恋人との過去を回想する女と、死体を取り込んで死者への愛情を転移させる謎の存在「回樹」。
  • 回樹の設定から愛に対する冷たいまなざしが、というところは確かにSFで、一方で話の構造は違う畑から取れてるっぽい味で良く、初出の百合SFという文脈においてとても優れている作品だと思った。人間関係、恋愛の暗いところを中心に書いているんだけれども、「回樹」というSFガジェットが入ってきたときにどうなるかという実験的なところはSFらしさ。好きなバランス感覚だった。
  • SFの単著は出していないからセーフ理論!

「点対」murashit

  • 双子の兄弟の裏表の語りが回転しながら変奏していく。
  • 改めてとてもかっこいい作品。最初の合流地点は何度たどり着いても鳥肌ものですね。「おしまいのアリア~」のところも。
  • 自分が代わりに氏の過去作品と絡めた感想書こうかな。このアンソロジーの解説はそういう方向じゃなかったから。→とおもったらあとからそういう方向のあとがき出てしまった。
  • 「点対」(2020)のこの形式この語りは、極めて音声的、音楽的だというのがまず大きな特徴だと思います。リフロー型電子書籍化不可能小説というお題に対して、直線的、単線的でない語りを書くというのが作品意図だと思われますが、二つの声が併走して交わって、という対位法のイメージが取り入れられている(→ゴルトベルク変奏曲にイメージが繋がる?)。
  • murashit作品がここに到達するまでには歴史というか流れがあって、単線的ではない語りを書くという課題感でいうと、「彼岸過迄」(2018)では上下二段組みで併走する語りという形式を試みていたし、「神の裁きと訣別するため」(2019)では箇条書きで語ることに挑戦してきている。これらは両方とも、形式が面白い効果を生んでいる作品だと思うけれど、それでもやっぱり結局一方方向の順番に読むことになるは変わらないじゃんというか、ある程度の単線性からは否応なく逃れられていなかったと思うのですが、それが「点対」で殻を破ってしまった感がある。二段組みとかじゃなくてもう二行セットにしてしまったことと、合流ポイントに字数をピッタリ合わせることで、二つの併走が真に時間的に同時性を持っていることを表現できる(二段組みだと、結局一段読んでからもう一段読むという、順序性から逃れられない)し、合流と交代の仕掛けが、物語の内容とも一致して効果を上げている。凄まじいですね。
    • この流れも、これ書いたあとに本人ブログで言及されてたから今さら感が出てしまったが、まあそのまま載せます。
  • もう一つ、細かいところなんだけれど好きなところで他作品と絡めると、「点対」では双子の語る内容の相互の不整合が序盤から入れてあって、しかも最初は自分たちの兄弟仲に対する認識とか、まだしも感じ方の違い、勘違い、みたいなのでも処理できるところから入っていって、背の高さ、ゲーセンとゲーム屋、どっちが服を借りたのか、と徐々にやっぱりおかしいぞ、噛み合わないぞ、という情報で盛り上げていく。このしれっと矛盾情報を入れてヒントにしてくるテクは「大勢なので」(2021)でもより磨きがかかった形で使われていて、進化してるなと思うところです。良い具合に深読みを誘うんだよな~。

「もしもぼくらが生まれていたら」宮西建礼

  • 人工衛星や宇宙機を作る(作らないのか。構想する)高校生の宇宙青春ものとして導入しつつ、パラレルものへ。
  • その仕掛けには自分はあんまり乗れなかったのと、やや説明的すぎるように感じた。

「あなたの空が見たくて」高橋文樹

  • 星間旅行(インターステラー)でたまたま知り合った地球人の話。
  • 良くも悪くもコンパクトな話で、本当にちょっと知り合った人のエピソードなんだよねという程度の大きさなんだけれど、端々に垣間見える設定や世界観が良くて好き。
  • 失神者、よすぎる。

