『天になき星々の群れ―フリーダの世界』 長谷敏司

 そこまで自分には迫ってこなかった。題材は結構好きなんだけど、技術の追いついてなさを感じた(主人公の目的がよくわからなくて話の牽引が弱い、メイン2人以外の区別があんまりつかない特に男性キャラ、とか)。同じ作者の『BEATLESS』はすごく良かったので(というか、やりたいことは結構共通点が感じられたので、なおさら)、書いた時期の問題と、読んだ時期の問題だと思う。

『君の名は。Another Side:Earthbound』 加納新太

 良い補完ノベライズ、といいつつ、瀧in三葉とテッシーの話はまあ、ノベライズだけれども(本編ではっきり言わなかったところが綺麗に補完される)、四葉と宮水父の話はもうこれ自体がすごくよく出来てるなー、と思った。宮水父の話めっちゃいいでしょ……。二葉さんの話に脆弱性センサーは働いていたが映画ではそのあたりはバッサリだったので、こういう場で実力のある人が書いているのは世界に感謝だった。普通にもう一回映画見たくなったので商売がうますぎる。

『終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?』 枯野瑛

 これ昔のライトノベルですよね! いや別に昔のライトノベルがわかるほど読んだことないけど、劇画読んだことなくても劇画チックがわかるみたいなそういう理論で、これは昔のライトノベルだと思う。で、それにこう今風なタイトルを付けてしまったのでタイトルが滑るどころか中身と接触せず浮遊してる面白状態に陥ってるけれど、中身は上滑りしない丁寧な感じです。