『誤解するカド ファーストコンタクトSF傑作選』 野﨑まど・大森望 編

 ファーストコンタクトSF傑作選。言うほどファーストコンタクトじゃないのでは……。

筒井康隆「関節話法」

 いきなりファーストじゃないじゃん。でもすごい。ギャグをここまで広げていけるのさすがの手腕だな……。

小川一水「コズミックロマンスカルテット with E」

 合わなかった。カップリング脳なので。

野尻抱介「恒星間メテオロイド」

 合わなかった。このロマンス要素みたいなやついらないんじゃないかと思ってしまった。

ジョン・クロウリー「消えた」

 結局どうなったのかあんまりよく分からなかったんだけど、この得体の知れなさと人間側の事情が絡み合う感じが好きなファーストコンタクトSFだった。

シオドア・スタージョン「タンディの物語」

 これも子供に得体の知れない奇怪さが噛み合ってくる話の展開が楽しかった。描写に凄みがある。レシピのとこはうるせえなと思った。

フィリップ・K・ディック「ウーブ身重く横たわる」

 よくあるタイプの話だし注意してれば途中で読めてておかしくなかったと思うんだけど、結果的にオチが読めてなくて、最後うおおおってなったので楽しかった。いい短編だ。

円城塔「イグノラムス・イグノラビムス」

 めちゃめちゃ良かった。ワープ鴨から導入して(北大路魯山人要素で笑ってしまった)あっという間にすごいところに連れて行ってSFが展開して戻ってくる美しさ。本書の中で一番すき。

飛浩隆「はるかな響き Ein leiser Ton」

 サラダ作りすぎの描写が良かった。そしたら参考文献で笑った。

コニー・ウィリス「わが愛しき娘たちよ」

 ヤバい話だとは思った。

野崎まど「第五の地平」

 野﨑まどの短編だ……。野﨑まどのSF短編のときの真顔で改段落してギャグが入るの好き。ほぼ全部会話でやってしまうの贅をそぎ落とした感じでいいな。

『タイタン』 野﨑まど

 お仕事小説。なにがお仕事小説だよ。

 いつもの野﨑まどで、すごいやつとすごいやつを会わせてどうなるか、っていう、『know』でもやったし、部分的には『2』でも『正解するカド』でもやったことを変奏している。「働く」とは、みたいな単純な言葉の意味を考えていくというのもいつもの作風だし、見せ場で慣用句をバラしてくるのもいつも通りで笑った。最後のオチは割と小ネタなんだけど、ちゃんと最初から仕込まれていたのがニヤニヤしてしまった。

 装丁も良い。

新装版が出る野崎まどメディアワークス文庫6作を今すぐ読んでくれ【後編・ネタバレあり】

※本来の表記は「野﨑まど」(﨑のつくりの上は立)ですが、本記事では「野崎まど」と略記させていただきます

 この度「メディアワークス文庫創刊10周年&野崎まどデビュー10周年 特別企画」により新装版が刊行されることとなった、野崎まどのメディアワークス文庫における以下の6作品を改めて紹介するレビュー記事です。前編はこちら。

  1. [映]アムリタ
  2. 舞面真面とお面の女
  3. 死なない生徒殺人事件 ~識別組子とさまよえる不死~
  4. 小説家の作り方
  5. パーフェクトフレンド

※今回の後編はネタバレありです。もう読んだ人向けに勝手に感想を語る会です。 本編未読の方は読み進めないでください! ネタバレ無しの前編はこちら

※本当の本当に、このシリーズはネタバレで鑑賞体験が損なわれる恐れがあります。頼むから未読の人は今すぐPCまたはスマホを破壊してください!!

続きを読む

新装版が出る野崎まどメディアワークス文庫6作を今すぐ読んでくれ【前編・ネタバレなし】

※本来の表記は「野﨑まど」(﨑のつくりの上は立)ですが、本記事では「野崎まど」と略記させていただきます

この記事について

【要約】すごい力を持った女の子に蹂躙されたい

 この度「メディアワークス文庫創刊10周年&野崎まどデビュー10周年 特別企画」により新装版が刊行されることとなった、野崎まどのメディアワークス文庫における以下の6作品を改めて紹介するレビュー記事です。今回の前編はネタバレなしの布教用です。そのうち後編で改めてネタバレありで感想と考察を書き直そうと思います。

  1. [映]アムリタ
  2. 舞面真面とお面の女
  3. 死なない生徒殺人事件 ~識別組子とさまよえる不死~
  4. 小説家の作り方
  5. パーフェクトフレンド

【旧版】

【新装版】

 

どんな小説なのか?