「冬眠世代」蜂本みさ

  • 冬眠する最後の世代の熊のはなし。
  • 冬眠したりしなかったりする熊社会で、夢の中で先祖の記憶や熊同士が繋がれる、というそれだけだとファンタジー的な設定に、社会の発展で冬眠しなくなるとか、自身の冬眠出産経験を記録する民俗学者だとかのレイヤーが重なってSFの色合いが入ってくるのが良い。
  • そしてそれらを見せる語りが、夢の中の意識の流れ的に語り手が移り変わる不思議な構造を取っているのも柔らかい表現になっていて好き。

「九月某日の誓い」芦沢央

  • 奉公先の御嬢様の超能力について。
  • 大正伝奇風味の雰囲気がとても好き。
  • 能力が明かされて伏線回収の流れのところがちょっとついていけないというか、ぶっ飛びすぎてないかなと思ってしまった。科学的(?)な説明が逆に無理矢理に感じるというか……。

「大江戸しんぐらりてい」夜来風音

  • 和歌研究から算術長屋へ。エンジン系架空歴史SF。
  • アイデアが強く展開にパワーがあって良い。算術長屋の力業感から演算士の反乱に繋がっていく辺り、理屈はもう崩壊しているというかよく分かんなくなってるし、冷静に考えるとそもそも和歌や万葉仮名から結局どうこれが導かれたのかとか謎だし、最後の起動条件それでいいのかよとか色々あるんだけど、そういう細けえことは良いんだよという勢いがあるのがすごく好き。
  • タイトル回収笑った。良い。

「くすんだ言語」黒石迩守

  • 言語SF。
  • 中間言語はいいとして、それってブロックチェーンなのか?
  • 現代と地続きのリアルな質感で未来を描こうとしているところに入ってきた娘の描写に今より古いステレオタイプを感じて、そのあたりが好みではなかった。

「ショッピング・エクスプロージョン」天沢時生

  • ドンキホーテパンクSF(?)
  • 面白すぎる。勢いが好き。
  • 解説でコメントされているとおり、その無茶苦茶な面白さなんだけどストーリーの骨は王道なのがまた良い。
  • 一番好きなギャグは「実はアパレル出身」。

「青い瞳がきこえるうちは」佐伯真洋

  • VRスポーツ的な卓球を通しての昏睡者との対話。
  • 卓球のディテールが良かった。
  • 兄弟(と父)に閉じずにキャラを深めてるのが良いと思った。京都の景色も良い。

「それはいきなり繋がった」麦原遼

  • ポストコロナ並行世界SF。
  • 鏡世界であることを利用した疫病対策としての世界間移住というアイデアが鋭い。
  • 説明的な思考実験の度合いが強く、もう少し物語というかドラマというかの掘り下げが欲しいと思った。

「無脊椎動物の想像力と創造性について」坂永雄一

  • 蜘蛛SF。さいきん聞こえてくるジャンル(?)であるところの京都破壊SFでもある。
  • これはともかく画が良い。京都の景色も。模型のところも。終盤の幻視も。
  • 終盤起こっているイベントがそこで(そのときに)起こるに至る機序とか、なんか気になる部分はあるんだけど、それを容易に乗り越えてしまう画の良さがあると思った。ビジョンに振るために色々切り捨てて短編として完成度を高めてるのかなと思った。また読み返したい作品。

「夜警」琴柱遥

  • 願ったものが何でも手に入る流れ星に対して願わせるために子どもを交代で夜警に立てる村。
  • ファンタジックな要素から入ってSFツイストが効く。効くけど、全てを明かすわけでもなく、次の朝どうなるのかもわからないエンディングなのがまた良い味。SF的に全部説明されたら冷めちゃう題材だと思うので、この落ち着け方はすごく好きだった。
  • 主人公の心情や村の描写が美しい。

