『雨の日も神様と相撲を』 城平京

 なぜこの題材で書こうと思ったのか。かなり異色作なきがする。

 異色な設定の活かし方や終盤の着地点は良かった。さすがに主人公が無根拠に強キャラすぎるのではというのと、殺人事件のほうが挿話として刺さり方があまりにも浅すぎないかというところが気になった。

『虚構推理 スリーピング・マーダー』 城平京

 虚構推理シリーズ、三冊目の小説。二冊目の 『虚構推理短編集 岩永琴子の出現』 を読んだときに、面白いんだけど長編が読みたいなと感じたところがあったため、本作を読み始めたとき、これ短編集では、という疑念で一瞬残念な気持ちになったりしたのだが、最終的には長編的にまとめてきたので良かった。理外の存在が絡んだ事件に対して虚構を構築して真相が二転三転する構成の妙は相変わらずで、楽しい。峰打ちの下りとかメチャクチャなんだけど、この作風だと何をやっても許される感じになるのが強いな。

『虚構推理短編集 岩永琴子の出現』 城平京

 短編集。本編(?)の既読を前提としている(と思われる)スピンオフ。

 相変わらず虚構推理をする話が、幾分スケール小さめで5編。岩永琴子の本来業務である怪異のお悩み解決が中心。付喪神とかがチートで笑う。鰻屋のやつみたいな変則的なのも楽しい。

『虚構推理』 城平京

  アニメ化が決まって話題になっているときに読んだことないって言ったらそんなわけ無いだろ的なをいただいたのでキャッチアップするために読みました。そしたらめっちゃ好きなやつだった。別にあらすじにだいたい書いてあるから特にネタバレ要素ないし説明してしまうと、都市伝説の怪異に対して合理的な説明をつけて説得力を獲得することで退治してしまうという話。めっちゃ好きなやつじゃん。主人公兼メインヒロインが敬語系腹黒美少女。めっちゃ好きなやつじゃん。そのヒロインとバディを組む九郎と合わせてふたりとも怪異に片足突っ込んでおり真人間ではない。めっちゃ好きなやつじゃん。あと琴子の造形で好きなところは九郎への好意の発端が特にそういう怪異的な理由ではない(いや全く無いのではないだろうけど)というのが良いと思う。めっちゃ好きなやつ。小ネタ的な天丼みたいなやつとか罵倒が挟み込まれるやつとかもめっちゃ好きなやつ。短編集もあるみたいなので読みます。