 上記のメディアワークス文庫の記事では「野崎まど異彩ミステリ6作」と表現されており、一応ミステリという枠に……いや収まらないと思います。ミステリの定義を「謎を解く話」くらいに拡大すれば、収まります。その程度です。

 自分なりにこの6作の特徴を挙げながら魅力を紹介したいと思います。

超越的な存在が登場する

 たとえば「[映]アムリタ」のあらすじは以下の通り。

自主制作映画に参加することになった芸大生の二見遭一。その映画は天才と噂される最原最早の監督作品だった。彼女のコンテは二見を魅了し、恐るべきことに二日以上もの間読み続けさせてしまうほどであった。二見はその後、自分が死んだ最原の恋人の代役であることを知るものの、彼女が撮る映画、そして彼女自身への興味が先立ち、次第に撮影へとのめりこんでいく。
しかし、映画が完成したとき、最原は謎の失踪を遂げる。ある医大生から最原の作る映像の秘密を知らされた二見は、彼女の本当の目的を推理し、それに挑もうとするが――。

[映]アムリタ – メディアワークス文庫公式サイトより

 これは、「映画でどんなことでもできる」天才美少女と一緒に映画を作る話です。この天才監督、最原最早が最強ヒロインなわけです。「二日間以上もの間読み続けさせてしまう」とか書いてありますが、比喩的な話ではなくて実際に二日間以上連続でであり、そういう非現実的な力が出てきてしまう作風です。
 同様に、他の作品にもヤバい奴が必ず登場します。「舞面真面とお面の女」は、何の動物かわからないお面を身につけた謎の中学生と戯れる話です。「死なない生徒殺人事件 ~識別組子とさまよえる不死~」は、永遠の命を持つ生徒が登場し、しかしそれが殺されてしまう話です。「小説家の作り方」は、”この世で一番面白い小説”を思いついてしまったと主張する絶世の美女に小説の書き方を教える作家の話です。「パーフェクトフレンド」は天才早熟小学生が友達の作り方を研究し、それを解明するに至る話です。「2」は、すべての創作の極致を目指す話です。
 一連の作品はすべて現実世界の現代日本(というか、基本的に井の頭線沿線エリア)を舞台にしていますが、上記の通りぶっ飛んだ登場人物が必ず出てきてしまい、主人公や読者はそれに翻弄されることになります。そういうローファンタジー的な想像力が好きな人にはおすすめできます。僕は好きです。
 そして、上記で並べた一連の「超越的な存在」は、お察しの通り、大体は美少女です。めっちゃすごい力をもったかわいい女の子に蹂躙されたいと思いませんか? 僕は思います。あなたも思うなら今すぐ6冊とも買ってください。新装版とか待ってる場合じゃないから買え。この先の記事は別に読まなくていいです。

謎解き要素あり(ミスリード、どんでん返し付き)

 この要素をしてメディアワークスは苦肉の策で「異彩ミステリ」と表現したのだと思いますが、基本的に謎や不思議があり、最終的にはそれに答えが出されます。しかし、そのトリックは必ずしもフェアなものではなく、ミスリードやどんでん返しの驚きを楽しむエンターテイメントです。特にどんでん返し部分に野崎まどの特徴があり、6作全てにおいて(いやそれどころかこのシリーズ以外の作品においても)オチに関してはほぼ同一の構造、型、様式美が取られていると思います。それが癖になってしまう。凄まじいオチを叩きつけられて笑ってしまうのが好きなタイプの人にはおすすめできます。僕は好きです。
 余談ですが、野崎まどが脚本を担当したTVアニメ「正解するカド」ではまさにこのラストの無茶苦茶などんでん返し(?)が炸裂してしまい、野崎まど未経験の視聴者を呆然とさせてしまったようでした。真面目にファーストコンタクトを考察する社会派アニメっぽい宣伝をして擬態したのが裏目に出たというか狙い通りなんだと思います。オチでやりたいことがすべてなので、そこに至るまでの細かいところが現実に即してないとかで気になってしまう人には向かないかもしれない。