『アステリズムに花束を 百合SFアンソロジー』

『キミノスケープ』宮澤伊織

  • 好き。雰囲気が静かで綺麗。
  • 良い感じなのでもう少し先まで行って欲しいというか、きちんとけりを付けて欲しいという気持ちがある。
  • これを百合SFアンソロジーの冒頭に持ってきて殴ろうという心意気良いと思った。

『四十九日恋文』森田季節

  • 良いアイデアだと思ったけど、良いアイデアからもう一歩出てくれなかった感じがあった。
  • と書いて思ったけど、けれど、題材からしてツイストが決まるような話でもないというかそういうのがあったらそれはそれでご都合主義すぎる感じがするから、これくらいでちょうど良い気もしてきた。

『ピロウトーク』今井哲也

  • 好き。雰囲気と構成。
  • 漫画入れていいんだ。良いね。

『幽世知能』草野原々

  • 難解さと露悪的な描写(?)が、印象には強く残るけれど、好きかと言われると違う気がする。

『彼岸花』伴名練

  • 好き。圧倒的に上手い。本書で一番好き。
  • 百合SFへのアンサー過ぎませんか。
  • A⇔Bでもなく、AとBとCでもなく、二組の姉妹を構造に取り入れているのが巧み。
  • 大正風文体だと書簡体でも描写に迫力が出て良いなぁ。
  • 活動写真使うの良い意味でズルい。道具的だ。

『月と怪物』南木義隆

  • すごい。好き。
  • 射程が広い。距離も時間も。
  • 暗いのに明るいのが心に来る。

『海の双翼』櫻木みわ×麦原遼

  • ちょっと難しすぎに感じて、上手く入り込めなかった。

『色のない緑』陸秋槎

  • 学生時代の描写とかの雰囲気好き。三人の関係や周辺設定の書き込みが厚い。
  • 結論部、題材としてすごく好き。
  • そこに至るまでの現在ラインのストーリーはちょっと淡泊かなと感じた。題材的にも動きは出にくいか。

『ツインスター・サイクロン・ランナウェイ』小川一水

  • 自分でも不思議なんだけど文体が好みに合わない。客観的に見ると自分の好みに合う方向性な感じがするのですが。小川一水作品は数作読んでいるけれどライト方向だと水が合わないのかもしれない。ハード方向のは好きだったので。
  • 日を改めて読みたい。

『ベストSF2021』 大森望 編

 推薦作リストに皆月蒼葉『中労委令36.10.16三光インテック事件(判レビ1357.82)』が載っているというのでびっくりしてそのあとしばらく積んであったけど読みました。『中労委令36.10.16三光インテック事件(判レビ1357.82)』はDLsiteで電子版が読めるし、収録した同人誌『紙魚はまだ死なない』もAmazonで買えるよ。

 柞刈湯葉「人間たちの話」、伴名練「全てのアイドルが老いない世界」、藤野可織「いつかたったひとつの最高のかばんで」の3作が特に良かった。

円城塔「この小説の誕生」

 Google翻訳小説。円城塔カラーが出ていて良かった。一度読んでしまえば、逆にこの題材でここまで深めて書ける人が他に思いつかない。

柴田勝家「クランツマンの秘仏」

 秘仏論文小説。秘仏、信仰実験、という材は面白かったし、最後ぐっと引きつけて終わるところが良かった。でも論文の形式を取っていることが良い効果を生んでいるのかという点はちょっと疑問だった。自分が良いと思った末尾だって、論文からはみ出ているわけで。

柞刈湯葉「人間たちの話」

 火星地下のメタン生成岩石という地球外”生命”に関する話、ではなく、タイトル通り人間たちの話。とても良かった。あとがきにあるとおりで、SFとは何かというのを考えて書いたのが伝わってくる。アクションもガジェットもないけどSF。その上で主人公と少年の人物像の書き込みがすごかった。本書収録作の中で『ベストSF』を選ぶなら自分はこれ。

