『まほり』 高田大介

 めちゃめちゃめちゃめちゃ面白いです絶対読めいますぐ読め!!!

 自分的にクリーンヒットです。

 伝奇ミステリ長編。説明のつかない不気味さが分厚い資料(テキスト)に彩られて濃密に組み立てられています。都市伝説、怖い話から入っていって、調査をしていくうちに今も続く因習に行き当たり冒険譚に展開していくという王道にして、詰め込まれた具は生半可なものではなく、作者の取材量はいかほどのものか、唸るしかない。ちりばめられた素人には読めないテキストも、作り込まれた民俗学的要素も、けれど、設定だけで上滑りしないように、キャラクターが魅力的で、展開にもドラマがあって、いやこれは本当に、本当に面白いんで、読んでください。まず扱っている題材が自分は好きだし、このちょっと怖い都市伝説の入りからもう好きだし、それで田舎に調査しに来たというあるある設定ももう好きだし、ヒロインが愛嬌のあるモグモグ系幼馴染みだと思ったらいきなり主人公(社会学専攻)が読めない碑文を代わってすらすら読み下しはじめた(司書なので)時にはもう「好き」と声に出た。そういうのなんだよ。そういうのを読みたいんだよ。そしてラストのオチはまあ、方向性はそうだろうとは思ってはいたけど、主人公の造形を、屈託を、そしてそこにヒロインが向ける視線とか、もう一人の主人公である淳君のボーイミーツガールへの解像度とか、そういうものを一文でぎゅっとこう、引き絞る、目が開かれるとでも言うのか、ともかく良い、好きな終わり方だった。終盤の展開がある意味安定しすぎていて、ともすればあっけないなとも感じられて、でもちゃんとこっちを良くさせて終わりにしてくれますよねという期待に200%で答えてくれる、最高の作品だった。

 高田大介先生は、『図書館の魔女』を読んで、間違いなく大人になってから読んだファンタジー小説として最高の一作だと自分は思っているのだけれど、それが次に出した作品が伝奇ミステリでここまですごいとなると、あ、これは本当にすごいと思うし、もっとたくさん書いて欲しいと思うけれど、これだけ濃い作品なのでそうそうバシバシ書けないだろうとは思うんだろうけど、でも書いて欲しい、超応援しています。とりあえず今まで全部Kindle版買ってたけど紙の本も買い集める。『図書館の魔女 霆ける塔』に備えていくぞ。

『図書館の魔女 烏の伝言』高田大介

 超弩級ファンタジー『図書館の魔女』続編。シリーズ特設サイトがあるので今すぐ訪問した上で、『図書館の魔女』1、2、3、4、『図書館の魔女 烏の伝言』上、下を購入して読め。急げ。

 前作から、一体どのような続編なのだろうと思っていたけれど、読み始めるとどうも全く違う舞台、全く違う登場人物たちで、前作の登場人物たちとの関係がどうなってくるのかわからないところから始まる。登場人物一覧の最後の方に高い塔のメンツが載ってるけど、なかなか出てこない。一人、この人はあの人ですよねというのがいるけど、それだけで、いやマツリカ様いつでるんだよ、早くマツリカ様来いよ、そろそろ上巻終わるけどマツリカ様まだ……いや、上巻終わ……おもしれえ!!!という感じでした。もともと最強の安楽椅子探偵みたいなところがあるマツリカ様が、しかし自ら世界を股にかけて打って出るというのが前作の面白さの一つでもあったと思うけれど、今作は正しく安楽椅子探偵として機能していて(かなりミステリ味ある)、良くも悪くも主人公ではないところにいる。代わって、では一人主人公がいるのかと言えば一人に定まるものではなくて、より群像劇的な方向が強化されているのかなと思った。それはテーマの一つでもある、裏切り者の話にもつながってきて、何重にもひっくり返す仕掛けがとても面白かった。そういう意味では『図書館の魔女』シリーズとしてはスピンオフであり、大きな構想の中では助走・準備ではないかと思われて、キリヒトも含めた次の話が早く読みたくて仕方がない。

 前作にも増して文章がかっこよく、度々知らない言葉も出てくるけれど、読んでいて気持ちが良い。冒頭、「初夏の黎明に吹きおろす山風は冴えざえとした気流に水分を孕み、頂を覆う這松の新緑あざやかな葉叢に一つひとつ鈴をつけるように露を結びながら低く重たく谷間に這いおりていく。」から始まるシーンだけで頭をぶち抜かれてしまう。ぶち抜かれませんか?

 最後がやっぱり手紙で終わるのが好き。続編超期待。

『図書館の魔女』 高田大介

 大人になってから読んだ中で圧倒的に一番面白いファンタジー小説。

 そもそも自分は子供の頃はファンタジーが一番好きなジャンルでたくさん読んでいたけれども(このリストとか)、大人になってからは読むことが全然なくなって、特にハイファンタジーはまず食指が動かなかった。理由はよくわからないがローファンタジー的想像力を好むようになり、それは単に自分の年齢の変化だけでなく世の中の流れとしてもそうであるような気がする。それがこの小説は分類的には完全にハイファンタジーなんだけれども、超絶面白く、ド刺さってしまったので驚いた。

 ともかく長い。単純にプロット的な分量も多いし、文章もひたすらに書き込みがなされており、濃密。読むのにはかなりの時間がかかったけれども、それでいて一切ダレることなく、読むのが苦にならないのが不思議。人物、文化、歴史、そしてなにより”言葉”に対する圧倒的な緻密さで描き出される世界にのめり込まされて、久しぶりにこのタイプの読書体験があって嬉しくなってしまった。二巻の(単行本のときは上下巻だから、きっと上巻の)最後のシーンがめちゃめちゃ良くて、そこからはもう一気に進んでしまう感じだった。

「マツリカ様はわたしを馬鹿にするのが生き甲斐なんですか」
 ──そうだよ?

↑ここすき