会話文を多用し読書の負荷を極限まで引き下げている

 これは合わない人もいるでしょうが、ラノベ的というか、ノベルゲー的というか、地の文は非常に簡素で短く、会話文のテンポの良さに全振りされており、読みやすさ重視の演出がなされています。
 そもそも野崎まどのデビュー作である「[映]アムリタ 」は第一回メディアワークス文庫賞の受賞作にして創刊ラインナップの一冊です。メディアワークス文庫は「近年の小説作品のジャンルの広がりを受け、現在刊行されているノベルレーベル「電撃文庫」に収まりきらない作品を世に送り出すべく創刊される新たな文庫レーベル」という位置づけで作られたそうですので、まあざっくり電撃文庫で大きくなったオタク向けというか、「表紙がラノベっぽいが本文に挿絵はないあのジャンル」だと思ってもらえば良いでしょう。
 タフな読書をしたい方には向きませんが、別にそういう硬派な思想を持ってない方にはおすすめです。僕は持ってません。

天丼、言葉遊び、ボケツッコミで畳み掛けるギャグ

 会話文多用と近い話ですが、だいたい軽妙な小ネタがずんずんでてきます。なんか題材がシリアスなときでもギャグが入ってて笑うし、ボケとツッコミに漫才的な感覚があります。天丼も多くて好きです。繰り返されるだけで笑ってしまう脳の方にはおすすめです。僕はそういう脳です。
 ちなみに野崎まどがギャグ短編だけを書き連ねた「独創短編シリーズ 野崎まど劇場」という作品もあり、こちらも面白いです。「家から持ってきた角」の画像がtwitterで流行ったりしましたね。さすがにメディアワークス文庫6作品では画像ネタは封印されていますが、ノリはそのレベルです。

 

6冊でシリーズ? どれから読めばいいの?

 シリーズかと言うとそうではないのですが、刊行順に読むことを強く推奨します
 もう少し細かいことを言うと、「[映]アムリタ」「舞面真面とお面の女」「死なない生徒殺人事件 ~識別組子とさまよえる不死~」「小説家の作り方」までは完全に独立した作品で、相互に関係は一切ないため、実質どれから読んでも問題ありません。しかし、「パーフェクトフレンド」で助走をつけて、「2」ではそれまでの作品のキャラクターが再登場するので、絶対に「2」を先に読んではいけません
 このことは「2」の公式の作品紹介にはイマイチ明記されていません。ネタバレを避けるためにそのようにしているのだろうとは思うのですが、ネタバレよりも知らずに「2」を先に読んでしまうことのほうが悲劇だと思うので、あえてここに書きます。刊行順に読んでください。それにより初めて、野崎まどが「2」で目指した創作の到達点を味わうことができるはずです。それにしても「2」なんて題名がよく許されたな。

後編

ネタバレありの後編はこちら

『HELLO WORLD』 野崎まど

 私は野崎まど先生をリスペクトしているので新刊を読みました。普通に面白く、普通に良かったです。この、アニメ映画向けに書きましたよ感すごい。こうポスト「君の名は」といえば聞こえが良いが要するに二匹目のドジョウ狙いが群雄割拠するアニメ映画界においてやることやってやりますよというやることやってやった感じがある。やってやりました。

 映画の原作と知って読んでいるから余計になのかもしれないが、構造が映画らしいフォーマットになっているし、映像化を意識した画作りも見て取れて、でもキャラクター像(特にこういうヒロインと、『先生』の概念というか師弟関係みたいなものへの脆弱性)は野崎まどだし、オチも大人しめだけど野崎まどなんだよな。大人しめだけど。正解するカドの反省(?)を踏まえているな(???)