勝山海百合「あれは真珠というものかしら」

 良かった。本書の収録作の中ではこれだけ既読で、かぐやSFコンテストの最終候補作品が公開されたときに読んでいた。そのときは感想を書き残してはいなかったのだけれど、この作品はよくわからないなりに好きだった(いや、感想をメモっていなかったから後知恵バイアスかもしれない……)。改めて読むと、不思議さ、伊勢物語のモチーフ、SF要素を急に明らかにしつつも切なくポップな感じを遺す終わり方など、良いところがたくさんある素敵な掌編だと思った。

牧野修「馬鹿な奴から死んでいく」

 魔術医が魔女と戦う。タイトルがかっこいい(収録作全体的にそうだけど)。このノリは好きだけど、最後どうなったのかわからないのがちょっと納得いかない。

 この作品と次の作品については、読んだ直後はこれSFじゃねえだろと思ったけど、そういうことを言うのは良くないと思った

斜線堂有紀「本の背骨が最後に残る」

 紙の本の代わりに本と呼ばれる人が物語の内容を記憶していて、物理で焚書する。いや良かったけどこれってSF……良かった。いやでもこれってSFっていうか……良かった。かなり好き。やってることはまあ法廷モノなんだけどダークなファンタジー的雰囲気作りに凄みがあって良い。もう少しハッピーな結末なら完全に好きだった。

三方行成「どんでんを返却する」

 これはちょっと自分にはノリが合わず、なんか滑り続けているように感じられてしまった。

伴名練「全てのアイドルが老いない世界」

 タイトル通り、アイドルというものが不老である世界の話。とても良かった。アイドルについては自分は詳しくないけどかなり取材して書いている感じが伝わってきた。そしてSF愛もすごい。根幹の老いないアイドルの設定はむしろファンタジー的な作りなんだけど(それもまた嬉しいんだけど)、そこに溢れるSF愛が加わり、前提のように端々に出てくる未来感のある設定があることによってやっぱりSFになっていると思った。あと確かにKindle版の表紙イラストが良い。キャラクターに力が入っている作品なのでなおさらこのイラストは素晴らしいと思った。本書収録作で一番好き。

麦原遼「それでもわたしは永遠に働きたい」

 良かった。労働が嫌なものからもっとやりたいものに反転するとか、脳のリソースを供出することで働くことになるとか、パーツパーツのアイデアはありがちながら、組み合わせ方、ひねり方が非常に上手くて予想外の味が出ていて楽しかった。

藤野可織「いつかたったひとつの最高のかばんで」

 最高のかばんの話。とても良かった。導入から展開からオチまで全部好き。刺してくるユーモア。ツッコミに回らさせられながら、なんか居心地が悪くなってしまう風刺の良さ。この不思議さ、不条理さ、ユーモアで進んでいって最後をどう締めるのかと思ったけど、最後まで風刺の効きつつ良い画で終わって最高だった。

堀晃「循環」

 小説としてはちょっと退屈に感じた。自伝?として読んだら違う味な気はする。

『なめらかな世界と、その敵』 伴名練

 どうも文學界の今月号に自分の作った同人誌が載っているらしい、という怪情報がツイッターを流れており、んなわけないでしょと思いながら買ったら、載ってた。『特集 文學界書店2021』において、作家・伴名練先生がリフロー型電子書籍化不可能小説合同誌『紙魚はまだ死なない』を紹介してくださっていたのです。これはもう、しみじみと嬉しい……。光栄です。作って良かった! また同人誌作ろう!

 しかし、実は僕は伴名練先生の作品を読んだことが一作しかありませんでした。 『シンギュラリティ・ソビエト』を『改変歴史SFアンソロジー』で読んでめちゃめちゃ面白いと思っていたのですが、そのあと本書『なめらかな世界と、その敵』が出たときにはなんか読むタイミングを逃していました。話題になってるなとは思っていたのですが。このままでは「あの伴名練に紹介して貰ったんだぜ」という自慢ツイートをしまくるにあたり裏付けが不足していることから、急遽本書を読んだ次第です。最悪の理由すぎる。という、導入は最悪なんだけど、この本は最高なので読んでください。

 伴名練先生本当にありがとうございました。

 ここからはいつもの感想書くモードで書く。

なめらかな世界と、その敵

 可能世界移動SF。小説だからこそできる表現でもあるし、本来アニメとかが向いている表現でもある題材だと思う。あるいはノーランの映画とかなのかもしれない。最後の走るシーンなんかは、あざとさを感じるくらいかっこよかったし、アニメ化してくれよと煽る感じがした(???)。映像を想起させる文章、基本的には映像を見たことのある人にしか効かない。漫画やアニメや映画やゲームがあるのに小説なんて古いなんて言われることもあるけれど、いやいやそれらを飲み込んで小説はまだまだ進化中だぞと思わせてくれて、勇気づけられてしまう。

ゼロ年代の臨界点

 SF偽史SF。好き。この作品と、『美亜羽へ贈る拳銃』の二作にものすごく感じることとして、作者のSF愛が熱い。並のSF愛ではこの作品書けない。最もSFを愛した作家とか帯の煽りに書いてあるの知っていたけれど、どういう意味だよと正直思ってました。でもこれ読んで意味が完全に理解ってしまった。精読してどこが何のオマージュとか分解していったらものすごく遊べそうだし、そんなことしなくてもものすごく楽しくなれる、それを両立できるのは、すごい。

美亜羽へ贈る拳銃

 本書収録作で一番面白かった。伊藤計劃トリビュートが初出ということ、美亜羽がミァハから取った名前であるということ、は評判を聞いて読む前から知っていたのですが、単に名前借りましたとかでなくて、あ、本当にトリビュートだこれ、っていう、しまった舐めてな、と思わされた。 愛だよこれ。純粋に小説として、物語として面白く、引き込まれてしまいながら、それと同時にメタ的に、この作者の愛に勝てない、と思わされる。稀有な読書体験。

ホーリーアイアンメイデン

 書簡体異能力姉SF。え、文体の切り替えすごくないか、と思った。一冊に収録されている作品が全部強いのに方向性が多彩すぎる。引き出しめちゃめちゃあるからくり屋敷か? 忍具めちゃめちゃ持ってるSFニンジャか?(自分の同人誌を紹介して貰って嬉しかったって書き始めた感想なのに作者をニンジャ呼ばわりし始めるの意味が分からないんだけど、それくらい衝撃を受けているんだ)

シンギュラリティ・ソヴィエト

 これは『改変歴史SFアンソロジー』で読んでともかく楽しかったけれど、もう一度読んでもやっぱり楽しい。やっぱりシンギュラリティってそういうことだよなと、奇想を掻き立てられてしまう。

ひかりより速く、ゆるやかに

 青春時間SF。最後の作品でいきなり正面から殴りかかってきてびっくりしてしまった。え、いきなり正面から殴られてびっくりしています。いま。いや、この作品もやっぱり、膨大な先行作品研究の上に書かれており(作中でも叔父の本という形で示されていたりする)、SF愛なんだけれど、それよりもこの小説自体のレイヤにおいて、まっとうに純粋に正面から青春SFだ。なんだけれども、なんだけれどもその青春SFの主人公が苦しめられるのはSF的想像力の残酷さでもあって……。卑近な例で、なんか海外のニュースとかにすぐ「SFじゃん!」とかツイートしてしまう我々の、無邪気な残酷さですよ。さらにその無神経さに現に苦しんでいる彼自身も、未来へのSF的想像力に縋らずにはいられなくて。……こう読むとやっぱりSF愛じゃないか! でも最後には、しっかりと立ち向かって、現実に帰ってくる。好き……。正面から青春SFを浴びて興奮して感想を書いてしまいました。とても良かったです。