 作者プロフィールのところに「独特の世界観と緻密な描写力」とか書いてあって、そうだっけ感でじわじわきてしまった。映画見に行くぞ。

『バビロン 3 ―終― 』 野崎まど

 天丼。同じこと3回やるのやめろ(もっとやれ)。僕はこういう様式美楽しいタイプなんだけど、同じことの繰り返しじゃないかって批判的な感想を書いている人も結構いるようです。まあ、繰り返しだけどね……。

 しかし野崎まどにかかれば米国大統領すら萌えキャラになるというのは素直にリスペクトせざるを得ないよなぁと思いました。あとサミットのシーンは笑えた。大真面目にアホなことをやり始めるのすごい。

 それでこのあとどうするの。着地点が見えない。

前:2巻「バビロン2―死―」

 

『バビロン 2 ―死―』 野崎まど

 えげつねえ!

 読む前に1巻を読みなおしたんですが、やっぱり一番好きなのが「曲世ーーーーーーーーーーーッ!!!!」のシーンなんですけど、本巻でも「曲世ぇッ!!!!」で声出てしまったし、後半明らかにそれ意識的に使ってるよねっていうか「名を叫ぶことだけだった」とかもう狙いすぎだろ。本文に書かずに読者の脳内で「曲世ぇッ!!!!」を再生させるのやめろ。技術だと思う。技術?

 もう「曲世ぇッ!!!!」と「正崎さぁん」だけのドラマCDを出してほしい。

 絶対的なチート能力者っぽいのを出しても、それが(善かどうかはともかく)悪ではない、というのがこれまでの野崎まど作品だったと思います。1巻から本巻の途中までは、曲世が一体どうなのか(どちらなのか)、あるいはひょっとすると彼女は彼女なりの何か理念を持って行動していて、そこに着地点があるのか、みたいな読者の希望を見事に打ち砕く、悪。ここからどのような結末を迎えるのかとても楽しみです。早くだして。

前:1巻「バビロン 1 ―女―」

次:3巻「バビロン3―終―」

『バビロン 1 ―女― 』 野崎まど

 僕の中で2014年ベスト作家(自分が読んだ年基準)である野崎まど先生の新刊なのでもちろん秒速で買って1.5ヶ月積んでたんですが、読みました。

 攻めすぎだろ。

 まず主人公がおっさんなんですよね。あとなんですかこのあらすじ。「東京地検特捜部検事・正崎善は、製薬会社と大学が関与した臨床研究不正事件を追っていた。」いやいや、これ野崎まどじゃなかったら絶対読んでないぞ。手に取らない自信がある。僕が野崎まどの一連の作品を読んで魅力だと思ったのは超絶強いヒロインが出てきてだいたいそいつが主人公を利用したり蹂躙したりして最強な感じで大半は狂ってるんだけど狂ってるなりの超強力な論理でなんか納得させに来るレンガ方式ですごいっていうやつなんですけど、この本なんか、ヒロインが出ない。は? 読めども読めども出ない。ヒロインがいないからちょっと和ませる要素担当みたいな奴があからさまに消えそう。半分まで読んでもヒロインが出ない。流石にふざけないほうがいい。と思ったら出た。と思ったら終わった。一冊かけてプロローグだった。そういうの2でやっただろ。でも一冊使うのは攻めすぎだろ。どんだけ自信あるんだ。でも最後まで読んでしまったし続刊出たら買うよなと思うと、講談社タイガずるくない? メディアワークス文庫様にいくらか包むべきだと思う。

次:2巻「バビロン 2 ―死―」

『独創短編シリーズ (2) 野崎まど劇場(笑)』 野崎まど

 ずるいって言ってるだろ。

 大相撲秋場所フィギュア中継、全年齢官能小説、ワイワイ書籍、あたりが好き。笑ったらおっさん認定される書籍らしいがいや普通に笑うでしょこれは……。っていうか画像ネタは卑怯なんだよ……。クウ!はまたいい話を最後に持ってくるのかよクソが急に文章で本気出しやがってと思ったらいい話なのかもよくわからなくなったが多分いい話なんだと思う。

『独創短編シリーズ 野崎まど劇場』 野崎まど

 ずるい。

 天丼系のネタがツボってしまい本当に笑う。あとデザインベイベみたいなネタの作り方好き。それでいてライオンガールズみたいなの書き下ろしで入れるのホントずるいだろ! なんだあれ。いい話かよ。いいかげんにしろ。